2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月23日 (月)

【告知】10月25日「図書館総合展」に1DAY出展します

 「図書館総合展」が10月24日(火)・25日(水)にパシフィコ横浜で開催されます。これは、HPのトップに「図書館界最大のコンベンション」と書かれているように、図書館関係の団体・施設・企業が集まって開催される大きなイベントです。でも、特に図書館関係者だけしか行けないのかというと、決してそういうわけでなく、事前申込もいらず、誰でも気軽においでいただけます。(一部フォーラム等は事前申込になっています)

 

Img_2299

 その中で、今年から「コミケを参考にした」という「1DAY出展」というワクが新設されました。机1本で、お値段もお手頃、物販もOKということなので、文学フリマ以外に「画房らぁぎにぃ」の出展の機会をさがしていた私にとって、これに挑戦せずしてどうする!?と思って申し込みをしました。
 今まで、図書館総合展内企画の同人誌即売会「としょけっと」に、「工房しのわずりぃ」から主に『ライブラリー♥シンドローム』を委託参加していましたが、昨年、初めて「画房らぁぎにぃ」としてオープンデータグッズセットを出展しました! 今回は「図書館総合展」に初めて直参です! 在職中は名前は知れども、公共図書館で、遠距離、平日の直参というのはなかなか困難だし、行けるのなら将来有望な若手が行った方がいいと思っていました。会場自体も初めてなので、1日目は会場内を彷徨いてみるのと、今までお世話になった「としょけっと」さんのお手伝いをおよばずながら申し出しました。なので、1DAY出展は、25日のみです。(申し込めば2日とも出展することも出来ます) 10ブースと数は少ないもののバラエティ豊かです。公式HPの1DAY出展の紹介ページこちらです

 「画房らぁぎにぃ」単独で出展するのは、2022年9月の文学フリマ大阪以来2度目です。スタート時は、大阪市立図書館デジタルアーカイブのオープンデータを使った一筆箋、メモ帳、缶バッジだけでしたが、1周年の2023年4月にブックカバーを作り、5月には初めて国立国会図書館NDLイメージバンクのオープンデータを使ったブックカバーが加わりました。
1mg_20231023001901 Mg_20231023001901 Mg_20231023001902 Img_0757_20231023002001 Img_1417_20231023002001

 主宰者が同じ「工房しのわずりぃ」からは、図書館ネタ4コママンガ『ライブラリー♥シンドローム』のみ持っていきます。図書館問題研究会大阪支部報で21年間連載していた『ライブラリー♥シンドローム』は総集編が4冊出ていますが、実はこの度、長らく品切と思っていた1〜3巻が支部事務室から発掘されました! 著者はすっかり品切れだと思っていて、1〜3巻の本編をコロナ禍の期間に3年ほどかけてTwitterにアップしていました。ハッシュタグ #ライシン でご覧ください。紙の本は、実はおまけのページが本編と同じくらいあります。ちょっと黄ばんでいるので、大阪支部事務局の了解を得て、全4巻すべて1冊100円オフの400円にさせていただきます! でも、1巻・2巻は在庫発見といえど少ないので、図書館総合展と来年の図書館問題研究会全国大会に各10冊ぐらいです。電算化以前のアナログ図書館でも「あるある」は不変です。


1472_20231023002001  

 他、『ライブラリーシンドローム』を連載していた図書館問題研究会大阪支部の55年史がこの6月に発行されたので、3冊買い取って持っていきます。
 出展品以外にも、せっせと準備しています。ポスターや配布チラシ、掲示物、ネームカード。主宰者の古い育児エッセイコミック本も無料配布します。

 そして……、間に合わなきゃここで終わるつもりだったのですが、出来ました! 『オープンデータ LINEスタンプへの長い道』。12ページのコピー本ですが、初めてのフルデジタル!! アンチョコ本やネットFAQと首っ引きでクリスタと格闘しました。コマ割、フキダシ、セリフ入力、描画、ベタ、トーン……何をとっても、いちいちひっかかり、アナログの方が5倍は速い!と思いながら、何とかなりました。その後の印刷、製本も手作業で、以前買った中とじホッチキスをやっと役立つことになりました。
Img_0275  

 というわけで、図書館オンリー大イベントにご興味をもっていただけたら、ぜひお立ち寄りください。

 

2023年10月20日 (金)

【告知】10月22日「関西コミティア68」に参加します

 報告記事が沈没していますが、先に近日イベントの告知記事を書きます。

 

 10月22日(日)に京都パルスプラザホ大展示場で開催される「関西コミティア68」に参加します。スペースはG-16です。
 前回は、日程が発表される前に東京のデザインフェスタに行ってみる計画をたててチケットを買っていたので、バッティングして残念ながら参加できませんでした。なので、7月に発行した新刊『ギョギョっと深海魚 4匹目』は、関コミでは初お目見えです! 『1匹目』の沼津編が夏に完売していまいました。
Img_1571_20231020131101  深海生物・古代生物グッズは、春から「博物ふぇすてぃばる!」「いきもにあ」に向けていろいろつくりました。切り絵しおりも増産しました。
Img_1598_20231020131101 Img_1543_20231020131201 Img_1429_20231020131201 Img_2947

 

 関コミでは、深海生物・古代生物関係以外の同人誌やグッズも持っていきます。
 先日、図書館ネタ4コマ漫画『ライブラリー♥シンドローム』のバックナンバーが図書館問題研究会大阪支部の事務局から発掘されました。10月24日/25日に開催される図書館総合展に持ち込む予定なのですが、その際、ちょっと黄ばんでいるので、大阪支部事務局の了解を得て、全4巻すべて1冊100円オフの400円にさせていただくことになりました。10月24日の図書館総合展以降になるのですが、日が近いので今回の関コミでもプライスダウンします。でも、すみませんが、1巻目2巻目は発掘されたといえど部数が少ないので図書館総合展用となり、今回持っていくのは3巻目と4巻目(完結)だけです。
1472  

『維新派と旅をした』も引き続きよろしくお願いします。
Web_20231020131201

 

 あいかわらずのひとり参加なので、ほぼ在席状態になるかと思います。どうぞ、お立ち寄りください。

 

2023年10月 5日 (木)

【告知】10月7日・8日「いきもにあ2023」に参加します

 報告記事が沈滞していますが、10月・11月はイベント続きで、作品制作を優先して、先に近日イベントの告知記事を書きます。

 10月7日・8日に京都の岡崎公園にあるみやこめっせで開催される「いきもにあ2023」に参加します。スペースは「I(アイ)-233」です。
Eq2023_banner

2023

 

 「いきもにあ」は、あらゆる生きもの関係に特化した即売会イベントで、過去2回一般参加、2回ブース参加をしたことがあります。昨年、コロナ禍後3年ぶりにリアル開催されましたが、あえなく抽選もれ。でも、はじめて当日スタッフ参加を申し込んで、役にたったかどうかわかりませんが、これもまた貴重な経験をしました。
 今回はめでたく、席次をいただき、「いきもにあ」としてのブース参加は2019年以来だから、新刊・新作グッズももりだくさんです。今回は、古代生物・深海生物関係に絞って品揃えします。図書館や維新派の本、普通柄の切り絵しおりは持っていきません。
 深海ファンによる水族館エッセイマンガ『ギョギョっと深海魚』は、2匹目は竹島水族館と戸田(へだ)、3匹目は魚津と滑川、4匹目は東海大学海洋科学博物館と、薄いながら順調に巻を重ねています。

 グッズは4月以降、ブックカバーやメモ帳、缶バッジの種類を増やしました。切り絵しおりは、家内制手工業なので、家でひとつひとつ手作りしています。この1ヶ月で、オモテ稼業在職中の1年分ぐらいをつくりました。「時間を確保できるということは、こういうことなのか」と、退職してから改めて感じました。(……でも、時給に換算すると100円以下だよね) 久しぶりにカンブリアしおり4種が並びます。

 「いきもにあ」や「博物ふぇすてぃばる!」では、他の即売会イベントよりたくさん、うちの子たちが「カワイイ」と言ってもらえるので、とっても楽しみです。

 どうぞ、お立ち寄りください。
Img_2345_20231005200401

Img_2343

Img_1598_20231005200301

Img_1543_20231005200501  
 「いきもにあ」の公式HPはこちら
チケット制で、当日券もありますが、前売りの電子チケットの方が価格的にお得で便利です。
物販ブースの他にも、今年は講演会も復活しました! 入場料だけで、研究者のいろいろなディープないきもの噺をたくさんお聴きすることができます。

 

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »