2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月18日 (火)

【告知】「博物ふぇすてぃばる!9」に参加します

 7月22日(土) ・23日(日)に東京の科学技術館にて開催される「博物ふぇすてぃばる!9」に参加します。ブースはE-44です。

Img_1091 2023e-2

 

 「博物ふぇすてぃばる!」(以下、博物ふぇす)は、昨年一般参加で遊びに行って、とても楽しかったので、ダメもとで今回はブース申込をしたら、ビギナーズラックか当選しました! 博物ふぇすは出展する皆さんの作品レベルが高くてちょっと腰がひけてしまうのですが、カワイイうちの子たちもいっしょに連れていきます。
 生きもの系のイベントは申込と抽選結果の連絡がはやくて、博物ふぇすは3月、10月開催のいきもにあは4月出展できることになりました。先に告知した新刊を間に合わせたかったので、クリスタの練習は諦めて、慣れたオールアナログで作成しました。『ギョギョっと深海魚 4匹目』が新刊ですが、『1匹目』から『3匹目』もあわせてご覧ください。『1匹目』は在庫16冊なので、おそらくこの夏限りになると思います。
Img_1570 Img_0044_20230718095001

 

 初参加なので、博物ふぇすにとっては、すべてが新作・新刊なんですが、この夏はSF大会と夏コミも参加できることになったので、4月以降に新作グッズもいろいろ作製しました。

●アノマロカリスとリュウグウノツカイのメモ帳 ●アノマロカリスとリュウグウノツカイのブックカバー  ブックカバーは文庫サイズで、ハヤカワ文庫などのトールサイズも入ります。
●古代生物缶バッジの新作5種と追加を2種  カンバッジの新作は、正面向きのアノマロカリス、オパビニア、オットイア、サカバンバスピス、ルナタスピスです。
アノマロカリスは、細長いので長方形の缶バッジでつくりましたが、正面上半身で丸型デビューです。サカバンバスピスは、SNSでバズったヘルシンキ自然史博物館のモデルではなく、現在の復元説明による造型です。ルナタスピスは、「生きてる化石」カブトガニの先祖で、色合いがいっしょになったせいか(紙も違うものを使ったし、切り込みにも違いがあるのですが)、おんなじ感じになりました。でも、今回カンブリア紀からオルドビス紀にちょっと進化できました。私はオットイアがけっこう気に入っているのですが、マイナーなのでどれだけ賛同をえられるか不安です。また、これもマイナーなヴァウヒアは在庫6個なので、なくなったらすみません。
Img_1425 Img_1420 Img_1598_20230718095101

●切り絵しおりは、1点ものの家内制手工業なので、ギリギリまで増産します
 博物ふぇすにむけて、リュウグウノツカイの2ポーズとアノマロカリスを増やしました。どちらもスパッタリングの1工程が加わるし、切り込みが多いので、ついつい後回しになっていた絵柄です。
1mg_20230718095201

 今まで作製したグッズのマグカップ、トートバッグ、マウスパッド、マスキングテープ、キーホルダー、ポストカードも持っていきます。
アノマロカリスのトートバッグとマウスパッドは、机半分スペースの同人誌即売会では狭くて置けないので、小部数ながらずっとお蔵入りが続いていたものです。特にトートバッグはお試しに10部しか創らなかったので、希少品です。
Img_6294_20230718095401 Img_6243

マグカップはかざばるし、暑い季節むきではないので、各2個だけ持っていくことにしました。ホットの飲み物だけでなく、お味噌汁やミニヌードルにも使えます。他も見て回りたい人がいれば、お帰りまでブースでお預かりすることもできます。
32_20230718095501

   また、博物ふぇすの特色の「ガクモンからエンタメ」には「深海ファンが巡るたのしい水族館」と題して、深海と水族館のクイズをつくりました。私は研究者ではなく、一ファンなので、ガクモンっぽくないのですが、みなさん、考えにきてくださいね。お家でも楽しめるようにお持ち帰りチラシもつくりました。
Img_1584

 

2023年7月10日 (月)

新刊できました! 『ギョギョっと深海魚 4匹目』

 しばらく沈没していましたが、新刊の原稿描きをしていました。
 『ギョギョっと深海魚 4匹目』は、東海大学海洋科学博物館メインです。東海大学海洋科学博物館は、静岡市清水区です。一般的には「あの三保松原の近くです」といえばわかるでしょう。2023年3月有料公開終了までに1回(2022年11月)、その後完全予約制無料開館になって1回(2023年5月)訪れました。他、JAMSTEC(海洋研究開発機構)の話とか、まぐろの話とか、深海にまつわる小説・ノンフィクションを紹介する「深海ブックス」のページ等があります。
 7月6日に「やった〜! 終わった!」と入稿したら、仕事の速い「くりえい社」https://www.kurieisha.co.jpがなか2日で届けてくれました。表紙は、藍色の紙にノンスルーホワイトと金のインクで、思ったより渋い仕上がりです。

Img_1573 Img_1571_20230710101601

 原稿は今どき珍しいオールアナログ原稿です。クリスタは未だ勉強中。ぼけないうちにモノになるかどうか不安です。
Img_1559

 奥付に8月1日発行にしましたが、7月22日23日の「博物ふぇすてぃばる!」で先行頒布します。ネットショップBOOTH・BASEは8月1日以降になりますので、ご了承ください。

 

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »