2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 1年半ぶり「コミックマーケット97」 | トップページ | 映画「マニカルニカ -ジャンシーの女王-」 »

2020年2月 9日 (日)

「仕立て屋のサーカス」

 チラシをみて一目惚れした「仕立て屋のサーカス」の京都公演は、最初は昨年の10月12日・13日の日程だった。私はちょうど瀬戸内国際芸術祭の期間で犬島に行こうと計画を立てていたので、一度は諦めた。しかし、この時に超大型台風19号が来襲。関東にひどい被害があり、関西でも軒並みイベントが中止になった。犬島行きを断念した私は「仕立て屋のサーカス」はどうかな?と思ったら、やっぱり中止だった。
 そして、その後日程を変更して、1月10日(金)〜12日(日)にリベンジ公演が決まった! 今度は行けそう! 11日(土)のチケットをとって、会場の京都精華大学に行ってきた。会場は友愛館Agora。17時30分開場、19時開演だったが、授業終了のチャイムが止められず、19時30分開演に変更……というメール連絡に気がついたのは、会場についてからだった。開場から開演まで少し時間があいているのは、中でいくつか屋台が出ているからだ。と言っても、維新派ほど胡散臭くもなく、店も少ない。軽食と胡椒と古本と服…… 焼きおにぎりのフォー・ガーとホットコーヒーをいただいて、ゆるゆると開演を待つ。舞台は円形で、客席が360度回りを取り囲むように配置されている。天井から布がつり下がり、床にも布が折り重なっていて、桟敷もある。

Img_3262

Img_3282

Img_3251


 初めて、あまり予備知識なく観た「仕立て屋のサーカス」のライブパフォーマンスはとてもよかった。そう、演劇というより、ライブなのよね。音楽担当、布担当、光と影担当の3人が繰り広げる、モロ好みな、なんとも眩惑的な心地よい空間。なんと、周りに配慮をすれば、撮影・録音もOKでSNSにもアップしてもらっていいという。これはどんな映像よりも、ナマのステージに絶対的な自信があるのだろうなあ。うん、やっぱりナマがいい。アバウト18歳以下は無料であり、難しい言葉がないステージだし、お子様もけっこういて、自由に楽しんでいた。「仕立て屋のサーカス」のホームページはこちら

Img_3275


« 1年半ぶり「コミックマーケット97」 | トップページ | 映画「マニカルニカ -ジャンシーの女王-」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1年半ぶり「コミックマーケット97」 | トップページ | 映画「マニカルニカ -ジャンシーの女王-」 »