2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月11日 (火)

西芳寺 冬の拝観

 1月5日の新聞に、西芳寺が「冬の参拝」初実施という記事をみた。名高い苔庭は養生のため冬期は閉鎖しているが、42年ぶりに総門を開門。堂本印象の襖絵104面を初公開するという。「冬の参拝」は1月14日〜3月5日。希望日の1週間前必着で、往復ハガキの事前申込みとのことだった。
 京都の西側はあまり行ったことがないので、せっかくなので申し込んで1月26日(日)に行ってきた。お寺はとても整備されていて美しく、日曜日とは思えないとても静謐な参拝だった。ただ、ちょっと思いつきで行ってしまったので、いろいろ自分の認識不足があった。襖絵104面とはすごい!……と思ったけど部屋にして、7室の襖絵、それもそのうち2室は座禅に参加しないと入れない。最近脚が痛くて正座をちゃんと出来ないので、座禅は諦めた。思っていたのよりちょっとボリューム不足だったのだが、それは私の思い違いだから。でも、約30分程度の拝観で、ひとり3000円以上の冥加金というのは、ちょっとお高めだなあ……(>_<)と思ってしまった。できれば、一般的な500円〜1000円ぐらいの拝観料でお願いできたら、何回も来れるのだけれど……という信心が少ない自分だった。あ、それと冬期は苔庭の閉鎖のほか、写経体験も休止している。

Img_3358

Img_3359

Img_3365


 それと、ランチを狙っていたレストランは冬季休業、西芳寺の前の茶店もお休みで、苔庭を公開していない冬は近辺の店の状況も要注意だ。でも、近くにナゾな建物があったり、イングリッシュカントリーなかわいいカフェもあった。

Img_3374

Img_3378

Img_3377

2020年2月10日 (月)

映画「マニカルニカ -ジャンシーの女王-」

 マニカルニカ -ジャンシーの女王- Manikarnika:The Queen of Jhansiヒンディー語 148分 (2019)  リニューアルしてからなかなか行けなかったみなみ会館に、やっと行ってきた。
1スクリーンだったのが3つに! トイレもきれい! ネットから会員登録をして、席の予約もした。今日観るのは、インド映画『マニカルニカ』。……でも、10分前に入ったら私ひとりなんだけど〜 始まった頃には10人くらいになっていた。よかった。

 

Img_3286

 

Img_3285

 

 

『マニカルニカ』はヒンディー語映画なのに、『バーフバリ』みたいだなと思ったら、脚本が同じ人で、監督も『バーフバリ』ではないがテルグ語映画の人だった。「インド大反乱」の中で、“インドのジャンヌ・ダルク”と称えられるジャンシーの王妃ラクシュミー・バーイーの物語で、インドではよく知られている人物らしい。「インド大反乱」もラクシュミー・バーイーも知らなかった〜と思ったら、「インド大反乱」って、昔、学校の教科書で習った「セポイの反乱」のことだったのかということと、その頃の時代背景について、パンフレットに載っていた松岡環さんの解説を読んでいろいろ判明した。

 

Img_3287

2020年2月 9日 (日)

「仕立て屋のサーカス」

 チラシをみて一目惚れした「仕立て屋のサーカス」の京都公演は、最初は昨年の10月12日・13日の日程だった。私はちょうど瀬戸内国際芸術祭の期間で犬島に行こうと計画を立てていたので、一度は諦めた。しかし、この時に超大型台風19号が来襲。関東にひどい被害があり、関西でも軒並みイベントが中止になった。犬島行きを断念した私は「仕立て屋のサーカス」はどうかな?と思ったら、やっぱり中止だった。
 そして、その後日程を変更して、1月10日(金)〜12日(日)にリベンジ公演が決まった! 今度は行けそう! 11日(土)のチケットをとって、会場の京都精華大学に行ってきた。会場は友愛館Agora。17時30分開場、19時開演だったが、授業終了のチャイムが止められず、19時30分開演に変更……というメール連絡に気がついたのは、会場についてからだった。開場から開演まで少し時間があいているのは、中でいくつか屋台が出ているからだ。と言っても、維新派ほど胡散臭くもなく、店も少ない。軽食と胡椒と古本と服…… 焼きおにぎりのフォー・ガーとホットコーヒーをいただいて、ゆるゆると開演を待つ。舞台は円形で、客席が360度回りを取り囲むように配置されている。天井から布がつり下がり、床にも布が折り重なっていて、桟敷もある。

Img_3262

Img_3282

Img_3251


 初めて、あまり予備知識なく観た「仕立て屋のサーカス」のライブパフォーマンスはとてもよかった。そう、演劇というより、ライブなのよね。音楽担当、布担当、光と影担当の3人が繰り広げる、モロ好みな、なんとも眩惑的な心地よい空間。なんと、周りに配慮をすれば、撮影・録音もOKでSNSにもアップしてもらっていいという。これはどんな映像よりも、ナマのステージに絶対的な自信があるのだろうなあ。うん、やっぱりナマがいい。アバウト18歳以下は無料であり、難しい言葉がないステージだし、お子様もけっこういて、自由に楽しんでいた。「仕立て屋のサーカス」のホームページはこちら

Img_3275


« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »