2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 「未来と芸術展 AI,ロボット、都市、生命」、森ビルその他 | トップページ | 「仕立て屋のサーカス」 »

2020年1月29日 (水)

1年半ぶり「コミックマーケット97」

 2019年の記事もこれで最後。なんとか1月中にアップできた。やれやれ。

 

 12月30日、「コミックマーケット97」3日目にサークル参加してきた。2回連続落選だったコミケなので、1年半ぶりの参加だ。その間でいちばん変わったのが、リストバンドの導入によって一般参加が有料となったことだった。サークル参加者は当日朝入口で、サークルチケットとリストバンドを交換する。一般参加者は、紙のコミケカタログには4日分のリストバンドがついている。リストバンドだけ委託書店で販売したり、当日分だけ会場で販売したりもしている。(※導入したばかりなので、毎回いろいろ試行錯誤して方法が変わるかもしれない) そのせいか、紙のコミケカタログはあちこちで売り切れ続出らしい。サークル参加者も私のように紙のカタログを買おうとするのだが、ちょっと気がつくのを遅れてしまったら、関西の委託書店では既に事前購入ができなかった。今はWebカタログが公開されているので、目的のサークルがあれば、参加チェックはできる。が、他の諸々も記事も面白いのでカタログは参加の時は購入しているのだが、残念だ。カタログについているリストバンドは重複してムダになるかもしれないが、それはまあ仕方ない。サークル参加の宅配便搬入の受取の際支払う当日会場搬入費用が100円から500円になっていた。ゆうパックは「スマホ割」と言うサービスを新たにおこなっていて、それを利用すると、180円安くなる。搬入受取の値上げを補填するために、使ってみることにした。初めてなので慣れなくてちょっとモジモジしたが、スマホで手続きすると、郵便局に持ち込むときに、置いてある端末で伝票を出して、値段を確定すれば、手書きで伝票を書かなくていいし、現金も出さなくていい。また、荷物に貼付する日にちによって色の違う仕分用紙も、カラープリンタさえあれば、コミケのサイトからプリントアウトできる仕組みができていた。いつも紫色の紙を探していて、折り紙とか使っていたが、これは便利になった。コミケもさらに進化していく。

 

 さて、当日、初めてではないが、10年以上、ずいぶん久しぶりの評論・情報ジャンルの参加だ。以前、初めて育児マンガを出したとき、試しに創作少女から評論に移動したことがあったのだが、居心地が悪くてやっぱり戻ってしまったことがある。前回参加のときは、夏だったので、旅行ジャンルで参加してみた。ここは居心地がよかったが、冬コミの旅行ジャンルは4日目の大晦日31日なんで、家の都合で参加できない。それに今回は周りは古代・深海生物関係がメインの品揃えになっているので、創作少女より評論かなとこちらで申し込んだ。評論・情報シャンルの中もいろいろな島があって、どうも理系島になったらしい。ああ、確かに。水族館のサークルと、浄水器(なのかな?白衣を着ていた)のサークルで、それ以外も有象無象魑魅魍魎が蠢くような様々にとても濃い本がゾロゾロならんでいる。近くにSF大会のような島もあった。ああ、馴染みそう…… 思わぬ誤算だったのが、今までの経験値から「本はそれぞれ10冊売れれば御の字」と思って、それくらいしか持ってきてなかったが、『ギョギョッと深海魚』が2時間で完売! 確かに一般参加者の客層が創作少女とはちょっと違うなあ。コミケにとってはまだ新刊の『維新派と旅をした』も周囲の雰囲気に合わなかったけど、それでも3冊お求めいただいた。恐るべし、コミケ。
 そして、売り子に連れてきたはずの息子が、西ホールに行って戻って来ず……やっと帰ってきたのが14時20分。30分ほど、席を外して、近くの情報・評論のSF関係を回ってきた。西ホールの創作少女は、買い漏らし本等を息子にお使いを頼んでおいて確保できたので、行くのは諦めた。またコミティアや関西コミティアでも会えるし。
 今回はじめて入った南ホールは、新しいせいか空調がとてもいい。ずっとコート要らずで過ごせた。夏にも来た息子が、冷房もよく効いていたと言ってた。新しいっていいなあ。
 帰ったら、次回の申し込みをするけれど、今回の反省を踏まえて、もう一度評論ジャンルにチャレンジすることにしよう。

 

Img_3190

 

Img_3193

 

Img_3194

 

 

« 「未来と芸術展 AI,ロボット、都市、生命」、森ビルその他 | トップページ | 「仕立て屋のサーカス」 »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「未来と芸術展 AI,ロボット、都市、生命」、森ビルその他 | トップページ | 「仕立て屋のサーカス」 »