2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 映画「ガリーボーイ(GULLY BOY)」 | トップページ | 江崎武志作品展「二時五十九分ノ途中下車」 »

2020年1月19日 (日)

萩岩睦美原画展、きたがわ翔原画展

 同じくらいの時期に大阪で、二つのマンガ家の原画展があった。
「萩岩睦美再現画展OSAKA」11月1日(金)〜10日(日) 天満橋・カンパネルラ 「きたがわ翔原画展アナログin大阪」11月2日(土)〜10日(日) 日本橋・画廊モモモグラ  場所も近いので、1日でかけ持ちすることにした。まずは、萩岩睦美さんの再現画展へ。ギャラリーは2階と3階になっていて、2階が雑誌「りぼん」時代の再現画作品とショップ、3階が鳥の絵と彩色の動画鑑賞スペース。彩色の様子を動画でみていたら、すごく丁寧に作業していて、ため息がでる。ぬりえブックを買ったけれど、きっともったいなくて塗れない。最近の鳥の絵は、カワイイけどリアルな描写で、知らない人がみたら、同じ人の絵とちょっとわからないかも知れない。萩岩睦美さんのWebサイトはこちら

 

Img_2858

 

Img_2859

 

Img_2867

 

 

 そのあと、日本橋・恵比寿町のモモモグラで開催されているきたがわ翔の原画展に向かう。日本橋はずいぶんご無沙汰だ。かつての電気屋街の名残の店もあるけど、ほとんどオタクショップになっていた。ちょっと画廊の入口がわかりにくくてウロウロしたが、無事到着。きたがわ翔さんは、Twitterでよく描画の様子をUPしている。特にかけアミがすごい。水や光や植物や服のシワや猫の描写などほれぼれとする。その原画がナマで観れるのだから、とてもうれしい。Twitterではわからない、絵の大きさや紙の質や細かな描き込みが原画をみるとわかる。カラーの原画にはキラのかかった仕上げをしてた。きたがわ翔さんは在廊していて、身体はゴツいけど、気さくで丁寧な方で、来た人とお話をしたり、サインや写真を撮ったりしていた。私も絵はがきを買って、ネコのカットつきのサインをいただいた。ネコはきたがわさんの愛猫もまりんがモデルだ。
きたがわ翔さんはWebサイトはこちら。 でもTwitterのほうが更新が早い。

 

Img_2882

 

Img_2873

 

Img_2889

 

« 映画「ガリーボーイ(GULLY BOY)」 | トップページ | 江崎武志作品展「二時五十九分ノ途中下車」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ガリーボーイ(GULLY BOY)」 | トップページ | 江崎武志作品展「二時五十九分ノ途中下車」 »