2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

創作・同人

2017年12月13日 (水)

「いきもにあ equimonia」(みやこメッセ 11月11日・12日)

 2015年12月12日・13日で開催された「いきもにあ」が2年ぶりに11月11日・12日、同じみやこメッセで開催された。
実は、開催の情報をキャッチしたとき、カンブリア生物と深海生物ネタの本とグッズがあるので、サークル参加申込みをしてみたが、残念ながら落選だった。
 そこで、昨年同様、休日が取れた1日に一般参加で行ってみた。前回、お昼頃に行ったら大変混んでいたので、今回は10時の開場前についたが、すでにすごい列だった。即売会の規模としてはそれほど大きくはないが、ありとあらゆる生き物のプロ・アマのおたくが集うので中身が濃い。そして、研究者のお話が日に各3回あるのだけど、これがまた楽しい! 2日間の出演者がちがうのだけど、2日連チャンの参加はムリなので、本日のプログラム3講演をコンプリートした。
 11月12日(日)の講演第1部は片山なつさんによる「川苔草にまつわるエトセトラ」、第2部は増井真那(まな)さんによる「フシギでカワイイ変形菌」、第3部は林亮太さんによる「ウミガメ・クジラに付くフジツボたちのはなし」だった。このディープなラインナップ! 片山さん、いままでの講演では植物の話としても、女性の研究者としても初登場というけれど、でもコケではない川苔草の研究というのも珍しい。生息地は日本では、九州の一部に限られているし、なかなか簡単にいけないところに生えているらしい。増井くんは、16歳の高校生。菌類ではない変形菌に魅せられて、5歳から10年ものあいだ研究している増井くんのお話は、内容も態度も機転も大人顔負けのわかりやすく素晴らしい発表だった。この度、『世界は変形菌でいっぱいだ』という著書をだしたとのこと。パチパチ……。林さんはフジツボのなかでもいつもウミガメやクジラにしか付かないフジツボを研究している。船に乗ってあっちこっち、なかなかワイルドな研究だなあ。
 物販スペースにもオタクな博士がたくさんいて、「マンボウなんでも博物館」で、ついマンボウについている寄生生物の本を手に取ってしまい、澤井悦郎さんに著書の『マンボウのひみつ』(岩波ジュニア新書)にサインをいただき、マンボウの干物を写真にとらせていただいた。その近くでは沖縄の「海藻のはなし」のオールカラー本を無料配布していて、ありがたくいただいた。ん?いろいろすごいグッズが並んでいるのに、紙ものばっかり。ランチは岡崎公園の屋台のバラ焼き定食を食べて、スタバでちょっと休憩した以外は、どっぷりいきもにあに浸っていた。
 
 後日、ネットから、来年は神戸で開催という情報が流れてきた。ポートアイランドの国際展示場あたりかな。ちょっと遠くなるなあ。

Img_4004


Img_4011


Img_4015


Img_4016


Img_4010


Img_4014


2017年12月12日 (火)

「としょけっと」in 図書館総合展

 私のTwitter、Facebookは同人用のコンセプトで始動しているので、オモテ稼業ネタについては極力書き込みをしないようにしている。というものの、オモテ稼業もTwitterやFacebookがだんだん旺盛になり、公式以外にも個人でも使う人が多くなってきて、仕切りをどうしようか最近悩んでいる。オモテ稼業の交流用のアカウントをもうひとつつくるか? しかし、それを更新・管理する思考と時間の余裕を確保する自信は全くない。というわけで、今のところ、オモテ稼業の知り合いには、私のウラ稼業ネタのアカウントと了解のうえなら、来るものは拒まずというというスタンスでいる。

 さて、今回さらにその境界を曖昧にするようなイベントがあった。オモテ稼業のフィールドで、年に1回「図書館総合展」というイベントがあり、今年もパシフィコ横浜で11月7日〜9日の期間に開催された。 図書館業界にもいろいろな全国大会や研究集会があるけれども、今年で19回目となるこのイベントは図書館関係者だけでなく、関連業界や社会教育も含み、規模が大きく、参加登録すれば図書館関係者でなくても参加できる(他のイベントが参加できないわけではないが)オープンな雰囲気だ。だが、並行して複数進行しているフォ-ラム企画は、現在と未来の図書館について熱く語っている極めてマジメな内容なのだ。
 その中で、「としょけっと」という図書館ネタオンリーの同人誌即売会が行われた。図書館ネタオンリー、委託オンリー、平日3日間という同人誌即売会からみても希な試みなのだ。イメージとしては、委託オンリーではあるが、SF大会におけるディーラーズルームのような立ち位置かと思う。(しかし、主催者運営ではなく、あくまで企画にひとつ) 思いついて実行した企画者のみなさん、すごい! ありがとうございます! 私はその募集中の時期に、同じ同人誌即売会に参加していた同人から教えてもらった。ホームページを見つけて、詳細を確認して申し込んだ。Twitterもフォローした。
 ありがたくスペースをいただけたので、『ライブラリー♥シンドローム2000—2005』(完結巻)の発送準備を行った。久しぶりの委託参加なので、いろいろオマケをつけた。特にチラシ配布があったわけではなく、口コミとネットでどれくらいのサークルが集まるかわからないし、一般参加者の客層も違う。本も古いし、どのくらい発送したらいいのか予想がつかない。が、「敵の規模が不明なときは最大戦力をもって迎え撃つ(銀英伝 うろ覚え)」ということで、上限の50冊送り出した。
 主催者のTwitterで会場の様子の画像も上がっていたが、思ったより広い。参加は26サークル、その中にはコミティアなどで知ってるサークルさんもいる。1日目から完売したサークルもあるようで、なかなか盛況だったようだ。1サークル5種まで本を出展できるので、100タイトル弱ぐらい並んだのかな? ともあれ、新しい可能性を拓いた企画だった。

2017年12月 2日 (土)

【告知】12月3日 「ARTMATEC(アートマティック)」に参加します

  あっという間に12月です。今年も1ヶ月を切ってしまいました。Blogは後追いでなかなか追いつかないのですが、今回は未来(といっても明日)のイベントについて告知します。

 12月3日 大阪淀屋橋にある芝川ビルで開催される「ARTMATEC(アートマティック)」に参加します。「レトロ建築でアート&ハンドメイドイベント」と銘打ったこの即売会も、2年前に初めて参加して l今年で3回目になります。4階モダンテラスで開催され、一般出展が27サークルと、委託のポストカード展示という小ぶりな広さです。ブースNo.3ですが、あまり気にせず、グル〜ッと探していただいてもすぐ見つかります。きっと。GOODS中心なので、この期に及んで新しいしおりを創ろうかと考えています。
よろしければ、お立ち寄りください。
 一般入場は、パンフレットの販売はありませんが、入場料が500円となります。ちょっとおしゃれなカフェもあります。それと、このビルはレトロななかなかステキなのですが、国登録有形文化財で、4階までエレベーターはありません。階段で登ります。お気をつけておいでください。
「ARTMATEC(アートマティック)」のHPはこちら

Img_3693


2017年9月29日 (金)

【告知】10月1日(日)の「関西コミティア51」に参加します

 10月1日(日)に大阪の天満橋OMMビル2階ABCホールで開催される「関西コミティア51」に参加します。
スペースは、G−20です。

 6年ぶりの新刊『ギョギョっと深海魚』は、夏に東京のコミティアと静岡のSF大会で頒布しましたが、関西では今回が初売りです。24Pの薄い本ですが、許して〜 
 それと、インフォメーションペーパーには間に合わなかったのですが、リュウグウノツカイとシーラカンスの切り絵はがきを創りました。腰痛に阻まれて、新刊と併せてSF大会にお披露目したかったのを断念したものです。ずっと下絵のまま残っていましたが、やっとかたちになりました。オモテのスタンプ欄には消しゴムはんこのオオグチボラを配しました。
 SF大会の静岡土産もありますので、是非お立ち寄りください。

Img_3449


Img_3693


2017年9月24日 (日)

「文学フリマ」初体験

 全国各地に「文学フリマ」という同人誌即売会があることは数年前から知っていた。最寄りの大阪は南の方であるので近いようで遠いしなあ……と思っていたら、今年の初めに京都で初めて開催されたのだが、体調不良で家で寝込んでいて行けなかった。この5月7日、ちょうどコミティアの翌日に「文学フリマ東京」が、開催されていたので、一般で初めて行ってみた。
 「文学フリマ東京」は文フリの中でも一番の老舗で、パンフレットによると、2002年から15年目、現在は年2回の開催で、この5月で第24回目になる。他にも、大阪、京都、前橋、福岡、岩手、札幌、金沢で開催されている。東京がいちばん大きくて約800ブース。会場は、昔はコミケやコミティアも使っていた懐かしの東京流通センター(TRC)。行くのはずいぶん久しぶりだ。11時開始前に会場に着いたら、なんかすごい列があってビックリしたが、それは別のマンガ同人誌即売会の待機列だった。それでも、文フリの方も開始時間前になるとそこそこの人数が並んできた。ああ、でもやっぱり参加者の年齢層もちょっと高め。コミティアとSF大会の中間くらい。

Img_3250


Img_3249

 簡単にいえば、文章系に特化した同人誌即売会だが、タイトルどおり文学ばかりかと思えば、ずいぶん幅が広い。出展条件は「自分が文学と信じるもの」とあり、コミケの小説や評論ジャンル、SF大会のディーラーズルームで見かけるサークルさんもいる。ここでしか見かけないような純文学、詩、川柳、短歌、俳句のサークルも多く、大学の文芸部も来ている。マンガもあるが、マンガというジャンルはなく、エッセイや旅行記などのルポ、詩・イラストなどに混じっている。普段こんな即売会では見かけないようなあまりおたくに見えないご年配の人(SF大会は除く)もいる。800スペースはちょうど回りやすい大きさで、人混みもそれほどではなく、ついいろいろとお買い物をしてしまった。ケータリングで入っているカレー屋さんやカフェのコーヒーも美味しくて、ついゆったりしてしまった。
 詳しくは、ホームページがあるので、こちらをどうぞ。

Img_3272


Img_3253


2017年7月23日 (日)

【告知】7月23日(日)の「Artmade」に参加します

 ここんところ、久方ぶりのマンガ原稿にかかっているので、blogが、即売会参加告知以外、停滞しています。
 Twitterでは先行しておしらせしていましたが、7月23日(日)(今日ですが)に京都国際マンガミュージアムで開催される「Artmade」に参加します。スペースはC-05,06です。ここんところサークルも一般も少なくて閑古鳥がないていたのですが、今回は奇跡か、44サークル、60スペース満了! にぎやかだと嬉しいです MMでは山岸凉子原画展も開催中です。ぜひ、皆さん、お立ち寄りください。
   
 「Artmade」はオリジナルマンガとGOODS系の即売会ですが、圧倒的にGOODSが多いです。同人誌の新刊作成中でGOODSの新作がないのですが、ハルキゲニアのマグカップとマウスパッドは「Artmade」では初出展です。ネット印刷で、オモテ稼業の名刺を発注したら、いろいろ「これもいかがですか〜」と宣伝が入ってきて、ついノセられてお試しにつくってみました。我がサークルは、印刷費カツカツの頒価で回していて、参加費さえ回収できない弱小サークルですが、これは10個ずつしかつくらなかったので大幅な原価割れしています。捌きが悪ければ今回限りにします。切り絵しおりも少し創り足しました。夏らしい「金魚」は、サイズをひとまわり小さくしました。春に即売会に行ったとき、「文庫本からはみ出すのは使いにくい」とおっしゃった人がいたので、「なるほど」と思い、ラミネートしても縦13〜14センチになるようにしてみました。作業は同じなんですけどね。「オウムガイ」と「リュウグウノツカイ」が品切れだったで創り足しましたが、カンブリア生物の切り絵しおりは増産できずに、ますます品薄になってます。すみません。

2017年5月13日 (土)

【告知】5月14日(日)の「関西コミティア50」に参加します

 仕事に埋もれている間に、あっという間に前日です。およそ半年ぶりくらいの関西の即売会です。
5月13日(日)に大阪南港のインテックス大阪2号館で開催される「関西コミティア50」に参加します。50回というキリのいい数字で、会場もなんと!初のインテックスです。天満橋のOMMの時は、700サークルぐらいでしたが、今回は倍の1469サークルという規模です。「工房しのわずりぃ」のスペースは、「H-29」(真ん中よりやや左)です。先週の東京みやげのお菓子も少しありますので、どうぞお立ち寄りください。
 先週の「COMITIA」と同じく、夏のSF大会に向けて、今年こそ新刊を!と画策していますが、5月は新刊がないので、GOODSを増やしています。切り絵しおりの新作は、年賀つながりで創ってみたナスカの地上絵の「海鳥」と「クモとトカゲ」です。色の組み合わせはいろいろあります。ますますいろいろなヘンな生き物だらけですね。「オウムガイ」と「リュウグウノツカイ」も品切れだったのを増産しました。カンブリア生物の切り絵しおりは増産できずに、ますます品薄になってます。すみません。  
 もうひとつの新作GOODSは、ハルキゲニアのマグカップとマウスパッドです。ネット印刷で、オモテ稼業の名刺を発注したら、いろいろ「これもいかがですか〜」と宣伝が入ってきて、ついノセられてお試しにつくってみました。我がサークルは、印刷費カツカツの頒価で回していて、参加費さえ回収できない弱小サークルですが、これは10個ずつしかつくらなかったので大幅な原価割れしています。捌きが悪ければ今回限りにします。(「COMITIA」では悪かったので、事実になるかも)


Img_3024


Img_3103


Img_3223

2017年5月 4日 (木)

【告知】5月6日(土)の「COMITIA120」に参加します

 12月以降、ひさびさの同人誌即売会参加です。
5月6日(土)に東京ビッグサイトで開催される「COMITIA120」に参加します。毎年5月のCOMITIAは参加が多くて、今回も東4〜6ホールを使って、5366サークルの参加があります。「工房しのわずりぃ」のスペースは、「Y38a」(第5ホールのほぼ真ん中へん)です。どうぞお立ち寄りください。夏のSF大会に向けて、今年こそ新刊を!と画策していますが、5月は新刊がないので、GOODSを増やしています。切り絵しおりの新作は、年賀つながりで創ってみたナスカの地上絵の「海鳥」「クモとトカゲ」です。色の組み合わせはいろいろあります。ますますいろいろなヘンな生き物だらけですね。「オウムガイ」「リュウグウノツカイ」も品切れだったのを増産しました。もうひとつは、ハルキゲニアのマグカップとマウスパッドです。ネット印刷で、オモテ稼業の名刺を発注したら、いろいろ「これもいかがですか〜」と宣伝が入ってきて、ついノセられてお試しにつくってみました。我がサークルは、印刷費カツカツの頒価で回していて、参加費さえ回収できない弱小サークルですが、これは10個ずつしかつくらなかったので大幅な原価割れしています。捌きが悪ければ今回限りにします。まずまずなら、夏に向けてアノマロカリスもつくってみるつもりですが、みなさんの嗜好はどうだろう…… また、今回も巡回受付のお手伝いをさせてもらいます。もう4回目ぐらいなのだけど、年に1回なのでいつまでたっても初心者気分です。そうそう、今回のCOMITIAでは漫画同人誌の草分け的存在だった作画グループの原画展示もあるそうですよ! これは必見!!


Img_3024


Img_3103


Img_3223

 さて、毎年5月5日だったCOMITIAだが、今回は6日。曜日の巡り合わせは土曜日。世間は5連休とか9連休らしいが、オモテ稼業は土日祝交代勤務なので、当日6日を“休みたい”、7日を“できれば休みたい”で希望したら、ありがたくも希望どおりになった。5日に仕事が終わってから、東京へ直行することにした。ああ、アクシデントが起こりませんように。それから、5月2日まで様子を見て、5月8日(月)に外せない予定が入らなかったので、有給休暇をもらうことにした。目的は、国立新美術館の「ミュシャ展」をできれば平日に落ち着いて観たい! 「ミュシャ展」を8日に回せるのなら、7日は東京流通センターで開催されている「文学フリマ」を覗いてこよう! 1月に「文学フリマ京都」があったのだけど、風邪で熱出して寝込んでしまい、口惜しい思いをした。それから、國立科学博物館の「大英自然史博物館展」にも行きたい。これも人が多そうだけど、8日が休館だから混雑は仕方ない。でも、夜21時まで開いているらしい。え? ええ、もちろん主目的はCOMITIAですよ。

2017年2月27日 (月)

「宇宙と芸術展」と8年ぶりの冬コミ

 さて、年末の続き。「沼津港深海水族館」に立ち寄った後、品川で投宿。荷物を置いて、森美術館で開催されている「宇宙と芸術展」に向かう。森美術館は、年末年始も無休で、22時まで開いている冬コミのおまけにできるありがたい施設だ。夕暮れてから行ったのに、やっぱり人が群がっていたが、以前のティム・バートンの時ほどではなかった。宇宙をテーマに古今東西の人類の行為を集めている。「竹取物語」や「種の起源」、天球儀、流星刀(隕石で作られたという)から現代芸術まで。……というちょっとユニークな切り口だけど、ちょっと散漫な気もする。どれかが誰かの琴線に触れればいいのかな。また、この展示はSNSにアップできる作品の案内があって、それがけっこう数が多かった。そうか、twitterなんかによく画像が出ていたのはそのせいか。

Img_3035

Img_3040


 その翌日は冬コミ。冬コミは5回ほど落選が続いていて、その間にオモテ稼業の都合で1回、海外旅行で1回申し込みをしなかったので、数えて見れば8年ぶりだった。夏の暑さ対策は慣れたが、冬の寒さ対策は忘れかけている。配置を事前にちゃんと確認していなかったんだが、お誕生日席だった! おトイレも近いし、右側のシャッターが開かなきゃこのまま寒くないのだが……と思いながら準備をしていたが、始まって間もなくシャッターが開いてしまった。冷たい風がスゥ〜っと吹いてきて、コート、マフラー装備、カイロ準備! 午後になってシャッターは再び閉まったが、横の非常口からの風がもろに当たる位置なのでやっぱり寒いし、時折突風のような風が吹き込んできて、机の上のものが2回ほど飛ばされた。でも、思った以上の皆さんにお立ち寄りいただき、切り絵しおりもいくつか完売(といっても数枚ずつしか持ってきていないのだけど)、インフォメ・ペーパーも途中でなくった。切り絵しおりはやっぱりへんな絵柄から出ていく。創り足した3倍以上のものがなくなってしまったので、春・夏のために新作も含め、また準備をしておかなければ。配置は西ブロックだったのだけど、新しくできた東7・8ホールを見がてら、旅行サークルを訪ねたら、近辺の創作系をあまり回れなかった。まあ、創作系はコミティアでも会えるし……と思ってしまったし。とはいえ、8年ぶりの冬コミは夏よりも体力的には穏やかだったように思う。

2017年1月 3日 (火)

明けましておめでとうございますblog版

Nenga2017hp

 先にtwitterでは元旦のご挨拶しましたが、改めて、明けましておめでとうございます。
 本年もぼちぼちよろしくお願いします。

 2日に帰省先から帰ってきたのですが、やはり人が多いといろいろあって、あまりパソコンにさわることができませんでした。読みたい本とか整理したいデータとか描きたいものとかいつも持って帰るのですが、ほとんどできたためしがありません。懲りない年末年始です。
 今年のお年賀カットは、ナスカ地上絵の「海鳥」になりました。3番目くらいに有名な地上絵です。(1番目はハチドリ、2番目はサルかな?と思っている) 年賀の酉はニワトリが断然多いので、斜めに考えて、鳳凰にしようか、ガルーダにしようかとかいろいろ考えましたが、結局これに決めました。なかなか気に入って、切り絵しおりも作ってしまいました。

Img_3024

 Blogアップが遅くなってしまったのは、自宅に戻ってからの雑用もあったのですが、12月10日の記事でお知らせした、「工房しのわずりぃ」のインターネット広報の改編の一部を行なっていたからです。
気づいた方もおられるかと思いますが、2005年から「おたくにチャイハナ」というタイトルで書いていたこのココログのblogですが、2017年1月より「工房しのわずりぃ blog版」と名称変更しました。見た目変わりませんが、タイトルだけでなく、プロフィールとかもちょっといじりました。Blog開始より12年たった現在、長文で写真多数掲載できる機能はフェイスブックが主流になりつつあり、blogのトラックバックとかの機能は全く使わなくなり、時代の変遷を感じるところですが、今までの記事の蓄積をそのまま埋もれさせてしまうのは勿体無いのと、広報の意味ではこっちの方がネットの中ではオープンなので、このままblogで続けることにします。記事をUPしたら、twitterやFBでもリンクしてお知らせします。まだホームページとかはそのままですが、おいおい整備していきます。

 ネット整備の方はこのような予定ですが、即売会参加の予定は5月までありません。年度末に向けてオモテ稼業が繁忙になってくることもありますが、作品の描きために専念したいと思います。昨年のうちに2タイトルの同人誌の在庫がなくなりました。以前の新刊はもう6年前です。いかんだろう、それは……、と思いつつ、数年経過。今年こそ何度目かのオオカミおばさんにならないように1冊創りたいと思っています。ネタはあるし、取材もしてきましたが、まだ紆余曲折するかもしれないのでナイショです。8年ぶりの冬コミでは、おかげさまで切り絵しおりが好評で新しく創り足した3倍以上の数量をお求めいただきました。これも、カンブリア生物や深海生物のヘンなモチーフが品薄になっているので、新作を含めて夏のSF大会に向けて準備をしたいです。

 と、いうような、今年の抱負でした。今後ともよろしくお願いします。

より以前の記事一覧