2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

創作・同人

2020年1月29日 (水)

1年半ぶり「コミックマーケット97」

 2019年の記事もこれで最後。なんとか1月中にアップできた。やれやれ。

 

 12月30日、「コミックマーケット97」3日目にサークル参加してきた。2回連続落選だったコミケなので、1年半ぶりの参加だ。その間でいちばん変わったのが、リストバンドの導入によって一般参加が有料となったことだった。サークル参加者は当日朝入口で、サークルチケットとリストバンドを交換する。一般参加者は、紙のコミケカタログには4日分のリストバンドがついている。リストバンドだけ委託書店で販売したり、当日分だけ会場で販売したりもしている。(※導入したばかりなので、毎回いろいろ試行錯誤して方法が変わるかもしれない) そのせいか、紙のコミケカタログはあちこちで売り切れ続出らしい。サークル参加者も私のように紙のカタログを買おうとするのだが、ちょっと気がつくのを遅れてしまったら、関西の委託書店では既に事前購入ができなかった。今はWebカタログが公開されているので、目的のサークルがあれば、参加チェックはできる。が、他の諸々も記事も面白いのでカタログは参加の時は購入しているのだが、残念だ。カタログについているリストバンドは重複してムダになるかもしれないが、それはまあ仕方ない。サークル参加の宅配便搬入の受取の際支払う当日会場搬入費用が100円から500円になっていた。ゆうパックは「スマホ割」と言うサービスを新たにおこなっていて、それを利用すると、180円安くなる。搬入受取の値上げを補填するために、使ってみることにした。初めてなので慣れなくてちょっとモジモジしたが、スマホで手続きすると、郵便局に持ち込むときに、置いてある端末で伝票を出して、値段を確定すれば、手書きで伝票を書かなくていいし、現金も出さなくていい。また、荷物に貼付する日にちによって色の違う仕分用紙も、カラープリンタさえあれば、コミケのサイトからプリントアウトできる仕組みができていた。いつも紫色の紙を探していて、折り紙とか使っていたが、これは便利になった。コミケもさらに進化していく。

 

 さて、当日、初めてではないが、10年以上、ずいぶん久しぶりの評論・情報ジャンルの参加だ。以前、初めて育児マンガを出したとき、試しに創作少女から評論に移動したことがあったのだが、居心地が悪くてやっぱり戻ってしまったことがある。前回参加のときは、夏だったので、旅行ジャンルで参加してみた。ここは居心地がよかったが、冬コミの旅行ジャンルは4日目の大晦日31日なんで、家の都合で参加できない。それに今回は周りは古代・深海生物関係がメインの品揃えになっているので、創作少女より評論かなとこちらで申し込んだ。評論・情報シャンルの中もいろいろな島があって、どうも理系島になったらしい。ああ、確かに。水族館のサークルと、浄水器(なのかな?白衣を着ていた)のサークルで、それ以外も有象無象魑魅魍魎が蠢くような様々にとても濃い本がゾロゾロならんでいる。近くにSF大会のような島もあった。ああ、馴染みそう…… 思わぬ誤算だったのが、今までの経験値から「本はそれぞれ10冊売れれば御の字」と思って、それくらいしか持ってきてなかったが、『ギョギョッと深海魚』が2時間で完売! 確かに一般参加者の客層が創作少女とはちょっと違うなあ。コミケにとってはまだ新刊の『維新派と旅をした』も周囲の雰囲気に合わなかったけど、それでも3冊お求めいただいた。恐るべし、コミケ。
 そして、売り子に連れてきたはずの息子が、西ホールに行って戻って来ず……やっと帰ってきたのが14時20分。30分ほど、席を外して、近くの情報・評論のSF関係を回ってきた。西ホールの創作少女は、買い漏らし本等を息子にお使いを頼んでおいて確保できたので、行くのは諦めた。またコミティアや関西コミティアでも会えるし。
 今回はじめて入った南ホールは、新しいせいか空調がとてもいい。ずっとコート要らずで過ごせた。夏にも来た息子が、冷房もよく効いていたと言ってた。新しいっていいなあ。
 帰ったら、次回の申し込みをするけれど、今回の反省を踏まえて、もう一度評論ジャンルにチャレンジすることにしよう。

 

Img_3190

 

Img_3193

 

Img_3194

 

 

2020年1月23日 (木)

カワイイがいっぱい!「いきもにあ」

 11月31日(土)・12月1日(日)に神戸・三ノ宮のサンボーホールで開催された「いきもにあ」に参加してきた。昨年初めてブース参加をして、2日目の品揃えが不足するなどの反省点もいろいろあったし、さらに昨年は机半分のSスペースだったが、今年は机1本分のMスペースをとったので、今回は抽選の結果がわかる以前から、少しずつ準備をしてグッズ類を増やしていった。
 一般参加は2日間で合計6200名。老若男女、来場者は幅広いが、土曜日と日曜日はちょっと一般参加者に変化があった。土曜日はお買い物目当てのディープな人がやや多い印象があり、日曜日は子ども連れのファミリーがやや増えた気がする。それに、みんなあらゆるいきものをあしらったとてもステキな装いをしていたり、おしゃれなカバンを持っている! 触覚をもってる人もいるし、みているだけでも楽しい。
 「いきもにあ」のスペースは半プロの人も多くて、グッズの完成度もお値段も高めの感がある。うちのスペースはアマチュアいきものファンクラブのようなものなので、お小遣いを握って缶バッジを買ってくれる子どもたちやお土産に切り絵ハガキを複数お求めくださる人などもいた。今回は助っ人を頼まず、ひとりで店番を乗り切った(そんなブースの作家さんがたくさんいる)。博士のおはなしも聞けず、他のブースをゆっくり回れなかったが、開場前や、1日目の閉会後にブースを覗いて、懇親会ではフラッシュトークを聞いたり、近くの席の人とお話をしたりした。そして、その短いチャンスに、いっぱいグッズがあるに関わらず、買ってしまったのは、また本だった。
 そして、この2日間、うちの子たちはハルキゲニアもアノマロカリスもリュウグウノツカイもウィワクシアもいっぱい「カワイイ」と言ってもらえた。ありがとう!
 2020年の開催予定も既に決定していて、同じサンボーホールで、11月21日(土)・22日(日)とのことだ。

Img_3045

Img_3056

2020年1月16日 (木)

【告知】1月19日(日)の関西コミティア57に参加します

 前回56は大阪天満橋OMMビルで、抽選もれでした。その前の55は、インテックスでG20サミットの1ヶ月前、その前の54は台風で1週間順延しました。最近何かと印象深いことが続く関西コミティアですが、今回は(おそらく)フツーに、1月19日(日)、大阪南港のインテックス大阪2号館で開催されます。
 スペースはA-48です。A列なので、端っこのほうです。
新刊はありませんが、関コミ55の参加の時より、古代生物・深海生物のグッズが大幅に増えています。ネットには画像をあげていますが、ぜひカワイイ現物を見に来てください。お待ちしています。

Img_0746_20200116015201

1mg

Img_0369

Img_0912_20200116015301

Hp_20200116015101

Hp2_20200116015101

Hp_20200116015102

2020年1月 5日 (日)

明けましておめでとうございます

2020hp

 既に、TwitterやFacebookではご挨拶させていただきましたが、年明けも帰省のあとオモテ稼業で2日間みっちり働いていて、パソコンの前になかなか座れず、本日に至りました。

 今年の年賀も切り絵です。『アルジャーノンに花束を』ならぬ、アルジャーノンが花束を持つ感じにしました。このすっきりした感じのお花は「カラー」という名前です。

さて、昨年は新刊は出しませんでしたが、一昨年に発行した『維新派と旅をした』のからみで、東京の追悼イベント「阿呆らしやの鐘が鳴る」に行ったり、瀬戸内国際芸術祭で犬島に行った時、在本商店などにお配りしたり、他にも元維新派の人とお話する機会を得ました。同人誌即売会ではいまいちマイナーだったけれど、今までにない繋がりができてうれしいです。また、2度目の参加の「いきもにあ」を目指して、1年かけてグッズを充実させました。2019年の新作グッズは、「ハルキゲニアのマグカップ」、「生きた化石 缶バッジ」2種、「マスキングテープ」3種、「キーホルダー」2種。う〜ん、我ながらがんばったわ。

 今年は、1冊新刊が出せたらいいな、と考えています。ずっと企画で持っていた『日本穴ぐら紀行』。ずいぶん昔に行ったネタも多いので、資料の掘り起こしと現在の状況確認に時間がかかりそうです。まだまだオモテ稼業が繁忙なので、デジタル化は難しく、オールアナログの手描き作業です。
 今年は、オリンピックの関係で、夏のイベントがほぼないので、GWイベントに間に合えばいいなあと思うのですが、ちょっと自信がありません。SF大会も福島と遠いので、新年度にならないと休みがとれるかどうかわかりません。「いきもにあ」もオモテ稼業の大きなイベントとぶつかりそうなので、出展できても1日だけになりそうです。取り急ぎ、1月19日(日)インテックス大阪で開催される「関西コミティア」に参加します。スペースはA-48です。
 不確定なことも多いのですが、イベントやSNSで逐次情報発信をしていきますので、今後ともよろしくお願いします。

2019年12月25日 (水)

【告知】コミックマーケット97に参加します

 冬のコミックマーケット97に参加します。3日目、12月30日の南「へー14b」です。このエリアは評論ジャンルです。2回抽選もれだったので、いちおうの新刊が『維新派と旅をした』、それと秋の「いきもにあ」の名残で古代生物・深海生物グッズが豊富です。
 いままで「創作少女」で出展していましたが、さすがにちょっと苦しいかな……と思いましたが、旅行ジャンルは31日の大晦日なので、今回は評論です。ちょっと申込みジャンルが昨今揺れています。次の申込みはどうしよう……
 さて、2017年に解散した大阪の劇団維新派にまつわる旅エッセイの『維新派と旅をした』は、コミケで手に取ってくれる人がいるかしら? 他の同人誌即売会ではいまいちマイナーだったので心配です。そして、今年の「いきもにあ」は、2日目に品薄になってしまった昨年を反省して、1年かけてグッズを充実させました。2019年の新作グッズは、「ハルキゲニアのマグカップ」、「生きた化石 缶バッジ」(オウムガイ、カブトガニ)、「マスキングテープ」(ハルキゲニア、アノマロカリス、リュウグウノツカイ)、「キーホルダー」(ハルキゲニア、ウィワクシア)。う〜ん、我ながらがんばったわ。みなさん、どうぞお立ち寄りください。

Web_20191225032501

Img_1145_20191225033101

Img_2132_20191225033101

Hp2

Hp

Hp_20191225032401

2019年11月30日 (土)

【告知】11月30日、12月1日「いきもにあ」に参加します

 また告知がギリギリになってしまいました。昨年初めて出展した「いきもにあ」に今年も申し込んで、ありがたくブースをいただきました。
 会場は神戸三宮のサンボーホール、ブースは2階のH-173です。「いきもにあ」のホームページも充実していて、会場マップもあり、各ブースのお知らせページもあります。随時更新されています。今回もお楽しみの博士のおはなしも土曜日は3回、日曜日は2回あります。海洋堂のワークショップもあります。一般参加は参加費が必要ですが、神戸にお越しの際は、ちょっとのぞいてみてください。
 前回、うちの子たち(切り絵のカンブリア生物や深海生物)が今までのイベントの中でいちばんたくさん「かわいい」と言ってもらえて、とてもうれしかったのですが、1日目に思った以上にもらわれていって、2日目がずいぶん品薄になってしまいました。そこで、今年はまだ申込みの抽選結果が出る前から、少しずつ作品を増やしていました。2月にハルキゲニアの全周マグカップ、春にオウムガイとカブトガニの缶バッジ、そして秋に創ったマスキングテープとキーホルダーが「いきもにあ」に初お目見えです。
 マスキングテープは、ハルキゲニアとアノマロカリスとリュウグウノツカイの3種。お試し感覚の各30個の小ロットです。思ったよりちょっと地味めに仕上がりましたが、その分ふだん使いをしてもらえるかな。この発注ではいろいろ初めてのことだらけで、初めてAI(イラストレーター)で入稿し、サイトにアップロードができなくて初めてストレージサービスを利用しました。マスキングテープはつくづく小ロット向きではないなあと思いました。
 ぜひ、うちの子たちを見に来てやってください。

 

Img_1145_20191130021201

 

Img_2132_20191130021201

 

Img_3023

 

Img_3039

2019年11月12日 (火)

【告知】11月12日〜14日「としょけっと」に委託参加します

 あっという間に当日になってしまったので、あわてて告知します。
 11月12日(火)〜14日(木)パシフィコ横浜での図書館総合展内で開催される図書館を楽しみたい人向け委託中心即売会「としょけっと」に委託参加します。
 2017年2018年に続いて、めでたく今年で3回目。毎回、いろいろ工夫をされていて、今回は委託は2種になりました。毎回、『ライブラリー♥︎シンドローム2000−2005』ばかりじゃ面白みがないし、図書館関係者が創った同人誌ということで、『維新派と旅をした』を出展することにしました。2017年に解散した大阪の劇団、旅行記だけど関東は30年近く前ぐらいの汐留コンテナヤードの話しかでてこないので、来場者にどれだけ読んでもらえるか不安はあります。でも、活字多めで読みごたえがあるので、本好き活字好きの人が多く来場する図書館総合展では多くの人に手に取ってもらえるかしら? 毎回、委託本を送るとき、ペーパーやオマケをセットするのですが、今回のオマケはフツーに使える切り絵しおりです。工房しのわずりぃは紙の本を応援します!
 今年はホームページのサークルリストにそれぞれの本のひとこと紹介が載っていて、どれもこれも面白そうです。世にこんなに図書館ネタの本があったのか!?と驚きます。
 委託販売というのは、けっこう手間がかかると想像するし、準備もいろいろ大変だったかと思いますが、主催者の皆さま、お疲れ様でした。図書館を職場に持つ身としては、平日3日間はなかなか休みが取りにくいのですが、盛況をお祈りします。
 図書館総合展のホームページはこちら
 としょけっとのホームページはこちら

 

1mg04

 

Img_0746_20191112091001

 

 

2019年9月26日 (木)

第58回日本SF大会 Sci-con(2日目)

 2日目がスタートした。昨夜ホテルで描いた時刊新聞の記事を渡して、ディーラーズのブースを無人販売にして企画に出かける。昨日の「日本SF図書館員協会」の参加者がPRしていた「中学生にSF」と、以前の大会で満席で入れなかった「SF軍事解説」に行った。「中学生にSF」は、汐文社から出版された『SFショートストーリー傑作セレクション』全5巻推しの企画だ。フツーに図書館に置けるようにカモフラージュしているが、中はしっかり基本をおさえている古典SFの宝庫だ。年々高齢化しているSF大会では、次世代を育てる企画も余念がない。岡部いさくさんプロデュースの「SF軍事解説」は、ディープなパネラーさんたちのおしゃべりも尽きることなく、カタカナと英数字が入り乱れた話に花が咲く。その間に、ちょこちょこといさくさんがホワイトボードに描く軍用機のイラストは、思いのほかカワイイ。
 後半は、近場に短時間席をはずすぐらいで、ディーラーズに主に常駐。近くでやっていたヒゲキタさんの手作りプラネタリウムは、今回は消防法の関係で半円になっていた。3Dの「令和姫」を暗黒星雲賞に自薦していて、見事に功を奏して受賞していた。加藤直之さんのライブペイントは今回部屋が違っていたので、あまり刻々とは観られなかった。

 

Img_2242_20190926224101

 

来年・再来年のSF大会の参加受付もディーラーズのとなりで行っていた。来年は2020年8月22日・23日に福島県郡山市のFUCCON」。前後泊は必要か?とも思うが、8月のこの時期の予測がたたない。もう少し様子を見よう。次の2021年の大会も今回の日本SFファングループ定期総会で8月21日・22日高松に決定した。節目の第60回開催は、初の四国開催となる。高松ならバスで4時間。瀬戸内国際芸術祭で何回か行ったので行き慣れている。行けるかな。……こうして、参加者平均年齢がどんどん高くなっていく。若者の参加も歓迎します。

 

Img_2254_20190926224101

 

Img_2391

 

Img_2298

 

 

 

 

2019年9月24日 (火)

第58回日本SF大会 Sci-con(1日目)

 さて、昨年は申込みしたのにドタキャンしてしまったので、2年ぶりのSF大会だ。7月27日(土)・28日(日)に埼玉県さいたま市の大宮にある「ソニックシティ」にて開催される。ここ数年、家族旅行は卒業して、身軽になった。が、やはり多次元宇宙のSF大会なので、自分ができることは限られる。100人いれば100とおりのSF大会体験記があるので、後で「そんなことがあったのか」と悔しがるネタも多い。
 最近ルーティンにしていることは、以下のようなあたりだ。
① ディーラーズルームに参加する。
② 「時刊新聞」に記事を書く。
③ 「日本SF図書館員協会」に参加する。
④ 「SF古代生物の部屋」に参加する。
あと、オープニング、クロージング、星雲賞贈賞式や気になる企画にチョロチョロと動いたら、あっという間に2日間が過ぎていってしまう。今回は地元埼玉在住の古いSF者の友人が久しぶりに参加したので、会期中にときどき話をすることができた。企画の合間はディーラーズにいるので、そこが落ち合い場所になり、また、いろいろな人が通っていくのが見られるし、近くで別の企画も開催されているし、「時刊新聞」も配達されるので楽しい。しかし、今回はディーラーズの設営をしている間に、開会式を見逃してしまった。いや、ほんと、ディーラーズのある展示場にけっこう人がたくさんいたし、放送とかもなかったのですっかり時間を忘れていた。10時過ぎに様子を見に行こうとしたら小ホールへの道に迷ってしまい、ウロウロしてやっとたどり着いたら、終了のアナウンスがあり、みんな立ち上がろうとしていた。後刻、開会式に海外ゲストのシルヴァン・ヌーヴェルさんがハーロックのコスプレで登場したことを知って、この目で見れなかったことで悔しい思いをした。

 

Img_2198

 

 毎回、会場は暗黒星雲賞の有力候補になるので、今回も迷わないように(もう小ホールで迷ったが)、企画の場所を先に確認しておくことにした。今回は会場は貸切ではないので、フツーの人もホールや別の部屋を使っている。途中、入口に地方ヒーロー?の皆さまがSF大会の旗の下に呼び込みもしている。「コレクターズマーケット」(古本売り場)を覗いて、つい手が滑って、1冊水鏡子さんの本を買ってしまった。時刊新聞に原稿用紙をもらいに行って、つい総集編も入手。来る前から目をつけていた水玉螢之丞さんの『埼玉の恋』も無事GET。あかん、荷物が増えるばかりだ。

 

Img_2197

 

↓28日の状況だが、こんな感じ
728

 

 2コマ目の「SF古代生物の部屋」に行く。ディーラーズを無人販売にセットしてから移動するので、やや遅れて行ったら、すでに席が埋まっていて、立ち見状態だった。今年のテーマは「噛んで埼玉」。いつものメンバーに加え、ゲストスピーカーは朝比奈考古学研究所……もとい埼玉県立自然の博物館の北川先生だ。そのまま特撮TV番組に出ても違和感のない面白さで、埼玉のカルカロドンメガロドンやパレドパラドキシアのことをマシンガントークしていた。安藤先生の海外学会遠征のお話も楽しそうだった。

 

Img_2215

 

 1日目は夕方、「星雲賞贈賞式」「日本SF図書館員協会」と最後までなだれ込むので、ディーラーズは17時で店じまいをした。星雲賞では、訳者としての自分の受賞と著者の代理受賞と中原尚哉さんが大活躍。アート部門受賞の加藤直之さんはプラネタリウムに戦艦を描きたいとクラウドファウンディングの実行を宣言、私も後日応援したよ。自由部門の「はやぶさ2」プロジェクトは、はやぶさの2回受賞に続いての快挙で嬉しい。「日本SF図書館員協会」は悪のヒミツ組織の協会員が自らの活動を報告しあうのだが、内容は部外秘なのだ。いつも最後にくじ引きがあるので、私も景品をひとつ提供した。今回は、雰囲気を重視して、黒い紙で包装した「幽霊子育て飴」。埼玉とも図書館とも何も関係がない。

 

Img_2238

Img_2163

↓星雲賞 記念撮影
Img_2237

 

 終了後、展示ホールに戻ると、SF大会弁当がまだ売れ残っていたので、ひとつ購入した。これ、カバーはいいのだけど、内容がごくフツーの幕の内弁当だったのがイマイチだったのかも。

 

Img_2239

2019年9月 3日 (火)

【告知】「第7回文学フリマ大阪」に参加します

 9月8日(日)に大阪天満橋のOMMビル2階BCホールで開催される「第7回文学フリマ大阪」に参加します。スペースは「I-54」の旅行記ジャンルです。マンガ同人誌即売会によくある、パンフ購入制ではないので、気軽にフラッとお立ち寄りいただいても大丈夫です。

 

 さて、全国100都市開催をめざして拡がっている文学フリマ。いわゆる文字多めの同人誌即売会だが、マンガ同人よりジャンルの幅も年齢層も大学サークルから後期高齢者と思われる方までと幅広い! やっぱりいろいろな小説が多いけれど、俳句・川柳・短歌、詩、ノンフィクション、写真集や画集などもあり、少ないけれどエッセイコミックなどもある。マンガ寄りの我がサークルはちょっと主流からはずれていて肩身がせまいけれど、参加していて楽しい。
 文学フリマの東京と京都にまず、一般参加をしてみて、京都に一度サークル参加をしたけれど、大阪は初めてだ。というのも、大阪はずっと南の方の堺市の会場で開催されていて、「遠いなあ……」(東京は旅行だから別)と、ちょっと逡巡していた。が、前回から関西コミティアでもおなじみのOMMビルに移ったので、「行ってみようかしら」という気になった。それに、昨年創った『維新派と旅をした』は後半文字ばかりの旅行記なので、会の趣旨とも合っている。それに、維新派の地元の大阪だし。維新派は同人誌界や関西以外はイマイチマイナー。「ご存じですか?」と聞いてもみなさん、あまり知らない。大阪なら、「ああ、よかったですよね〜」と感動を共有してくれる人も少しは多いかな〜と思いながら、新規開拓をしている。野外で実際体験してみないと、雰囲気が伝わらないかもしれないけれど、維新派の演劇は他のどの劇団にも表現できない時空を超えた世界だ。

 

Img_0746_20190903130601

 

Img_3449_20190903130601

より以前の記事一覧