2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

旅行・地域

2018年5月27日 (日)

ハシビロコウに会いに「神戸どうぶつ王国」へ

 ハシビロコウの目ヂカラに参っている。切り絵のモチーフにしたい。それなら写真やネットの映像だけではなく、ホンモノをみてからと思って、どこに居るのか探してみた。関西では「神戸どうぶつ王国」にいるらしい。神戸は王子動物園しか知らなくって、「そんなのあったっけ?」と思ったら、2006年に「神戸花鳥園」として開園したのが、2014年にリニューアルして「神戸どうぶつ王国」になったらしい。行ってみると、ポートライナーの駅のすぐ近く、「これは巨大な温室か?」と思ったら、それがそうだった。週末だったので、家族連れでとても賑わっていた。動物園としては小ぶりだけど、交通も便利で、室内も多いので雨でも楽しめる都会的なエンターテインメントスポットだった。花鳥園だったせいか、鳥がいろいろたくさんいる。動物たちはデロデロ〜っと怠け気味。ちょっと動物の人口密度が高い。
 ハシビロコウは真ん中へんの「アフリカの湿地」エリアにすっくと立っていた。カッコいい。しばらくいると、テコテコ歩いてくれたので、前から横から後ろから写真を撮って帰ってきた。

Img_0111


Img_0113


Img_0125


Img_0133


Img_0131


2018年5月 1日 (火)

小倉行きのおまけ 門司港にいってきた

 3月17日(金)に小倉にある北九州市漫画ミュージアムの原画展と萩尾望都×松本零士対談イベントに行ってきた。小倉には過去2回来たことがある。1回はコクラノミコン(1996)の時で、もう1回はいつだったか忘れたがスペースワールドにいった時。どちらもずいぶん昔で、その場所にしか居なかった。なので、今回は前泊してちょっと一般的な観光地の門司港をおまけでつけてみた。
 あまり予習する時間がなくて、でも駅の観光案内には何かあるだろうと、在来線に乗り換える前に物色した。まあ、半日あれば主要なところを回れるようだ。行ってみたら、駅からしてすごくレトロ!
明治から昭和初期にかけて繁栄した港町には、朽ちかけた木材、錆びついた鉄骨、毀れかけた煉瓦の建物が点々とある。観光地化されたエリアには、主要な建物はリノベーションされて、展示室や店になっているけれど、ちょっと道をはずれたら、そのまま放置状態のような時がとまった空間がある。
 遅めのランチをしようとすると……、なんでか焼きカレーばっかりなんだけど? そんなに有名だったのか? せっかくなので、重要文化財の旧門司三井倶楽部のレストランで焼カレーをいただいて、その後建物も見学した。ここには林芙美子記念室もある。旧JR九州本社ビルや旧大阪商船ビルも良い感じ。三宜楼(さんぎろう)は古き良き木造建築で、だれも他に見学者がいなかったので、説明付で大広間や階段などの意匠をみせていただき、贅沢な気分だった。他にも、鉄道博物館も見学した。
 あれ? 道を歩いているとヘンなモニュメントがある。なにこれ?と思ったら、ここはバナナのたたき売りの発祥の地だったらしい。
 ただ、この日は3月にかかわらず、思いのほか寒くて夕方は早々に退散してしまった。


Img_0039


Img_0040


Img_0041


Img_0048_2


Img_0044


Img_0046


2018年4月30日 (月)

北九州市漫画ミュージアム 原画展と萩尾望都×松本零士対談イベント

 「萩尾望都SF原画展」は、東京開催と神戸開催で行ったが、望都さまが出演される関連イベントはどっちも抽選もれだった。いずれもなかなか倍率が高かったらしい。今回3月17日から5月20日まで北九州市漫画ミュージアムで原画展があり、関連イベントで松本零士さんとの対談が初日の3月17日に予定されていた。「当たるかどうかもわからないけど、とりあえず出しておこう」と往復はがきを送っていたのだが、あまり期待していなかったので、当選はがきが来たときはビックリした。思えば今回は原画展会場の集会室とかではなく、近くにある「北九州国際会議場 メインホール」で定員500名だったので、当たりやすかったのかも。でも、入場列に並んでいるとき、番号の近い人と話していると、九州でも熊本とか、大阪とか東京とか、応募者は全国レベルのようだった。
 小倉は遠いが、せっかく当たったんだし、久しぶりに1泊で遠征することにした。小倉駅についたとたん、大きなタペストリが2枚あった。北九州市漫画ミュージアムは駅のすぐ近くにあるので、駅にはハーロックやメーテルや鉄郎のオブジェもある。なぜ、松本零士が北九州市漫画ミュージアムの名誉館長なのだ。出身は久留米市だが小学校の頃から高校卒業まで小倉に住んでいたらしい。

Img_0036


Img_0055


Img_0056

 イベントの入場には、ミュージアムのチケットが必要なので、開館と同時に入って、時間まで先に原画を鑑賞する。同じような動きをする人が多くて、原画展内は大混雑だった。時間切れで国際会議場に向かう。割と早く入れる整理番号だったので、やや端っこだけど最前列の席が取れた。
 イベントの構成は2部に分かれていて、第1部は望都さまお一人のトークで、ミュージアムの学芸員が質問していく進行、第2部がお二人の対談だった。第1部は、今回の展示や図録でもある『萩尾望都SFアートワークス』をもとに話をされた。ほとんどが最後までストーリーを作って描かれているようだが。『スターレッド』は編集にせかされて、自分でもどう展開しようか考えながら始められたようだ。第1部は、割とフツーだったが、第2部は松本御大が進行の学芸員を無視して暴走。昔、いっしょにアマゾンに行ったことを皮切りに、松本御大80歳の恐ろしいほどの記憶力は、九州に住んでいた10代の頃のことも事細かに覚えている。望都さまは上手く相づちを打って、笑いを誘う。いや〜、本当に対談が終わるのか、ハラハラしながら聞いていた。

Img_0067


Img_0068

 その後、原画展会場に戻り、展示のつづきと、ミュージアム常設エリアを回った。コンセプトは京都国際マンガミュージアムと通じるところがある。名称のごとく、行政主導なのかもしれないが、老舗の漫研「あず」の本拠地であるし、土壌があったといえる。そして、この施設のおかげで東京で行われている主要なマンガ原画展を、関西だと展示場所がいろいろ散らばる展示もほとんどここで鑑賞できる。今も木原敏江展も開催されているし、新海誠、ハガレン、萩岩睦美と続く。交通の便もいいし、九州全体のマンガの振興になってほしい。

Img_0051

Img_0062

Img_0070_2

Img_0069


2018年2月21日 (水)

「すみだ水族館」とユニコーンガンダム

 昨年の冬コミはありがたくも12月30日のスペースをいただいて参加した。サークル参加は12月30日であり、29日から東京入りした。いつもせっかく東京までいくのだからといろいろオマケをつけるのだけれど、いかんせん、年末は私の好きな美術館、博物館はほとんどクローズしている。そのうえ、ギリギリまで仕事がたて込んでいて準備をやりきれず、29日の出発時間を2回も延ばしてしまった。ケータイ予約って便利〜 それでも、行きの新幹線の中で、せっせと出展する切り絵しおりの紙リボンを作成していた。
 その中で、「すみだ水族館」は、スカイツリーがオープンして以降、人混みを恐れてなかなか近寄れなかったがそろそろいいだろうと思って、行ってみることにした。事前にネットで下調べをしていたら、当日夕方、大人限定ワークショップ『小笠原アカデミー~ゆうゆうオガサワラ~』というのをやっているらしいので申し込んだ。小笠原特産品のラム酒の試飲もあるとか。午後遅めに水族館に入って、まず展示を巡った。待ち時間なしですぐ入れた。入り口のディスプレイはすでに正月バージョンになっている。チンアナゴが人気なのか? ああ、確かに割と広めの水槽の中でニョキニョキ頭を出しているのはカワイイ。ペンギン水槽とその周りにイルミネーションもきれいでゆったりくつろげる空間がある。クラゲもたくさんの種類がいて、観ていて癒やされる。深海生物は、オウムガイとダイオウグソクムシが隅っこにちょこっといたが、それほど力が入っていない。

Img_4104


Img_4117


Img_4110

  『小笠原アカデミー~ゆうゆうオガサワラ~』は、10人くらいのワークショップで、小笠原観光協会の人が小笠原の自然とか、自分が訪れたときの印象とかを映像を交えてお話してくれる。小笠原諸島へ行くには、今のところ船便であり、便数の関係からほぼ6日の行程になるらしい。それも船はひとつしかないから、同行二人、一蓮托生ではないが、一緒に行った人たちはみんな知り合いになってしまう。「人生がかわります」という。小笠原には何がある? ラム酒もキツいけれどが、なめなめして、美味しくいただいた。(中にはグイグイいってる人もいたけど)

Img_4123


Img_4124

 翌日は冬コミ参加。今年は昨年のように極寒突風のシャッター横ではなかったので比較的過ごしやすくて助かった。終了後、ダイバーシティーまで歩いて、新しく立ち上がった1/1ユニコーンガンダムを観て帰ってきた。

Img_4127


2018年2月10日 (土)

蔵前仁一の旅の3冊

 遅れがちなblogだが、インドネタ3本を連投する。

 先の1月17日の雑誌「旅行人」166号復刊ネタの続きになるが、その「旅行人」の記事をみて、編集長蔵前仁一さんの発行した3冊を通販した。いや、発行されたのは知っていたが、東京での回顧展でしか手に入らないと思っていたのだ。
 『ゴーゴー・インド30年 旅の記憶』 「蔵前仁一旅の回顧展1986—2017 公式パンフレット」
 『旅日記 3』
 『THE ART OF MEENA』

 先だって、昨年の9月29日から10月4日まで、東京の早稲田奉仕園リバティホール&スコットホールギャラリーで、「蔵前仁一旅の回顧展1986—2017」というイベントが開催された。東京で、1週間足らず……当然行けない(T-T) 『ゴーゴー・インド』は凱風社刊の旧版(1986年)も、CD付きの旅行人刊(2001年)の新版も持ってるぞ。そうか……30年か。トシをとるはずだし、インドも変わったり変わらなかったり。バックパッカーをやる根性はなかったが、私がツアーに1人参加して初めてインドに行ったのも『ゴーゴー・インド』の出版と同じ1986年だった。あの時、バラナシの土産物屋さんで、偶然クミコハウスのシャンティさんに会ったんだよなあ、としみじみと思い出す。シャンティさんも今年の1月15日に亡くなった。
 『旅日記 3』は、その『ゴーゴー・インド』の本になった1985年1月30日〜3月13日の絵日記。ちなみに1は中国で、2は東南アジアで、これが日記の3冊目らしい。ノートの汚れも紙の裏写りもそのままに再現している。イラストも満載。蔵前さんの字もまるっとしていて、読みやすいなあ。
 『THE ART OF MEENA』は、ラージャスターンの先住民族ミーナーの壁画の写真集。真四角のカワイイ本だ。
 って、これらの本って、ISBNもなく、ほとんど同人誌? 書店売りもしていないだろうからけっこうレアかも? おまけに版元通販だから、蔵前さんのサイン入りよ!


Img_4168


2017年9月28日 (木)

第56回日本SF大会ドンブラコンLL(その4 SF以外の食べ物の話)

 SF話とはそれるが、SF大会は全国各地を巡るので、いろいろ美味しいものをいただく機会がある。
 今回は前日に職場から直行で静岡入り。結局暗くなってから着いたので、荷物をホテルに置いて、近場で夕食を済ませた。お昼を食べそこなったので、駅ナカのお寿司屋さんでちょっと贅沢した。ネタが沼津産、生しらすが売り切れていたけれど、美味しくいただいた。

Img_3455


 ホテルは素泊まりで、2000円の朝食バイキングはちょっともったいないのでパス。ネットで調べて、駅近のおにぎりやさんに行ってみた。昔の家の玄関土間で食堂やってますというような懐かしい店だった。奥の畳の部屋からはその家の子どもの声がする。素朴なおにぎりと味噌汁と静岡おでんを2本チョイスして380円。


Img_3459


Img_3463


 お昼は会場に出展しているお店で「特大干し椎茸のステーキ重」。


Img_3477


 1日目の夜は、参加者の友人とそのお知り合いとで居酒屋に行った。地酒とお刺身と静岡おでんをいただいたが、地酒の何が美味しいか、いろいろ教えてもらったし、酔っ払っていただいたのにうろ覚え。いい加減なことは書けないないので、また修行します。

 2日目の朝は、駅ナカのお店でだし茶漬け。これも割とリーズナブル。
翌日のランチは昨日の隣の店でもつカレーを食べようと思ったけど、売り切れだった。というか、1時30分ごろだったのでほとんど何もなく、結局食べ損ねて適当にお菓子をつまむ。

2017年9月27日 (水)

第56回日本SF大会ドンブラコンLL(その3・企画以外)

 SF大会での毎年の動向として、まずディーラーズルームに出展している。昔はSFマンガも描いていたが、すっかりエッセイマンガしか描けない身体になってしまった。最近はカンブリア生物や深海生物の切り絵しおりに入れ込んでいて、「これのどこがSFやねん?」と、まわりのまっとうなファンジンに囲まれて申し訳ない思いがあるけれど、懐がひろいSFファンのおかげで、楽しい会話をさせていただいている。今年は『ギョギョっと深海魚』というタイトルの薄い新刊を出すことが出来た。
やっぱり静岡だし、沼津深海水族館もあるし、今年創らなくていつ創る?!と思ったが、この原稿を印刷所に出稿したとたん腰痛になった。あぁ。

Img_3449_2

Img_3474_5


 また毎年、何枚か『時刊新聞』に投稿をしている。『時刊新聞』も自主企画のひとつで、リソグラフを持ち込み、参加者から記事を募りながら、イベント期間中新聞を出し続ける耐久レースのような企画なのだ。ディーラーズのブースやホテルで描いては持ち込んでいる。ああ、それからシール企画にも参加した。参加グッズにシール帳がついていて。みんなでシール交換をするのだ。今年は新しいシールを創った。


Img_3479

Img_3451


 これ以外も、ディーラーズに居ると、隣で加藤直之さんがライブペインティングをしてるし、通路の向こうでサイン会が始まってるし、近くでヒゲキタさんの3Dシアターもやってるし、ゲストさんが通りかかるし、物販も近いし、いろいろと飽きない。とはいえ、今年は比較的まったりとした参加だった。

Img_3475


P8270042


 来年の第57回日本SF大会は、7月21日〜22日に水上温泉ホテル聚楽で開催される。なので「ジュラコン」。すでにホームページもできている。水上温泉は、1988年に武田さんが実行委員長だったときに第27回大会Mig−CONが開催された。その時のホテルは松乃井だったらしい。私は……どうやらその時は不参加だったような気がする

2017年9月26日 (火)

第56回日本SF大会ドンブラコンLL(その2・企画参加)

 毎回SF大会はパラレルワールドのように10個以上のプログラムが並行して進行している。グランシップはこのように、SF大会に占拠されている。1階の大ホール・中ホールは一般開放エリア、2階以上のフロアーは参加者のみ入場できる。

Img_3470

「SF古代生物の部屋」毎回、おたくな学芸員さんたちが自分たちの情熱をほとばしらせて語っている。今年は、ドンブラコンで静岡なので、海ものということで、須磨海浜水族園のヒーロー・キャンシャリアンを生み出した絵の達者なもと学芸員(だいたいフィールドワークとか観察をするので、絵の上手な人が多い)さんをゲストに立ち見が出るほどの賑わいだった。来年はその名も「ジュラコン」で、チラシは永野のりこさんの描く発掘少年なので「これは受けてたたねば」と主宰者は燃えている。
「日本SF図書館員協会 第17回総会」SF大会に紛れ込んでいる図書館関係者の密やかな総会。主宰者が「今年はゆっくり温泉に浸かりたい」とパスした年もあるけれど、もうすでに17回。毎年ネタを振りながら活動報告というようなものを順番にしゃべって行くだけだが、SF者なので、みんな見方がやや斜め。中身はオフレコ企画なのでSNSではナイショ。
「白井弓子×西島大介対談〜私はあきらめない〜」「ディエンビエンフー」で惚れ込んだ西島さんはSF大会には常連なので、きっと参加するだろうとふんでいた。デビュー前から知っていた白井弓子さんはコミティアの常連ではあるけれど、SF大会は今まで参加されていなかったと思う。が、日本SF大賞をとったからには、きっとSF大会には参加してくれるだろうなあと信じていた。すると、日本のSF大会よりもワールドコンに先に参加してしていた。すごいよ〜 というわけで、私の好きなおふたりをそろって拝見できるプログラムが企画された。このふたりの共通点は、どちらも雑誌「IKKI」に連載していて、途中から単行本書き下ろしに移った(「地下に潜った」という表現を使っていた)ということ。その時の編集さんも交えて、その当時の裏話などもお聞きした。その後、サイン会もあって、白井さんに『イワとニキの新婚旅行』(会場で購入しようと控えていた)にサインをいただいた。西島さんの本は、つい『ディエンビエンフー TRUE END』まで全部買ってしまっていて、当日持ってくるのも忘れた〜(>_<)
 ほか、今年はオープニングに続いて「星雲賞授賞式」があった。星雲賞は事前に発表されていたが、今年は珍しく海外長編部門の作者のピーター・トライアスさんが来日して、直接受賞式に参加した。なんせ、『ユナイティッド・ステイツ・オブ・ジャパン』の作者なので、喜んで来日してくれたのかなあと思ってしまった。
 閉会式では、暗黒星雲賞ほか各賞の受賞に沸き、キョーレツな個性の草野原々さんが星雲賞の日本短編部門につづいて、センス・オブ・ジェンダー賞、暗黒星雲賞のゲスト部門のトリプル受賞をした。「ジュラコン」告知の素晴らしい歌声は、池澤春菜さんが「才能の無駄遣い」と賞賛した。

2017年2月26日 (日)

「沼津港深海水族館」に行ってきた

 また、オモテ稼業の繁忙に押されて沈没してました。年末のネタがまだ残っているので、気分はまだ2016年……

 沼津に深海がテーマの水族館があるらしいというのは風の便りに知っていた。昨年のSF大会いせしまこん以降、次の大会は静岡だと聞いて、近くじゃん!と思って俄然行く気になって下調べをしていた。……う〜ん、静岡と品川の真ん中へんに沼津がある。それに、なんと年中無休で年末年始も開いている! これなら、冬コミに行く時に途中下車して行ってみようと決行した。
 新幹線で三島まで行って、そのあと在来線に乗り換えて沼津着。こだまは駅に着くたびに5分くらい停車するので、東京へ行くのと同じくらい時間がかかった。沼津駅からバスに乗って、沼津港のあたりに行くとそこだけ賑わっていた。どちらかというと地元の家族づれとか帰省客とかが車で来ているという感じ。「沼津港深海水族館」もそんなに大きくない施設なのに、入り口で並んでいた。昼前で少し早かったけど、先に昼食を食べることにする。水族館のある一画は「港八十三番地」という観光エリアになっていて、海鮮が主な店が集まっている。その中の「DONどこ丼」という店で、「深海魚せいろ蒸し」をいただく。こういう時、人数が多ければいろいろ頼んでシェアできるんだけど、一人じゃ残念ながら1品なんだよなあ。赤いのがカサゴ、いちばん小さいのはメヒカリ、それよりちょっと大きいのがメギス、大きい白いのはちょっと自信がないけどデンかな。あっさりと淡白。

Img_3028_2

Img_3026


 そのうち昼時で店の中はどんどん人が増えてきたので、水族館に向かう。入り口の行列はなくなっていたけれど、中は混んでいた。なんで、沼津で深海生物なのかというと沼津港のある駿河湾は日本で一番深い湾であり、水深2500メートルほどあるらしい。いわゆる深海というのは200メートル以上をさすので、沼津港には日常的に深海魚が水揚げされる。(禁漁期もあるのだが) そんな駿河湾の解説コーナーもあるけれど、水族館は「シーラカンス・ミュージアム」とサブタイトルがついているので察せられるように、シーラカンスが売りである。いや、生きているのは映像だけだけど、剥製が3体、冷凍が2体あって、日本の水族館ではここだけにしかないとのことだ。最近ちょっと有名になったダイオウグソクムシや、深海というより古代のキーワードで他の水族館にも展示されているオウムガイもいる。生きた深海生物もいろいろいたが、メンダコやリュウグウノツカイなど名前が売れていても映像や剥製やレプリカのものも多い。やはり水圧や光の関係か、飼育が難しいのも多いのだろう。でも、こんなテーマを絞った他に類を見ない水族館は面白い。
 そして、最後のお約束のスーベニールも楽しいものが多かった。いろいろ目移りしたが、ガイドブックとリュウグウノツカイのどでかクッション(ロングマフラーにも使える)とシーラカンスの茶こしを買ってきた。


Pc300184


Pc300183


2016年12月11日 (日)

最後の維新派「アマハラ」

 6月に主宰の松本雄吉さんが亡くなり、最終公演となる「アマハラ」が2016年10月14日(金)〜24日(月)に奈良・西大寺の平城宮跡で開催された。
 DMが届いて、先行予約に少し出遅れたら、土日がソールドアウトになっていた。平日の月曜日がいちばん休み安いので、月曜日に2回チケットをとった。そして、維新派で知り合った友人が土曜日に観に来るので、観劇しないけど屋台村に一度行った。合計、3回通ったことになる。チケットの1回は千秋楽。今回は、前売り券の完売がものすごく早かった。当日券も販売していたが、たくさんの人が並んでいた。遠くから来た人もいるし、公演中にでも屋台村に残っている人もいた。きっと、今まで何らかの形で維新派に関わった人たちが、今回はたくさん来訪していたのだろうなあ。
 松本雄吉さんが最後に選んだ舞台は素晴らしかった。広大な平城宮跡の中に現れた廃船をイメージした舞台。バックにはすすきの野原、背景には夕焼けから闇に沈んでいく生駒山。ライトアップされた大極殿や朱雀門が端に見えて、時折銀河鉄道のような近鉄電車が走る。「《彼》と旅する20世紀三部作」の「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」の改編といっても、新作に近い。その旅の行き着いた先がシルクロードの終点の奈良、そして維新派が幕を閉じる。その劇場に居るだけでも感慨深い。
 今回のパンフレットは読みどころがたくさんで、今公演に至るまでの経緯が詳細に記されていた。今公演が「松本雄吉を偲ぶ会」であるということだが、こんな素晴らしい舞台を作り上げた団員のみなさんに拍手を送りたい。雄吉さんがこうでありたかった表現、構図、セリフ、そして時代とともに流れていく名もない人々も物語……、何の違和感もなく、今までの維新派の舞台と比べても勝るとも劣らない。そして、今回は雄吉さんの守護のおかげか、上演中ずっと雨が降らなかった。(前後には降ったが)
 会場には、松本雄吉さんの遺影があって、メッセージを添えていろいろなものが供えられていた。あの猥雑で楽しい屋台村もこれで最後。アジア各地や、沖縄、ブラジルなどのメニューの屋台が並ぶ。モンゴルパンはずっと長蛇の列。ライブステージもあり、街頭紙芝居があり、夜にはサーカスもある。いつもより滞在する人数が多かったように見えたが、千秋楽はさらにたくさんの人が名残を惜しんでいた。
 ほぼ四半世紀、維新派といっしょに旅をした。再開発前の東京汐留の「少年街」、初めて犬島に行った「カンカラ」が特に印象的。南港にも何回通ったことか。雨に降られて、カッパを着て観劇したこともある。野外劇は行けなかった演目を数える方が早いくらいだ。年中行事がひとつがなくなってしまったようで、寂しさをおぼえる。今回が国内の維新派の最終公演だが、解散は今後の予定によって少し先になるかもしれないとのこと。その後、松本雄吉さんの追悼映画会があったり、「アマハラ」のDVDも後日発売されるようなので、しばらく様子を見守っていきたい。
 維新派のホームページはこちら

Img_2748
(会場に向かうときは明るい)


Img_2791
(帰る頃には闇に劇場が浮かび上がる)


Img_2792
(パンフレットと「松本雄吉追悼特集」の映画会のチラシ)


Img_2840
(屋台村でのサーカス)

より以前の記事一覧