2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

文化・芸術

2018年12月14日 (金)

バウルをめぐる物語

 「バウル」はインドの西ベンガルやバングラデシュの放浪の吟遊詩人たち。一弦琴エークターラーをつま弾き、小太鼓ドゥギを響かせ、足輪の鈴グングルを鳴らしながら、詩を詠い、舞う。
 時は半年ほど遡る。初めての出会いは、5月の「文学フリマ東京」で、『大いなる魂のうた −インド遊行の吟遊詩人 バウルの世界』(パルバティ・バウル著 「バウルの響き」制作実行委員会発行)という本を買った。その時、そのブースの人が「公演も予定している」と言っていて、本の奥付の下の方に予定が書かれていた。関西では1日だけ、6月2日(日)に京都の紫明会館の公演があった。(それは誤植で、6月3日(日)が正しい) 本書はパルバティ・バウルの著作をそのまま翻訳していて、日本人向けの解説もないので、やや読みにくい。しかし、バウルである著者は、シャンティニケタンの大学の画学生だったので挿絵も自分で描いていたりして、他に類を見ない面白い本だった。

Img_1008

 Twitterでフォローしていた恵文社一乗寺店にて、5月13日(日)に「はじめてのバウル−インド/バングラデシュの吟遊詩人バウルを知る・聞く・語る」というイベントがあることを知って行ってみた。その時、装丁家の矢萩多聞さんと対談していたのが、『大いなる魂のうた −インド遊行の吟遊詩人 バウルの世界』の翻訳者であり、パルバティ・バウルの弟子である佐藤友美さんだったのだ。そして、文学フリマ東京でブースにいたのが佐藤さんだったのだと、つながった。美しい歌声も少し披露してくださった。以前に一枚絵の物語を読み解きながら詠うポトゥアという西インドの放浪芸人の映像を観たことがあったが、それとはちょっと違うようだ。

Img_0254

 その中の話で、「パルバティ・バウル来日公演DVD製作プロジェクト」のクラウドファンディングの話もあったので、およばずながら強力した。めでたく6月7日に目標額に達して成立したようなので、DVDが楽しみである。
 そして、6月3日(日)に、もと立誠小学校負けず劣らずのレトロな紫明会館で、来日したパルバティ・バウルによる「バウルの響き」の公演を聴く。チラシには客席100名と書いているが、フラットな床に桟敷と椅子が置いているだけで、ステージととても近い。マイクを使わないナマの声とや弦の響きは心地よく、長い髪が舞うときに広がる姿はカッコいい。司会進行と翻訳は、お弟子さんの佐藤さんが行っていた。最後に「カメラショットタイムがある」と最初に言っていたが、「疲れたから」となくなってしまったのはちょっと残念。物販では、「バウルの響き」制作実行委員会の事務局長の井生(いおう)明さんのステキな写真集『バウルを育む黄金なる大地 〜インド、西ベンガル州の人と風土』もあったので、購入した。井生さんは、2014年12月に『南インドカルチャー見聞録』の出版記念イベント関西ツアーでお会いしたことがある。

Img_0320


Img_1010


Img_1009

 パルバティ・バウルは日本での公演を終えて、6月11日に帰国。クラウドファンディングも無事終了し、173人、2,244,000円の強力があったそうだ。DVDの完成が2019年春、配布が4月ぐらいだそうなので、楽しみに待ちたい。

2018年5月26日 (土)

講演会「70年万博からみんぱくへ」、展示「太陽の塔からみんぱくへ-70年万博収集資料」

 お気に入りの国立民族学博物館(みんぱく)が、1977年オープン以来、昨年2017年11月に40周年を迎えた。これを記念して、3月8日(火)から5月29日(火)まで、特別展「太陽の塔からみんぱくへ-70年万博収集資料」が開催されており、3月23日(金)に梅田のオーバルホールでみんぱく公開講演会「70年万博からみんぱくへ」があったので、行ってきた。
 公開講演会では、前半が𠮷田憲司館長の講演、後半が石毛直道もと館長ヤノベケンジさん、𠮷田館長のパネルディスカッションがあった。客席は480名と広いホールだが、まずまず満席で、けっこう平均年齢が高そうな客層だった。当時「日本万国博覧会世界民族資料調査州集団」(EXPO’70 Ethnoligical Mission)通称EMMに参加されてオセアニアを担当した石毛先生は80歳を過ぎてもご息災で、当時の様子もとてもよく覚えている。子どもの頃、万博公園の近くに住んでいたヤノベさんは、はじめは聞き役に回っていたけど、しゃべり出したらパワポを駆使してマシンガントークもできる面白い人だった。
 さて、これで予習もして、4月22日(日)に特別展に行った。特に予定を合わせたわけではないが、この日は30分ほどのウィークエンドサロンがあって、インド・中近東を担当された研究員のお話を聞けた。当時EMMのインド担当だった高山龍三先生がとっても緻密な人らしく、とても詳細旅程のメモを残している。まだご息災で直接相談や確認ができたらしい。石毛先生のお話にもあったが、世界各地に飛んだEMMメンバーはそれほど収集の手順を細かに指示されていたわけではないらしい。予算と日数の枠はあるが、各地の状況にあわせて担当者の裁量に任されていたようだ。今回の展示は収集品を観ること以外に、現在のように海外旅行が日常ではなかった時代に行われた知られざるEMMの活動の展示でもある。
 レストランでは特別展にちなんで、月替わりの東南アジア各地のアジアンカレーランチがあり、4月はミャンマー&マレーシアだった。


Img_0093


Img_0172


Img_0173


2018年4月28日 (土)

「未来への華押」京都精華大学アセンブリーアワー講演会

 毎年の年度末年度初のオモテ稼業の繁忙で2ヶ月ほど更新が止まってしまった。追いつけ追い越せで書き溜めよう。

 さて、遡ること2月17日、京都精華大に喜多郎さんがやってくる!というTwitterを発見して行ってきた。それも毎年恒例で行われている事前申込み不要のアセンブリーアワーの一環で開催されるようだ。折しも美術系大学の卒展のメッカ・京都市美術館はリニューアル工事の真っ最中で使えないので、2月14日から18日の期間は、大学構内で卒展も行われている。なので、行ってみると地べたにタイ焼きが寝転んでいたり、モアイが鎮座していたり、校舎内にも作品があちこちにあり、市美とはまたちょっと違った雰囲気だ。オマケにこの日は寒くて、時々ワイルドに雪が舞っていた。

Img_4316


Img_4318


Img_4328

 喜多郎さんといえば、やっぱりNHK「シルクロード」のテーマミュージックが私の原点。あれは1980年放映だったのね〜 そのような人が多いのか、学生以外の一般入場者はけっこう平均年齢高め。講義室が広いせいか、意外と混んでいない。
 講演会は3部構成になっている。
第1部 喜多郎と岡野弘幸による演奏(舞踏:入月絢)
第2部 喜多郎 音楽と宇宙映像の融合の試み「古事記と宇宙」ライブ演奏
第3部 トーク
 講演会のタイトル「未来への華押」は、竹宮惠子学長の命名とか。今回はお話よりも演奏の方がメインだったが、喜多郎さん1953年生まれというと御年64歳、岡野弘幸さんは1964年生まれというと53歳。二人とも素敵なおじさまで、第1部はなかなか味のあるセッションだった。喜多郎さんは、アメリカから帰ってきたばかりで、1部2部あわせて2時間近く演奏をするスタミナがあって、お話もサバサバと面白くて、いや〜元気だなあ。ここまで音楽を生きていく姿を若い人たちも受け取って未来に引き継いでほしい。演奏が終わると、第2部で映された映像の一部が校舎の壁面に映されていた。


Img_4329


Img_4331


2018年2月25日 (日)

「アラビアの道 –サウジアラビア王国の秘宝-」

 1月末の東京遠征は、生賴範義展」と「小松左京アート展」が目的だったが、それだけではもったいないので、その前後で行けそうなところをいくつかピックアップしていた。国立科学博物館は「古代アンデス文明展」「南方熊楠展」「地衣類展」と美味しそうな展示がゾロゾロやっているのだが、いかんせん2時間ぐらいではもったいなさ過ぎる。ということで、その隣の東京国立博物館で1月23日〜3月18日に開催されている「アラビアの道 –サウジアラビア王国の秘宝-」に行ってみた。
 隣の科博は2年に1回ぐらいは行ってるけど、東博に行くのは実は30年ぶりくらい? 自分の美術館・博物館巡りの偏向が露呈する。「アラビアの道」は常設料金で見ることができるうえ、会場の表慶館はイベントがある以外は開いていないので、建物も興味シンシン。行ってみると、入り口横にアラビア遊牧民風のテントがあって、アラビア語学校の人がコーヒーを振る舞ってくれていた。アラビアコーヒーは薄めでスパイスが効いている。
 重要文化財でもある表慶館のクラシカルな雰囲気の中に、サウジアラビアの砂漠の風景が広がる。展示品はイスラーム色が出る前の古代とイスラーム文化に二分される。いろいろな文字で書かれている墓碑や記念碑も読めないけど面白い。ここら辺の地域は世情によってなかなか訪れることができないので、こういう機会にゆっくり堪能できて、うれしい。図録も購入したが、やたら分厚くて詳しい。


Img_4225


Img_4228


Img_4229


Img_4241


Img_4238


2018年2月24日 (土)

「生賴範義展」と「小松左京アート展」

 東京で行きたいアートイベントが2つ重なる期間に運良く2連休を確保できたので、1月末頃に思い立って遠征することにした。今回は1人なので、宿も足も出発の1週間を切ってでも確保ができた。さて、その2つのメインの目的は下記の展示会だ。
「生賴(おおらい)範義 THE ILLUSTRATOR 展」
    上野の森美術館 1月6日(土)〜2月4日(日)
「小松左京アート展 –小松左京遺稿画とトリビュートアート−」
    銀座 スパンアートギャラリー  1月13日(土)〜28日(日)
 そのうち「生賴範義展」は、2016年4月16日から5月29日まで明石市立文化博物館「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR ―スター・ウォーズ、ゴジラを描いた巨匠の軌跡―」(サブタイトルがついている)として開催されたとき行った。
 内容はどれだけ違うのかなあとはじめは逡巡していたのだが、ベガ像があるというし、初出展のマクロス画があったりするので、行ってみることにした。行ってみると、すごく賑わっていた。土曜日だったので、さもありなんとは思うが、明石では日曜日でも閑散としていたので、さすが東京だ! 写真OKのエリアも多いが、ともすれば人が入ってしまうので、なかなか撮影が難しい。生賴さんの絵は、ゴジラとか「SFアドベンチャー」の表紙とか、とても写実的に見えても絵に近づいてみると勢いのある筆の跡がはっきりわかる絵もあるし、ゴルフ雑誌の表紙とかHOPEのポスターとか「本当に写真みたい」というのもある。モノクロの点描もすごい。本当にたくさんの仕事をしていたんだ。
 スーベニールは混雑しすぎてほとんど何も見ることができなかった。その奥のカフェはレジの列にならんでいて、「そこにカフェがあったのか」と発見するような状況だった。これ、なんとかしてほしかった。って、いつもこんなに混雑しないのか? 図録は明石の時に購入していたのだが、タイトルは同じで表紙のイラストが違う。HP http://ohrai.net/index.htmlをみるだけでは、改訂されているのかよくわからないので、ISBNを控えてその場で確認すると、今回もISBNは同じ、2刷になっていたが2版とか改訂版とかではなかったので、中身は同じだと判断した。明石では見かけなかった「拾遺集」を購入した。

Img_4247


Img_4251


Img_4199


 翌日、午前中に「小松左京アート展 –小松左京遺稿画とトリビュートアート−」に行く。有楽町の小さなギャラリーで開催されていて、その日が最終日だったせいか、混んではいないが絶え間なくお客がやってくる。22人のイラストレーターやマンガ家が小松左京さんの作品に着想を得た作品を展示して。その複製やグッズを販売している。加藤直之さんの茶筒や茶筅、唐沢なをきさんの木版画、ヘンです。また、左京さんがマンガを描いていた頃の作品も展示されていた。図録もあったが発行日は1月25日、入稿が遅くなり、発行が遅くなってしまったらしい。

Img_4263


Img_4258


2018年2月22日 (木)

「Ghost」展と「文学フリマ京都」

 やっと話題が年を越す。
 昨年、体調不良で行けなかった「文学フリマ京都」が、今年も同じ時期、1月21日(日)に京都市勧業館みやこめっせで開催された。折良く、向かいのロームシアター京都で1月14日から、「文化庁メディア芸術祭 京都展Ghost」も開催されているので、ハシゴすることにした。他にもみやこめっせでは鉄道古書市、岡崎公園ではフリーマーケットなどこの週末はいろいろ賑やかに催しが重なっている。文学フリマに行くと荷物が増えそうなので、先に「Ghost」に行ってみる。17作品の展示があるのだが、インスタレーションやパフォーマンス、映像といろいろ不思議なものばかり。しかもタダ。なのに……空いていた。もったいない。一見チラシをみてもどんな展示かわかりにくいのか、万人が知るような著名な人がいるわけではないせいなのか。それに、1月14日〜2月4日までの開催だが、生きた人間のパフォーマンスの『身体のない《演劇》の空間』は1月25日まで、ミュージックサロンの映像の4作品も1月21日までと後になるとずいぶん作品が減ってしまう。要注意。

Img_4201

 午後から「文学フリマ京都」に行く。ふだんのマンガ関係の同人誌即売会とはちょっとちがう出展サークルも多くて、「これが一期一会かも」と思うとつい散財してしまった。即売会でもよくお会いする旅行サークルの阿素湖素子さんのところで、山本真理子さんの短編物語『沖縄の北斗七星』を購入。山本真理子さんは、絵本の『ほたる』や児童書『広島の母たち』の作者で、オモテ稼業では知っていたのだけれど、なんと!ビックリ!阿素湖さんのお母様だった! こんなところでつながっていたなんて! だいぶご高齢だけど、ご息災で、この本は阿素湖さんが本にまとめて自費出版したものなのだ。また、その阿素湖さんのスペースの前で、マンガ家の鳥図明児(ととあける)さんとちょっとだけ遭遇。『虹神殿』がいちばん有名かと思うけど、私は新書館の「あなたのファンタジー」の頃から知っている。インドで出版したゴアの古民家を緻密に描写した画集を出展してるとのことで、後刻サークルスペースをお訪ねして、ゲット! 北インドの宮殿やラジャスターンの貴族の館ハヴェリとは違う南国の雰囲気がある。会場ではカレーやコーヒーの飲食ブースもあり、ランチは済ませていたので、クロワッサン鯛焼きと丁寧に淹れてくれたネルドリップの珈琲をいただいた。

Img_4213


Img_4218


Img_4219


Img_4215


2018年1月30日 (火)

宝塚歌劇と『ポーの一族』

 最近すっかり備忘録となっているこのblog。「それはいけない」とちょっと順番を入れ替えて、最近のネタの中で、ぜひ書いておきたいものを先に記しておきたい。

 『ポーの一族』の40年ぶりの新作が掲載された雑誌「flowers」の2016年7月号が異例の重版とか、『ポーの一族 春の夢』のコミックスの発売とか、「萩尾望都SF原画展」の全国巡回とか、最近望都さまの話題がつきないが、ついに『ポーの一族』が宝塚歌劇の舞台になった。
 「どんなもんだかなあ……」とはじめは様子見だったが、広報のビジュアルが出たらけっこう話題になっていて、「ちょっと観てみたい」という気になってしまった。しかし、一般チケットの発売日から1週間ほど遅れてしまったら、ネットの方ではすべてソールドアウト! すっかり諦めていたら、友人が劇場窓口に問い合わせてくれて、2階席の後ろから2番目だったが、席をとってくれた。ありがとう! 聞けば、もともとのヅカファンと原作ファンとの相乗効果もあり、主役が人気急上昇中のスターさんでもあり、大変な人気なんだとか。
 宝塚は30年前ぐらいか、ずいぶん前一度観に行ったことがあるが、久しぶりに行くと様子を全く覚えていなかった。その間、震災もあり、建物も建て代わり、景色もずいぶん変わったんだろうとは思う。しかし、平日にかかわらず、なんだ?!この人出は! それも年齢層は幅広いがほとんど女性! 駅前から劇場のレストランや売店まで大賑わい。宝塚大劇場は2500人ほど入るらしいが、ものすごい経済効果だなあ。
 上演は休憩30分を挟んで3時間だった。原作は原作、宝塚は宝塚でよかったですよ〜 スターさんの美々しさもあるのだろうが、小池修一郎さんの脚本・演出が良いのだろう。パンフレットに「宝塚化とは、70人を超える出演者に役を与えることであり、フィナーレを含め2時間30分に収めること」と書かれている。その上で、宝塚のスター・システムで役を配して、1枚の舞台で場面転換をするとなると、脚本も演出もけっこう制約が多い。原作の改変部分は、それを考えると「なるほど」と納得するものばかりだった。ポーツネル男爵の住まいは岬の一軒家ではなく、ホテルになっている。他にもシーラが一族に加わる儀式(婚約式)や、エドガーが目覚めて始めて少女を襲うシーン(市場)とかも状況を変更して登場人物を増やしている。原作にはない降霊術イベントも、そのひとつかもしれないし、『ホームズの帽子』のオマージュとも思えるし、ストーリーの伏線になるセリフも含まれているが、これはちょっと違和感を覚える。
 また、ストーリーは『ポーの一族』をメインに『メリーベルと銀のばら』の前半を加え(後半のユーシスの絡む話はすっとばかす)、狂言回しの伝説探索の4人によって、前後の短編ストーリーの部分を補完しているという、厳しい時間制限の中、なかなか凝った欲張りな内容だった。原作ファンなら舞台にあわせて原作のシーンが頭に巡ってしまうのだが、登場人物がけっこう多いので原作を知らない人は把握できただろうか? そして小池さんは、エドガーが一族に加わる場面で「一族を導く者に」か「大老ポーの後継者に」といったセリフを加えている。『ポーの一族 春の夢』の影響? 『ポーの一族』の頃は、そんなに一族の跡継ぎという考え方はオモテに出てきて無かったかと思うのだが。 
 あと、ちょっと残念だったのはバンパネラがチリになるところ。老ハンナはそれらしく消えたが、メリーベルと男爵(死に方変更)が銀の玉を撃たれ、シーラ夫人が力尽きてしまうところは、死んだら舞台後ろに連れ去られただけだった。
 そうはいっても、原作ファンにとっても満足し、いろいろ語りたい舞台だった。気のせいか、夏に梅田芸術劇場で観た時より、客席の宝塚の法則(スターさんが出てきたら、息をあわせて拍手や手拍子をするなどのお約束な一体感)はそれほどキョーレツには感じられなかった。原作ファンで、宝塚歌劇だからとそんなにのめり込んでいない人も多かったのかも。
 そして、自分的お土産は、パンフレットと薔薇の香りの紅茶。紅茶はメイド・イン・ルピシアで、望都さまのイラスト入りの缶に入っている。
 この宝塚大劇場での花組公演は、1月1日〜2月5日でもうすぐ終了するが、次に東京宝塚劇場での公演が2月16日〜3月25日に控えている。雑誌「flowers」の3月号には望都さまと演出の小池さん、花組トップの明日海りおさんのゴージャス鼎談も掲載されているし、タイトルとかはまだだけど原作の新シリーズももうすぐ始まる。まだまだ話題を振りまいてくれそうな望都さまだ。

Img_4185_2


Img_4188_2


Img_4189_2


Img_4194_2


Img_4198_2


2018年1月 6日 (土)

「学園前アートフェスタ2017 メメント・森」

 1月になってしまいましたが、まだ昨年のネタが残っているので、しばらくおつきあいください。

 近鉄の学園前駅って降りたことないなあ。住んでいる人は何人か知っている。住宅地だと思っていた。そこで、11月4日(土)〜11日(土)「学園前アートフェスタ」というのをやっていると、アート好きの友人から聞いたので、行ってみた。駅を降りてみると、けっこう大きな駅で、駅前にショッピングセンターや大学もある。しかし、イベントエリアの方向に歩いて行くと、ホントに住宅街(しかし豪邸)で店舗とかはなにも無い。日曜日に行ったのに、参加者がほどほどで、静かで落ち着いている。ふだんはもっと静かなんだろうなあ。
 知らなかったが、このイベントは2015年から開催されていて、今年で3年目だという。今年のテーマは「メメント・森」。再生する命のシンボルである森をテーマに11組のアーティストが作品を出展している。こういうイベントは作品だけでなく、そのエリアや会場となる建物もふだん入れないようなところもあり、興味深い。展示番している人も、ご近所の人のようで、あまりイベント慣れしていなさそう。数は少ないは面白い作品がある。浅沼記念館にあった新野洋さんの魚竜の骨っぽい流木とか、田所尚美さんのベランダに散らばる陶作品とか、川﨑仁美さんの植物が群れる茶室のアートとか。期間限定の前部家住宅のブックカフェでちょっと休憩していると、となりの大和文華館文華ホールでギャラリートークがあるとスタッフの人が声をかけに来てくれた。大和文華館文華ホールは、建物も大正風でおしゃれ。大きなキノコのような木彫の作品を展示している原田要さんのお話を聞いた。
 無理なく、力を抜いて回れるイベントだった。

Img_3988


Img_3991


Img_3993


Img_3994


Img_3990


2017年11月25日 (土)

児玉幸子展覧会「眩惑について」

 10月6日(金)〜11月26日(日)に寺町二条の清課堂という錫器・銀器・各種金属工芸品の専門店のギャラリーで開催されている児玉幸子さんの「眩惑について」に行ってきた。メルマガで流れてきて、「これは私好み!」とピンときた私のカンは正しかった! 
 流体金属の「磁性流体」がコンピュータ制御の電磁石によって、活きているように形を変えていく様は、じっと見ていて飽きない。照明の具合や水の反射も絶妙。ギャラリーといっても和風で、お蔵の中とか、居間の床の間に据えられてたり、囲炉裏風の作品もある。その独特の動きは写真じゃわからないよなあ。まるで、バビル2世のロデムか、ハガレンの錬金術。清課堂のホームページに動画があるので、その雰囲気の一部をどうぞ。
 初日に「日本的感性とメディアートの融合」と題したトーク&ワークショップがあるというので、たまたま休みだったのを幸いに思い立って行ってきた。けっこうな大雨だったせいか、関係者を含めて10名足らず。もったいない。作者の児玉幸子さんと清課堂のご主人とのお話を聞いて、おはぎぐらいの小さな作品を手に持たせていただいた。児玉さんは関東在住で、このような和風空間で作品展を行うのは初めてとのことだった。

Img_3779


Img_3784


Img_3788


Img_3793


2017年11月21日 (火)

「地獄絵ワンダーランド」とプレミアムナイト企画

 いつもマジメな仏教系展示が多い「龍谷ミュージアム」。でも、今回はちょっとヘン。
「地獄絵ワンダーランド」(会期9月23日〜11月12日)のあおり文句は、「地獄のオールスターズ勢揃い!!」。そして、せっかくなので、10月9日(月・祝)のプレミアムナイト企画「地獄絵 絵解き+音解き+美解き –今夜は地獄へ行かナイト−」に併せて参加してきた。
プレミアムナイト企画は3部に分かれていて
1st 「地獄絵 絵解き」として、関学の西山克先生のお話
2St 「地獄絵 音解き」として、ファンファーレ・ロマンギャルドによる「組曲六道」の影絵付き演奏
3st 「地獄絵 美解き」として、「地獄絵ワンダーランド」の特別の夜間の学芸員の解説付き鑑賞。
というプログラムだ。
それも、1stと2stは、ふだんは入ることが出来ない龍谷大学大宮学舎本館講堂で開催された。重要文化財で、階段もギシギシとなるが磨かれた木の質感が麗しいクラシックなとてもステキな建物だ。
そこで、地獄曼荼羅の絵の意味をわかりやすく教えてもらい、影絵と音楽でムードを盛り上げて、ツノをつけている獄卒(学芸員)に案内され、東本願寺の中をショートカットで通って、照明もまぶしい展示会場へGO! 通常は17時までの開館だが、この企画だけに夜間開館をしているのだ。展示を回るのはちょっと忙しかったが、ここもツノをつけた学芸員さんが滑舌よく説明してくれる。そして、しっかりスーベニールも開いていた。参加費2000円だが、十分満足できる盛りだくさんな内容だった。

Img_3851


Img_3839

Img_3844


Img_3849


Img_3848_2


より以前の記事一覧