文化・芸術

2018年2月25日 (日)

「アラビアの道 –サウジアラビア王国の秘宝-」

 1月末の東京遠征は、生賴範義展」と「小松左京アート展」が目的だったが、それだけではもったいないので、その前後で行けそうなところをいくつかピックアップしていた。国立科学博物館は「古代アンデス文明展」「南方熊楠展」「地衣類展」と美味しそうな展示がゾロゾロやっているのだが、いかんせん2時間ぐらいではもったいなさ過ぎる。ということで、その隣の東京国立博物館で1月23日〜3月18日に開催されている「アラビアの道 –サウジアラビア王国の秘宝-」に行ってみた。
 隣の科博は2年に1回ぐらいは行ってるけど、東博に行くのは実は30年ぶりくらい? 自分の美術館・博物館巡りの偏向が露呈する。「アラビアの道」は常設料金で見ることができるうえ、会場の表慶館はイベントがある以外は開いていないので、建物も興味シンシン。行ってみると、入り口横にアラビア遊牧民風のテントがあって、アラビア語学校の人がコーヒーを振る舞ってくれていた。アラビアコーヒーは薄めでスパイスが効いている。
 重要文化財でもある表慶館のクラシカルな雰囲気の中に、サウジアラビアの砂漠の風景が広がる。展示品はイスラーム色が出る前の古代とイスラーム文化に二分される。いろいろな文字で書かれている墓碑や記念碑も読めないけど面白い。ここら辺の地域は世情によってなかなか訪れることができないので、こういう機会にゆっくり堪能できて、うれしい。図録も購入したが、やたら分厚くて詳しい。


Img_4225


Img_4228


Img_4229


Img_4241


Img_4238


2018年2月24日 (土)

「生賴範義展」と「小松左京アート展」

 東京で行きたいアートイベントが2つ重なる期間に運良く2連休を確保できたので、1月末頃に思い立って遠征することにした。今回は1人なので、宿も足も出発の1週間を切ってでも確保ができた。さて、その2つのメインの目的は下記の展示会だ。
「生賴(おおらい)範義 THE ILLUSTRATOR 展」
    上野の森美術館 1月6日(土)〜2月4日(日)
「小松左京アート展 –小松左京遺稿画とトリビュートアート−」
    銀座 スパンアートギャラリー  1月13日(土)〜28日(日)
 そのうち「生賴範義展」は、2016年4月16日から5月29日まで明石市立文化博物館「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR ―スター・ウォーズ、ゴジラを描いた巨匠の軌跡―」(サブタイトルがついている)として開催されたとき行った。
 内容はどれだけ違うのかなあとはじめは逡巡していたのだが、ベガ像があるというし、初出展のマクロス画があったりするので、行ってみることにした。行ってみると、すごく賑わっていた。土曜日だったので、さもありなんとは思うが、明石では日曜日でも閑散としていたので、さすが東京だ! 写真OKのエリアも多いが、ともすれば人が入ってしまうので、なかなか撮影が難しい。生賴さんの絵は、ゴジラとか「SFアドベンチャー」の表紙とか、とても写実的に見えても絵に近づいてみると勢いのある筆の跡がはっきりわかる絵もあるし、ゴルフ雑誌の表紙とかHOPEのポスターとか「本当に写真みたい」というのもある。モノクロの点描もすごい。本当にたくさんの仕事をしていたんだ。
 スーベニールは混雑しすぎてほとんど何も見ることができなかった。その奥のカフェはレジの列にならんでいて、「そこにカフェがあったのか」と発見するような状況だった。これ、なんとかしてほしかった。って、いつもこんなに混雑しないのか? 図録は明石の時に購入していたのだが、タイトルは同じで表紙のイラストが違う。HP http://ohrai.net/index.htmlをみるだけでは、改訂されているのかよくわからないので、ISBNを控えてその場で確認すると、今回もISBNは同じ、2刷になっていたが2版とか改訂版とかではなかったので、中身は同じだと判断した。明石では見かけなかった「拾遺集」を購入した。

Img_4247


Img_4251


Img_4199


 翌日、午前中に「小松左京アート展 –小松左京遺稿画とトリビュートアート−」に行く。有楽町の小さなギャラリーで開催されていて、その日が最終日だったせいか、混んではいないが絶え間なくお客がやってくる。22人のイラストレーターやマンガ家が小松左京さんの作品に着想を得た作品を展示して。その複製やグッズを販売している。加藤直之さんの茶筒や茶筅、唐沢なをきさんの木版画、ヘンです。また、左京さんがマンガを描いていた頃の作品も展示されていた。図録もあったが発行日は1月25日、入稿が遅くなり、発行が遅くなってしまったらしい。

Img_4263


Img_4258


2018年2月22日 (木)

「Ghost」展と「文学フリマ京都」

 やっと話題が年を越す。
 昨年、体調不良で行けなかった「文学フリマ京都」が、今年も同じ時期、1月21日(日)に京都市勧業館みやこめっせで開催された。折良く、向かいのロームシアター京都で1月14日から、「文化庁メディア芸術祭 京都展Ghost」も開催されているので、ハシゴすることにした。他にもみやこめっせでは鉄道古書市、岡崎公園ではフリーマーケットなどこの週末はいろいろ賑やかに催しが重なっている。文学フリマに行くと荷物が増えそうなので、先に「Ghost」に行ってみる。17作品の展示があるのだが、インスタレーションやパフォーマンス、映像といろいろ不思議なものばかり。しかもタダ。なのに……空いていた。もったいない。一見チラシをみてもどんな展示かわかりにくいのか、万人が知るような著名な人がいるわけではないせいなのか。それに、1月14日〜2月4日までの開催だが、生きた人間のパフォーマンスの『身体のない《演劇》の空間』は1月25日まで、ミュージックサロンの映像の4作品も1月21日までと後になるとずいぶん作品が減ってしまう。要注意。

Img_4201

 午後から「文学フリマ京都」に行く。ふだんのマンガ関係の同人誌即売会とはちょっとちがう出展サークルも多くて、「これが一期一会かも」と思うとつい散財してしまった。即売会でもよくお会いする旅行サークルの阿素湖素子さんのところで、山本真理子さんの短編物語『沖縄の北斗七星』を購入。山本真理子さんは、絵本の『ほたる』や児童書『広島の母たち』の作者で、オモテ稼業では知っていたのだけれど、なんと!ビックリ!阿素湖さんのお母様だった! こんなところでつながっていたなんて! だいぶご高齢だけど、ご息災で、この本は阿素湖さんが本にまとめて自費出版したものなのだ。また、その阿素湖さんのスペースの前で、マンガ家の鳥図明児(ととあける)さんとちょっとだけ遭遇。『虹神殿』がいちばん有名かと思うけど、私は新書館の「あなたのファンタジー」の頃から知っている。インドで出版したゴアの古民家を緻密に描写した画集を出展してるとのことで、後刻サークルスペースをお訪ねして、ゲット! 北インドの宮殿やラジャスターンの貴族の館ハヴェリとは違う南国の雰囲気がある。会場ではカレーやコーヒーの飲食ブースもあり、ランチは済ませていたので、クロワッサン鯛焼きと丁寧に淹れてくれたネルドリップの珈琲をいただいた。

Img_4213


Img_4218


Img_4219


Img_4215


2018年1月 6日 (土)

「学園前アートフェスタ2017 メメント・森」

 1月になってしまいましたが、まだ昨年のネタが残っているので、しばらくおつきあいください。

 近鉄の学園前駅って降りたことないなあ。住んでいる人は何人か知っている。住宅地だと思っていた。そこで、11月4日(土)〜11日(土)「学園前アートフェスタ」というのをやっていると、アート好きの友人から聞いたので、行ってみた。駅を降りてみると、けっこう大きな駅で、駅前にショッピングセンターや大学もある。しかし、イベントエリアの方向に歩いて行くと、ホントに住宅街(しかし豪邸)で店舗とかはなにも無い。日曜日に行ったのに、参加者がほどほどで、静かで落ち着いている。ふだんはもっと静かなんだろうなあ。
 知らなかったが、このイベントは2015年から開催されていて、今年で3年目だという。今年のテーマは「メメント・森」。再生する命のシンボルである森をテーマに11組のアーティストが作品を出展している。こういうイベントは作品だけでなく、そのエリアや会場となる建物もふだん入れないようなところもあり、興味深い。展示番している人も、ご近所の人のようで、あまりイベント慣れしていなさそう。数は少ないは面白い作品がある。浅沼記念館にあった新野洋さんの魚竜の骨っぽい流木とか、田所尚美さんのベランダに散らばる陶作品とか、川﨑仁美さんの植物が群れる茶室のアートとか。期間限定の前部家住宅のブックカフェでちょっと休憩していると、となりの大和文華館文華ホールでギャラリートークがあるとスタッフの人が声をかけに来てくれた。大和文華館文華ホールは、建物も大正風でおしゃれ。大きなキノコのような木彫の作品を展示している原田要さんのお話を聞いた。
 無理なく、力を抜いて回れるイベントだった。

Img_3988


Img_3991


Img_3993


Img_3994


Img_3990


2017年11月25日 (土)

児玉幸子展覧会「眩惑について」

 10月6日(金)〜11月26日(日)に寺町二条の清課堂という錫器・銀器・各種金属工芸品の専門店のギャラリーで開催されている児玉幸子さんの「眩惑について」に行ってきた。メルマガで流れてきて、「これは私好み!」とピンときた私のカンは正しかった! 
 流体金属の「磁性流体」がコンピュータ制御の電磁石によって、活きているように形を変えていく様は、じっと見ていて飽きない。照明の具合や水の反射も絶妙。ギャラリーといっても和風で、お蔵の中とか、居間の床の間に据えられてたり、囲炉裏風の作品もある。その独特の動きは写真じゃわからないよなあ。まるで、バビル2世のロデムか、ハガレンの錬金術。清課堂のホームページに動画があるので、その雰囲気の一部をどうぞ。
 初日に「日本的感性とメディアートの融合」と題したトーク&ワークショップがあるというので、たまたま休みだったのを幸いに思い立って行ってきた。けっこうな大雨だったせいか、関係者を含めて10名足らず。もったいない。作者の児玉幸子さんと清課堂のご主人とのお話を聞いて、おはぎぐらいの小さな作品を手に持たせていただいた。児玉さんは関東在住で、このような和風空間で作品展を行うのは初めてとのことだった。

Img_3779


Img_3784


Img_3788


Img_3793


2017年11月21日 (火)

「地獄絵ワンダーランド」とプレミアムナイト企画

 いつもマジメな仏教系展示が多い「龍谷ミュージアム」。でも、今回はちょっとヘン。
「地獄絵ワンダーランド」(会期9月23日〜11月12日)のあおり文句は、「地獄のオールスターズ勢揃い!!」。そして、せっかくなので、10月9日(月・祝)のプレミアムナイト企画「地獄絵 絵解き+音解き+美解き –今夜は地獄へ行かナイト−」に併せて参加してきた。
プレミアムナイト企画は3部に分かれていて
1st 「地獄絵 絵解き」として、関学の西山克先生のお話
2St 「地獄絵 音解き」として、ファンファーレ・ロマンギャルドによる「組曲六道」の影絵付き演奏
3st 「地獄絵 美解き」として、「地獄絵ワンダーランド」の特別の夜間の学芸員の解説付き鑑賞。
というプログラムだ。
それも、1stと2stは、ふだんは入ることが出来ない龍谷大学大宮学舎本館講堂で開催された。重要文化財で、階段もギシギシとなるが磨かれた木の質感が麗しいクラシックなとてもステキな建物だ。
そこで、地獄曼荼羅の絵の意味をわかりやすく教えてもらい、影絵と音楽でムードを盛り上げて、ツノをつけている獄卒(学芸員)に案内され、東本願寺の中をショートカットで通って、照明もまぶしい展示会場へGO! 通常は17時までの開館だが、この企画だけに夜間開館をしているのだ。展示を回るのはちょっと忙しかったが、ここもツノをつけた学芸員さんが滑舌よく説明してくれる。そして、しっかりスーベニールも開いていた。参加費2000円だが、十分満足できる盛りだくさんな内容だった。

Img_3851


Img_3839

Img_3844


Img_3849


Img_3848_2


2017年11月19日 (日)

残念!「日輪の翼」京都公演は中止

 昨年、高松と大阪で観たやなぎみわさんの野外演劇「日輪の翼」。
その時、「来年も予定がある」と終わりのコメントで言っていたが、9月14日(木)〜17日(日)の京都の公演が発表された。それも、河原町十条のタイムズ鴨川西ランプ特設というと、「ああ、あの高速の降り口ね」と場所の当たりもついた。実は我が家からは比較的近くて行きやすい。でも、18時開演なので、休日でないとムリなので、オモテ稼業のシフトが決まってから、16日(土)のチケットをとった。
 ああ! それなのに、台風5号め〜〜〜 おかげで、16日、17日の公演は中止になっちゃったじゃない〜! 野外劇の宿命とはいえ、4日のうち、2日がダメになって、とても残念。これに懲りずに、またどこかの空の下で公演があることを楽しみにしている。

Img_4022


2017年11月18日 (土)

「萩尾望都SF原画展」in神戸ゆかりの美術館

 10月に「やっとblogの記事が追いついた〜(いろいろ端折ったが)」と思ったら、油断して1ヶ月過ぎる間に次々とイベントの展示会が終わってしまった。ガクッ…… 気を取り直して、書いていこう。夏の終わりの腰痛から用心して、秋は遠出をしないで、近場をウロウロすることにした。さて、秋のいちばんの楽しみといったら……

 9月9日(土)〜11月5日(日)に神戸ゆかりの美術館で開催された「萩尾望都SF原画展」! 望都サマ、ついに関西にご降臨! 思えば2011年の原画展も関西には来なかったので、福岡まで観に行った。ああ、今読み返してみると、3月11日の東日本大震災が起こる5日前だったんだ。
今回のSF原画展も2016年に吉祥寺で開催されたときは、「全国巡回の予定はない」とのことだったので、GWに観に行った。その後、全国巡回が決定。2017年7月の新潟を皮切りに、次が神戸、現在静岡で開催されている。(その次に北九州に行くようだ。)
 さて、今回の神戸ゆかりの美術館、初日には関連イベントで「対談萩尾望都×森見登美彦」のイベントがあって、応募したけれどあえなく撃沈。それなら展示を観に行く日は、混雑していたらいやだなあと思って、平日に行ける日を選んだ。でも、月曜日は休館、やっと10月の下旬に来訪することができた。今回は吉祥寺より広い! そして、空いてる! 広い会場に2〜30人? 原画にかぶりつきで観られる。いや、空いてるのはありがたいんだけど、平日にこんなに空いてていいのか? もったいない。写真スポットもバージョンアップ、原画も増えている。『百億の昼と千億の夜』のネーム、東日本大震災以後の『なのはな』や放射性物質3部作の原画はなかったよね。ただ、複製原画で水増ししてるところもあるのがちょっと残念。(でも、思わず読んでしまうんだけど)
今回の原画展の公式サイトはこちら

Img_3885


Img_3890


2017年10月19日 (木)

宝塚歌劇版「オーム・シャンティ・オーム」

 超エンターテイメントなマサラムービー「オーム・シャンティ・オーム」が宝塚歌劇になった。7月22日〜8月7日に梅田芸術劇場メインホールで、星組の上演があった。もともと歌も踊りも満載なインド映画なので、親和性はあると思うのだが、映画では主人公が前世で殺されるし、30年の時の流れをどう説明するのか、有名どころの役者がカメオ出演したり、インド映画をいろいろ知っていたらクスリとうれしいシーンをちらつかせたりというところはどうするんだろう?やっぱり一度は観ておかないと。というわけで、8月3日(木)に行ってきた。宝塚歌劇は30年ほど前に一度行ったことはあるけど、チョー久しぶり。舞台も客層もすっかり宝塚だった。スターさんが出てきたら、息をあわせて拍手や手拍子をするなどのファンの統一感がすごい。いや〜、すごいなあ。なんとなく主人公の男役紅ゆずるさんより、悪役の男役七海ひろきさんのほうが人気? 音楽ナンバーは原作にあるものもあるが、宝塚独自ものも加えていた。歌詞はヒンディー語から日本語に変えていた。登場人物の人数も整理され、インド映画要素の仕込みは無視されわかりやすいストーリーになっていた。この日は、上演後に七海ひろきさんとそのボディガード役2人のトークイベントもあった。

Img_3436


2017年10月18日 (水)

7回目の「GEAR-ギア-」はバースディ月に

 この10月6日に通算2000回の公演を数えたノンバーバルパフォーマンス「GEAR-ギア-」。私はVer.1から各Ver.を2回ずつ、現在のVer.4で7回目の観劇をした。
Ver.1を初めて見に行った記事がこれ。2012年だったんだ〜、しみじみ。
その後、毎回記事にしているわけではないが、2013年にはVer.2
Ver.3との合間に、以前のトライアウト公演の上映会があった。「ギアシネマVol.1」

2013年の後半にVer.3になった。Ver.3は結構長くて、小数点以下のつくマイナーチェンジが何度か行われた。
2014年5月にお誕生日プランを目当てにVer.3.7に行ってきた。
2015年に「ギアシネマ Vol.2」があった。

 この5月28日、京都国際マンガミュージアムへの行きがけに、三条の「GEAR-ギア-」の会場前を通ったので、当日券がないか聞いてみた。友人が観たいといっていたので、友人と来る時はちゃんといい席をとるとして、今日は一番安いサイドエリアを確保。誕生月特典ギリギリセーフ!
 前回より3年ぶりだが、この間に外国人に口コミで有名になって、なかなか席が取りにくいスポットになった。いろいろ座席のシステムも変わった。マジックパートの新子景視さんはあちこちのTV番組に登場してる。いや〜、こんなに続いて、こんなにメジャーになるとは思わなかった。(ごめん)でも、うれしいよ。基本のストーリーは変わらないが、演出が少し変わっていて、上演時間が10分長くなっていた。そしてプロジェクションマッピングはさらに鮮やかになっていた。リピーターは、この変化を観ていくのが楽しみなのかな。お誕生日プランも以前と変わっていて、特典映像とバースデー割引チケットではなく、1000円のギアオリジナルグッズ購入券や限定バースデーカード、次回に使える500円引きディスカウントチケットのセットになっていた。そのグッズも以前より充実していて品揃えが増えていた。新しい厚みのあるパンフレットがあり、チケットを使って、2000円を半額で買った。舞台のシーンもいいけど、裏方の舞台美術や映像、照明、作曲の人のインタビューをとっているところがいい。プロデューサーの小原啓渡さんとイメージイラストの山田章博さんのインタビューも載っている。
 有名になりすぎて、チケットがちょっととりにくくなった「GEAR-ギア-」であるが、進化しながら回転していくのを見守っていきたい。

Img_3334


Img_3335


より以前の記事一覧