2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」 | トップページ | 1年半ぶり「コミックマーケット97」 »

2020年1月28日 (火)

「未来と芸術展 AI,ロボット、都市、生命」、森ビルその他

 2回連続落選だったコミックマーケットだが、2019年の冬コミはめでたく3日目12月30日の評論・情報ジャンルに席次をいただいたので、東京に行ってきた。前日の29日も幸い休みが取れたので、六本木ヒルズの森美術館で2019年11月19日(火)から2020年3月29日(日)まで開催されている「未来と芸術展 AI,ロボット、都市、生命」に行ってきた。冬コミの時期は、公共の美術館・博物館は軒並み年末年始休館になっているので、なかなかついでに行けるような施設は少ないのだが、森美術館はその数少ない施設のひとつだ。テーマもSFっぽい感じがしたので、これをチョイスした。私はもっと明るい未来を想像していたのだが、初めの建築の区画以外、けっこうディストピアな未来だったのはちょっと意外だった。それに科博やみらい館向きなのかと一瞬思ったが、科学的な根拠に基づくというより、想像の域を広げたフィクションが多いのでやっぱりアートなのだね。この展示は、写真OKな処が多い。しかし、CC4.0で作家・作品名表記必須だ。今回図録を買わなかったので、正確に表記できないため、SNSアップはやめておく。

 

Img_3382

 

 この時期の六本木ヒルズのフリーペーパーには、偶然だが西島大介さんのマンガがふんだんに載っていた。うれしい! それと、せっかくなので、屋上スカイデッキに上がってみた。冷たい風が気持ちいい。スカイツリーも東京タワーもよく見える。明日のコミケは、コンビニのパンとおにぎりの朝昼メシ、晩は駅ラーメンとつましくなりそうなので、今日は昼にお魚の美味しい和食、晩ごはんはつばめグリルでハンブルクステーキをいただいた。

 

Img_3151

 

Img_3177

 

Img_3180

 

Img_3178

« 「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」 | トップページ | 1年半ぶり「コミックマーケット97」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」 | トップページ | 1年半ぶり「コミックマーケット97」 »