2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 【告知】第58回日本SF大会「彩コン」に参加します! | トップページ | 5月の東京行き その2 「ショーン・、タンの世界展」と「シド・ミード展」 »

2019年8月 5日 (月)

5月の東京行き その1 「インドの叡智」展と「ルート・ ブリュック 蝶の軌跡」展

 すっかり夏真っ盛りの8月になってしまったが、備忘録のため5月の東京遠征について記しておく。いつもは5月5日か6日に開催される「COMITIA」だが、今年は10連休を避けて、次の週末に開催された。そこで、10連休中の代休とかも組み合わせて5月10日(金)〜12日(日)に休みをもらって、東京に行ってきた。本番は12日のコミティアだが、ついでに4つの美術展に行ってきた。

 

 まずは初日、午前中に家事雑用をして、昼前に出発することになり、新幹線の中でお弁当を食べて午後に駒込の東洋文庫ミュージアムに行ってみた。昔からある企業ミュージアムでうわさには聞いていたが、行ったことがなかった。ちょうど1月30日〜5月19日に開催中の「インドの叡智」という展示にぎりぎり滑り込み。インドもいいんだけど、貴重なこのミュージアム自体がすごい! 研究図書館で資料は閉架式なので、全容は眺められないが、建物の綺麗だし、展示している資料も貴重な者ばかり。そして、フラッシュなしなら撮影OK! そして、ここのホームページ のトップにもなっているモリソン書庫が見た目、圧巻だ! ツ○○図書館なんてずいぶん軽薄にみえる。手に取れないなら同じじゃん……いやいや、ここはちゃんとミュージアムと名乗っている。だけどちゃんと図書は分類されてるのだ。スーベニールの図録や資料集も良心的なお値段だし、カフェもゆったりとステキな雰囲気だった。

 

Img_1785

 

Img_1793

 

Img_1797

 

Img_1804

 

Img_1816

 

Img_1857

 

Img_1823

 

 

 そのあと、スパンアートギャラリーの「木原敏江展」に行こうとしたが、店頭まで行って、8日で終わっていたことに気づく。あぁ。気をとりなおして、他の候補からいちばん交通の便がいい東京ステーションギャラリー「ルート・ ブリュック 蝶の軌跡」展に行く。あまり知らない人だったが、チラシをみて「これはいいかも」と思った私のカンは当たった。ルート・ ブリュックはフィンランドのセラミック・アーティストで、その渋い色合いや細かな造型には惚れ惚れする。そしてまた、東京ステーションギャラリーの東京駅の古い煉瓦の壁面がそのままになっている内装がとても似合っている。この展示、5月7日までは2フロアの会場すべてが写真OKだったらしいが、シャッター音についての苦情が寄せられ、5月8日から写真は3階はOK、2階NGになったらしい。3階は通常の内装で、2階は古い煉瓦がむき出しで、フォトジェニックなのはやっぱり2階だよねえ。2階ギャラリーの写真がないので、階段付近で雰囲気を想像してみて。

 

Img_1828

 

Img_1830

 

Img_1849_20190805173401

 

« 【告知】第58回日本SF大会「彩コン」に参加します! | トップページ | 5月の東京行き その2 「ショーン・、タンの世界展」と「シド・ミード展」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】第58回日本SF大会「彩コン」に参加します! | トップページ | 5月の東京行き その2 「ショーン・、タンの世界展」と「シド・ミード展」 »