2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「世界を変える美しい本 −インド・タラブックスの挑戦−」京都へ! | トップページ | 【告知】「第7回文学フリマ大阪」に参加します »

2019年8月29日 (木)

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』にまつわる3ネタ

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』Ex Libris -The New York Public Library 3時間35分 英語 2017
 この春公開されたドキュメンタリー映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』は、オモテ稼業の私の周囲ではけっこう話題になっていた。それに関連して、2件のプレイベントに参加して、その後映画を観てきた。
 まず、6月16日(日)大阪市立中央図書館「大阪市立図書館×映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』トークイベント」が開催された。300人の会場が満員! 図書館ネタのイベントでこんなに人がきたのは初めてじゃないだろうか!?と、驚いた。前半は、映画のダイジェスト版に続いて、ニューヨーク在住で、『未来をつくる図書館』を執筆した菅谷明子さんへのスカイプによるインタビュー。後半は元瀬戸内市民図書館館長の嶋田さんと大阪市立中央図書館職員で認定司書の澤谷さんの対談。場所も登壇者も図書館に重きを置いたイベントだった。
 次いで、6月29日(土)に誠光社で開催された『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』公開記念トークに行ってきた。京都造形芸術大学の映画学科の教授、北小路隆志さん。映画の手法やワイズマンの作品についてのお話だった。この映画は人によって様々な見方ができそうな映画みたい。誠光社には先行して映画パンフも置いていたので、先に買って予習もした。
 さて、この映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』は、6月21日からテアトル梅田、29日から京都シネマ、7月6日から神戸元町映画館と順次公開されたのだが、ギリギリまで開始時刻が不明だったり、公開前に上映期間が未定だったりした。単館映画館だと、1週間しか上映しない場合もあるし、205分の長尺映画なんで、行ける日がかなり限られる。ドキュメンタリーだし、解説めいたナレーションもないようなので、疲れていると寝てしまうかもしれないのできれば仕事帰りには行きたくない。前評判もよく、先発した東京に続いて、大阪でも大入り満員で、立ち見だった人もいたと聞いた。3時間も立ち見したくない。……といろいろ考えて、土日を避けて、7月8日(月)の京都シネマの昼間の回に行った。ここはインターネットの予約はなくて、当日整理券で入るので、2時間前に映画館に行ってチケットを確保した。それでも14番目だったが、十分座れる。上映時間まで、カフェでちょっと休憩。
 実はワイズマンの映画は、今まで観たことがなかった。前知識で、ワイズマンの映画の手法はだいたい同じで、ナレーションもなく淡々と場面を映していく。観てどう思うか、どう感じるかは観客に委ねられる。今回の映画は、図書館といっても、施設でも資料でもなく、「人」を語る映画だった。思った以上に予想外に「人」中心だったが、それはそれでよかった。ギョーカイ内の人なら、読書会のテキストや、仕分けのシステムや、レファレンスの端末にも興味がいったかもしれないし、施設も資料も大切だけど、やっぱり「人」が動かしていくのよね。その反面、オモテ稼業的には「ぼ〜っとやってんじゃないよ」といわれているような映画でもあった。

Img_2114

« 「世界を変える美しい本 −インド・タラブックスの挑戦−」京都へ! | トップページ | 【告知】「第7回文学フリマ大阪」に参加します »

映画・テレビ」カテゴリの記事

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「世界を変える美しい本 −インド・タラブックスの挑戦−」京都へ! | トップページ | 【告知】「第7回文学フリマ大阪」に参加します »