2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 瀬戸内国際芸術祭2019 春の巻(沙弥島・瀬居島・屋島) | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2019 春の巻(男木島 その1) »

2019年7月 4日 (木)

瀬戸内国際芸術祭2019 春の巻(女木島)

 前半2日間とうってかわって5月2日(木)は快晴。朝に早めにホテルを出たら、フェリー乗り場はすでに大混雑だった。10時発の女木島男木島行きは9時半から切符発売開始だが、8時半でもう列ができていた。前便の8時便は臨時便も出たらしい。でも、直島や小豆島行きの列はもっと長かった。(船も大きいし、便数も多いと思うけど)
 女木島の鬼ヶ島洞窟は前回行ったので、今回はパス。あの、さびた雰囲気のあるバスは健在だった。今回のメインの目的は。イアラのランチ「瀬戸内ガストロノミー」。EAT&ART TAROさんの地元の素材の話を聞きながら、マヨネーズをその場でつくるとかメニューの最後の一手間をその場で創りながら、30分のプログラムで美味しいものを少しずついただく。量はちょっと少なめ。

Img_1610

Img_1621

Img_1626

 その前後で、14時20分の男木島行きのフェリーまで、島内の作品を観て散策する。「カモメの駐車場」「女根/めこん」「段々の風」「不在の存在」など前回も観た作品にも再びまみえる。宮永愛子さんの作品はヘアサロンが閉店していて観れなかった。KOURYOU「家船」(えぶね)が古くてボロくて好き。。「島の中の小さなお店」プロジェクトでは、ヘンなマッサージチェアやピンポン台が面白い。

Img_1639

Img_1637

Img_1602

Img_1609

Img_1653

« 瀬戸内国際芸術祭2019 春の巻(沙弥島・瀬居島・屋島) | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2019 春の巻(男木島 その1) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬戸内国際芸術祭2019 春の巻(沙弥島・瀬居島・屋島) | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2019 春の巻(男木島 その1) »