2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「本の縁側 -矢萩多聞と本づくり展−」 | トップページ | 【告知】5月26日(日)「関西コミティア55」に参加します »

2019年5月22日 (水)

「サハラに眠る先史岩壁画 −英(はなふさ)隆行写真展−」

Twitterで流れてきたアフリカの壁画の写真展。それも、会場は割と行きやすい「五条坂京焼登り窯跡」……ってどこよ? あの近くは図書館や区役所や学校があって、だいたい地理がわかるけどそんなところあったのかなあ……と、思って住所をたどって一筋奥へ入ってみたら見つかった。埃にまみれた近世遺跡然としたすごくステキな処だ。よく残っていたなあ。

 

Img_1479

 

Img_1468

 

Img_1454

 

Img_1475

 

 そこで開催されている英(はなふさ)隆行さんの写真展「サハラに眠る先史岩壁画」。実物大の写真は触って良し、撮影OK。更に作者さんが丁寧に解説をしてくださるという至れりつくせり。
アルジェリアのタッシリ・ナジェールに残る巨大な岩壁画は世界遺産にもなっているらしいが、今は入国も難しい。(時期とタイミングを計れば、行けるときもあるらしい)今は広大な砂漠だが、先史時代には、低木(ステップ?)に覆われた緑のサハラだったらしい。描かれている人の様子や集落や動物によってその長い時代のいつの頃か想像できる。実物大のスクリーンのようなシートに写真を印刷しているので、大きくて、触ってもかまわない。私が言ったときは作者さんが在廊していて、地理や壁画に描かれているモチーフとその時代をいろいろ説明してくれて、思いのほかゆっくりとしてしまった。
 ちなみにタッシリ・ナジェールにある岩壁画は、諸星大二郎が『砂の巨人』というマンガにしている。「デュオセレクション」というシリーズで1984年に出版されているので、けっこう古い。諸星さん、目の付け処がさすがだ。
 ところで、この写真展は、「KG+」というフェスの一環で、それは2013年「KYOTOGRAFHIE京都国際写真祭」の同時開催イベントとしてスタートした公募型アートフェスティバルらしい。今年は4月12日(金)から5月12日(日)までで、この「五条坂京焼登り窯跡」にもエリア分けして他の作家さんの写真も展示されていた。

 

Img_1447

 

Img_1456

 

« 「本の縁側 -矢萩多聞と本づくり展−」 | トップページ | 【告知】5月26日(日)「関西コミティア55」に参加します »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「本の縁側 -矢萩多聞と本づくり展−」 | トップページ | 【告知】5月26日(日)「関西コミティア55」に参加します »