2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« トークイベント「水辺における野外演劇の可能性」 | トップページ | 【告知】5月12日(日)COMITIA128に参加します »

2019年4月28日 (日)

映画「移動都市 MORTAL ENGINES」

 花粉の季節はとても眠いか、起きていてもティッシュが手放せないので、パソコン操作も読書も原稿もまったく進まず、無為な休日を過ごしてしまった。でも、そろそろ夏に向けてなんとかしたい今日この頃。とりあえず、ちょっと古いネタから始まる。
 
「移動都市 MORTAL ENGINES」2018年/アメリカ/128分  Twitterで流れてきた、巨大移動都市と小都市のカーチェイスの画像をみて、「これは好み」とカンが働いた。でも、始まったばかりなのに、字幕版1回、吹替版1回、それでも席の余裕で二重丸らしいから、いつ上映終了になるかわからないと、急いで行ってきた。指輪物語のピーター・ジャクソンが映画化した……という割には、あまり話題にならずに短期で終わってしまった。
 それは観たら、なんとなく納得した。ビジュアルはとてもステキ。最終戦争で文明が滅亡した千年後の世界。埃にまみれた都市は細部までとても凝っている。ロケは世界の田舎ニュージーランド? キャラもなかなか魅力的。(ヒーロー以外) ただ、ナウシカのような遠未来、ラピュタのような浮遊要塞と空賊たち、ターミネーターのようなサイボーグ……と、「の・ような」というイメージの重なりがいくつもある。
 でも、それよりもストーリー! 私は原作を読んでないので、それが原作によるものかどうなのかがわからないのだが、ストーリーはツッコミどころが満載だった。ロンドン以外の他の都市はどうした? そして、2時間で世界を救うには、どうも身内っぽくなって、世界が狭い。父親と母親と娘で世界が救えるのか? そして世界を救う鍵のプロテクトが甘すぎて、都合が良すぎる…… ああ、やっぱり原作を読んでみるべきかな。

 

« トークイベント「水辺における野外演劇の可能性」 | トップページ | 【告知】5月12日(日)COMITIA128に参加します »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トークイベント「水辺における野外演劇の可能性」 | トップページ | 【告知】5月12日(日)COMITIA128に参加します »