2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

映画「移動都市 MORTAL ENGINES」

 花粉の季節はとても眠いか、起きていてもティッシュが手放せないので、パソコン操作も読書も原稿もまったく進まず、無為な休日を過ごしてしまった。でも、そろそろ夏に向けてなんとかしたい今日この頃。とりあえず、ちょっと古いネタから始まる。
 
「移動都市 MORTAL ENGINES」2018年/アメリカ/128分  Twitterで流れてきた、巨大移動都市と小都市のカーチェイスの画像をみて、「これは好み」とカンが働いた。でも、始まったばかりなのに、字幕版1回、吹替版1回、それでも席の余裕で二重丸らしいから、いつ上映終了になるかわからないと、急いで行ってきた。指輪物語のピーター・ジャクソンが映画化した……という割には、あまり話題にならずに短期で終わってしまった。
 それは観たら、なんとなく納得した。ビジュアルはとてもステキ。最終戦争で文明が滅亡した千年後の世界。埃にまみれた都市は細部までとても凝っている。ロケは世界の田舎ニュージーランド? キャラもなかなか魅力的。(ヒーロー以外) ただ、ナウシカのような遠未来、ラピュタのような浮遊要塞と空賊たち、ターミネーターのようなサイボーグ……と、「の・ような」というイメージの重なりがいくつもある。
 でも、それよりもストーリー! 私は原作を読んでないので、それが原作によるものかどうなのかがわからないのだが、ストーリーはツッコミどころが満載だった。ロンドン以外の他の都市はどうした? そして、2時間で世界を救うには、どうも身内っぽくなって、世界が狭い。父親と母親と娘で世界が救えるのか? そして世界を救う鍵のプロテクトが甘すぎて、都合が良すぎる…… ああ、やっぱり原作を読んでみるべきかな。

 

2019年4月 3日 (水)

トークイベント「水辺における野外演劇の可能性」

 世間では新元号の令和が話題になり、オモテ稼業では人事異動で出会いと別れやあっと驚くすったもんだがあったりなのだが、このblogはウラ稼業のサークル広報なので、粛々と1ヶ月遅れのおたくネタを綴っていく。

 

 京阪電車なにわ橋駅にあるアートエリアB1の月刊インフォメーションペーパーで、2月24日(日)に開催される「水辺における野外演劇の可能性」というイベントをみつけた。私の好きなやなぎみわさんが出演する! ……と思って、実はオモテ稼業が出勤になるかも知れないということを忘れてチケットをとってしまった。ギリギリまで行けるかなあ〜とハラハラしたけど、運良く出勤は免れて参加することができた。
 このイベントは2部構成になっていて、第1部はアクアライナーを借り切って、船の中で「水辺の生活文化と演劇」と題して、やなぎみわさんと京都精華大学の山田創平さんが語り合う。司会はアートエリアB1の木ノ下智恵子さん。第2部は、近くの大阪大学中之島センターにて、「中之島における野外演劇の可能性」として、やなぎさんと大阪大学の永田靖さんとのお話。司会はアートエリアB1の久保田テツさん。当日は幸いなことにとてもいい天気。
 やなぎさんと山田創平さんは、どちらもたくさんネタがあるので、舞鶴から台湾まで、古くは日本神話まで時を遡り、水縁を巡る話は尽きない。第2部では、永田靖さんは海外にでかけていて、帰国されたばかりで、この対談はほとんどぶっつけらしい。やなぎさんのトレーラー舞台についても話がはずむ。ポールダンスのポールは天と地をつなぐものだったのか。今は高松で写真展を行っていて、秋には神戸で何かをするらしい。楽しみだ。

 

Img_1340   Img_1346

 

Img_1354

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »