2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 4月1日から郵便振替口座の手数料が値上がります | トップページ | 二条城でランチを »

2019年3月12日 (火)

トークイベント「麿赤兒 大駱駝艦とパラダイスを語る」

 麿赤兒さん率いる大駱駝艦は昔から知っているが、なかなか観に行く機会がなかった。というのも、関西では、吹田とか豊中とかちょっと(私にとって)離れたところで2〜3日という短い期間の公演が多いので、どうにも休日が取れずによく諦めていた。今までみたのはだいぶ前に2回ほどかな。なかなかドロドロしていて恐いけど好き。その後、TVドラマでも見るようになったが、その時はだいたいフツーの人間のおじさんだった。
 今回、2月に東京で行われる「阿呆らし屋の鐘が鳴る」に麿赤兒さんも登場する。それに、3月30日には神戸で大駱駝艦天賦典式「パラダイス」の公演がある。(今回も1日限りだ) その「パラダイス」のおそらく前宣伝で、1月29日(火)に神戸文化ホールで「麿赤兒 大駱駝艦とパラダイスを語る」というトークイベントがあって、行ってきた。麿さんは1943年生まれ、御年76歳……とは思えない、エンジ色のマフラーを巻いて、ブーツを履いてカッコいい出で立ちだ。でもしゃべると渋い声でときどきお茶目な話もする。舞台の写真などを大きく映しながら、演劇や舞踏のお話をされた。1時間ほどの定員30名の小さなイベントだったが、終わったあと、みなさん挨拶しあっている様子をみると、どうも関係者が多かったのかなあ。会場の人が、「今日のイベントはTwitterなどにもつぶやいて、「パラダイス」の公演を大いに宣伝してください」と言っていた。


Img_1133


Img_1131


« 4月1日から郵便振替口座の手数料が値上がります | トップページ | 二条城でランチを »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トークイベント「麿赤兒 大駱駝艦とパラダイスを語る」:

« 4月1日から郵便振替口座の手数料が値上がります | トップページ | 二条城でランチを »