2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2018年観たインド映画その5 デジタルリマスター版「ムトゥ 踊るマハラジャ」 | トップページ | 2018年観たインド映画その6 「パッドマン」 »

2019年1月19日 (土)

【告知】「文学フリマ京都3」に参加します

 あっという間に前日になってしまいました。インド映画ネタをちょっと休憩して、即売会の告知をします。

 明日1月20日(日)みやこめっせ 1階第2展示場C/D面で開催される「文学フリマ京都3」に参加します。文学フリマは活字多めの同人誌即売会です。20172018の東京、2018の京都の計3回に一般で参加してみて、今回意を決して初めてブースをとりました。
 昨年、『維新派と旅をした』という本を創りました。2017年12月に解散した大阪の劇団・維新派の公演先を追っかけて、日本のあちこちに行った旅行記です。土木工事のごとく野外に劇場を組み立て、興行し、終わった後は劇場を解体して去って行く維新派とともに、1990年代の東京の汐留コンテナヤードや、5回も訪れた岡山健の犬島、ススキの美しい曽爾高原などあちこち行きました。旅エッセイマンガですが、blogの文章を再編集した部分も半分くらいあるので文字が多めの本です。マンガ即売会に来る層の皆さんと維新派の興味が重ならないのか、イマイチの手応えなので、いろいろ試行錯誤して、今回ちょっと客層が違う文学フリマにも初チャレンジしてみました。他にも『ギョギョっと深海魚』とか切り絵しおりなど持って行きます。
 マンガの同人誌即売会がマンガだけでなく、小説や評論や写真集やら入っているように、この文学フリマも文学と一言ではくくることができず、小説も純文学からライトノベルまで細かくジャンル分けされ、詩や俳句・短歌がひとつのジャンルになっているのも特徴的、他にもノンフィクション・エッセイ・評論などさまざま。中にはマンガ即売会でもよく知っているサークルもあります。400ブース程度なので、ひとつひとつのジャンルはそんなに数は多くありません。
 その中で、ノンフィクションの旅行記で参加させていただきます。スペースは「くー20」。お隣はマンガ同人誌即売会でもよく会う阿素湖素子さんのブースです。この「文学フリマ」は一般入場は無料です。Webカタログなどもあるホームページはとても充実していますので、一度のぞいてみてください。


Img_0746


Img_3449_3


« 2018年観たインド映画その5 デジタルリマスター版「ムトゥ 踊るマハラジャ」 | トップページ | 2018年観たインド映画その6 「パッドマン」 »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!「維新派と旅をした」を通販にて買わせていただいた者です。
ご本が届き、読ませていただきました。
私は1997年の「南風」以降、維新派のファンでしたが、演劇ファンというわけではなく、たまたま維新派だけが好きで、周囲に同士もいなかったため、20年近くひたすら一人でファンをやっておりました。
しのわずりぃ様のご本で、観劇できなかった過去の公演の様子、また、観劇したものは、「こうだったなあ」と相槌を打ちながら楽しませていただきました。
出不精の私にとって維新派は遠く旅につれていってくれる劇団でもありました。このご本を読むことで、また旅を楽しめるように思います。
素敵な本をありがとうございました!

あきさま>
気がつくのが遅くなってすみません!
感想をいただき、ありがとうございます。
そうなんです、関西でもなかなか「みんな知ってる」というわけではないし、劇場や関連イベントに行かないとファンに出会えません。
でも、ファン同士なら、モンゴルパンに並びながら、知らない人とお話ししたりできるのが不思議です。2月も東京の追悼イベントに行ってきました。
また、どこかでお会いできてたらいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【告知】「文学フリマ京都3」に参加します:

« 2018年観たインド映画その5 デジタルリマスター版「ムトゥ 踊るマハラジャ」 | トップページ | 2018年観たインド映画その6 「パッドマン」 »