2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月 5日 (火)

同人誌・ちょっと紹介(その4)

『図書館に反乱』真鍋鈴著 2017.12発行(沙羅双樹)
 図書館ネタのエッセイマンガを描いている同人は何人かいるけれど、こちらは数少ない小学校・中学校の司書さんのマンガ。ひとり職場なりの苦労もあるし、先生との付き合いも大変。お疲れ様です。それにもかかわらず、ほぼ年に1冊のコンスタントの発行は尊敬します。今回は話題のツ○○図書館ネタ。すっきりとした絵も可愛い。

『BLUE GARDEN』時枝理子著 2017.12発行(TIMES)
 いちばんはじめに読んだ『心象風景』がもう30年近く前のことだっけ? インターネットとかない時代に、「ぱふ」か「ダックス」をみて、通販しました。以来、ずっと読者です。作者の時枝理子さんは、ずっとオリジナル同人で、結婚も出産も通過しても年1冊以上発行しつづけている驚異の人なのだ! さらに二次創作もしているし、ホントにその創作意欲はすごいな〜。絵は美しく、本作りも丁寧。今回ゲットしたのは、理子さんが山の家で丹精している庭本エッセイのコピー本。

2018年6月 4日 (月)

同人誌・ちょっと紹介(その3)『この道を歩む』『ぼくたちのSFマンガ青春記』

『この道を歩む –私のマンガ活動−』ばばよしあき著 2018.5発行(作画グループ〈仲間の会〉SG企画)
 1962年発足の同人誌サークルの老舗・作画グループの親分こと、ばばよしあきさんが亡くなられたのを知ったのは、コミティア代表の中村さんのblogだったように記憶している。2016年6月21日享年68歳。ばばさんの逝去で、作画グループも解散した。
そのばばさんの遺した文章をまとめたもので、中身は2部構成になっている。第1部は「1965年〜1973年 手塚治虫と『COM』と仲間たち」、第2部は「1973年〜1982年 仲間と創作活動と漫画界‥そして」。とてもいろいろあっただろうけど、たくさんの仲間をつなぐ接着剤のような人で、とても濃密な幸せ人生だったんだなあ…… ひとまわり世代が上の人なので、私の知らないエピソードがいっぱい!『COM』や「ぐら・こん」のいきさつなど全く知らなかった。関西の同人誌印刷の先駆けだった「大友出版印刷」は作画グループのメンバーが立ち上げたのか! それもはじめは印刷屋ではなく、出版社だったのね。

『ぼくたちのSFマンガ青春記』ひおあきら×田中圭一 2015.8発行(はぁとふる売国奴)
 「はぁとふる売国奴」は田中圭一さんのサークル。この本は、ちょっと古いけど、2014年11月時点のひおあきらさんと田中圭一さんのロングインタビュー集だ。田中圭一さんは京都精華大の先生もしているし、『うつヌケ』にヒットで最近再浮上しているけれど、ひおあきらさんは私にとってちょっとお久しぶり! ご息災でなによりです。本の内容は、ほぼ宇宙戦艦ヤマトネタ。はい、私はヤマト世代です。

2018年6月 3日 (日)

同人誌・ちょっと紹介(その2)『鞄図書館』『アオザイ通信完全版』

 (その2)はプロ作家の同人誌を2つご紹介。
『鞄図書館』芳崎せいむ著 [2018.5発行]([せいむ堂])
 同人誌によくあることなんだけど、発行年記載なし、発行者記載なし。(ご本人のTwitterやコミティアのカタログでサークル名がわかるので補記しておく) 東京創元社で商業出版されている『鞄図書館』が全四巻で同時期に完結した。そこに掲載がこぼれてしまった3編を著者が自費出版しているのがこれ。表紙の本の散らばり方がまず素晴らしい。そして、お茶目なセリフを吐いて、ブラックホールのような懐深い鞄図書館にだんだん馴染んでヘンに思わなくなってしまった。終わりのようで、1話完結の緩やかな連作なので、気が変わってまた再開しても大丈夫な気がする。

『アオザイ通信完全版』西島大輔著( 双子のライオン堂出版部)
 万人にはお勧めできない危険なパラレルベトナム戦争コミック『ディエンビエンフー』。雑誌IKKI連載時に毎回1〜2Pついていて、IKKIコミックス(全12巻、ただし未完)の各巻の巻末にあったエッセイコミックをテーマ別に再編集したもの。『#1 食と文化』(2017.11発行)は通販で、『#2 歴史と戦争』(2018.2発行)は5月の「文学フリマ東京」で手に入れた。と、思ったら、京都の一乗寺恵文社で2冊そろえて並んでいたよ。お見それしました、恵文社。なので、マンガは再読になるけど、下部に作者の短いコメントが添えられている。また、作者のロングインタビューが掲載されていて、裏話を読むことができる。『#3』まで刊行予定。

2018年6月 2日 (土)

同人誌・ちょっと紹介(その1)『龍蛇の足跡』『Distant World 3 インド・アーメダバード編』

 一般のフツーの人の中には、「東京に行って、スカイツリーもディズニーランドも行かずに、何やってんの?」とか、「即売会って、フツーの本屋に売ってる本とどこが違うの?」とか思う人もいるかもしれないので、5月の東京即売会3連チャンでゲットした同人誌の一部をちょっと紹介しよう。綴っていくうちに、なんか1冊1冊の文章が思ったより長くなってしまったので、分割することにした。市販の書籍ほどではないが同人誌も星の数ほどあるし、個人の財力はしれているので、10人いれば10とおりの楽しみ方やお気に入りがある。そして、市販本以上にスタンダードとかべストセラーというのはない。

『龍蛇の足跡 –荒神紀アラバキ ロケ巡り-』初音むつな著 2017.12発行(魔法使いの弟子の見習い書記官)
 いつも『山田章博作品目録』を発行している同サークルがその別冊として昨年末発行したもの。菊地秀行さんの作品『荒神紀アラバキ』原作の漫画を、山田さんが「コミックトム」に発表したのは1994年〜1996年。私はその雑誌を読んでいないので、20年以上未読だ。読みたい。その舞台となった京都と田沢湖の現場を取材し、検証している。日頃から作品目録を創っているサークルなので、データや出典が明確で、内容も読み手を意識してわかりやすい。原作漫画も十分単行本にできるページ数があるので、是非出版してほしいよ、潮出版!

『Distant World 3 インド・アーメダバード編』しめ鯖著 2017.12発行(幽玄一人旅団)
 最近は同人誌印刷事情も良くなって、オールカラーの写真集もそんなに目玉が飛び出るほどの費用もかからなくなった。しかし、写真サークルは、画質にこだわる人も多いので、比較的高価なので、こちらもつい厳選してしまう。アーメダバードはインド西部グジャラート州にある都市で、この写真集はそこの階段井戸を主とした遺跡がほとんど。それも、ほとんど人が写っていないのは、あまり観光客がいないのか、いない時間帯を選んだのか、もともと立入禁止なのか。それほど十分整備されているわけでなく、やや廃墟然としているところがステキ。ここって、ツアーでは入っていないのよね。しめ鯖さんはカメラを担いで、ひとりで撮影スポットを巡っているらしい。これからも頑張ってください。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »