2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 同人誌・ちょっと紹介(その2)『鞄図書館』『アオザイ通信完全版』 | トップページ | 同人誌・ちょっと紹介(その4) »

2018年6月 4日 (月)

同人誌・ちょっと紹介(その3)『この道を歩む』『ぼくたちのSFマンガ青春記』

『この道を歩む –私のマンガ活動−』ばばよしあき著 2018.5発行(作画グループ〈仲間の会〉SG企画)
 1962年発足の同人誌サークルの老舗・作画グループの親分こと、ばばよしあきさんが亡くなられたのを知ったのは、コミティア代表の中村さんのblogだったように記憶している。2016年6月21日享年68歳。ばばさんの逝去で、作画グループも解散した。
そのばばさんの遺した文章をまとめたもので、中身は2部構成になっている。第1部は「1965年〜1973年 手塚治虫と『COM』と仲間たち」、第2部は「1973年〜1982年 仲間と創作活動と漫画界‥そして」。とてもいろいろあっただろうけど、たくさんの仲間をつなぐ接着剤のような人で、とても濃密な幸せ人生だったんだなあ…… ひとまわり世代が上の人なので、私の知らないエピソードがいっぱい!『COM』や「ぐら・こん」のいきさつなど全く知らなかった。関西の同人誌印刷の先駆けだった「大友出版印刷」は作画グループのメンバーが立ち上げたのか! それもはじめは印刷屋ではなく、出版社だったのね。

『ぼくたちのSFマンガ青春記』ひおあきら×田中圭一 2015.8発行(はぁとふる売国奴)
 「はぁとふる売国奴」は田中圭一さんのサークル。この本は、ちょっと古いけど、2014年11月時点のひおあきらさんと田中圭一さんのロングインタビュー集だ。田中圭一さんは京都精華大の先生もしているし、『うつヌケ』にヒットで最近再浮上しているけれど、ひおあきらさんは私にとってちょっとお久しぶり! ご息災でなによりです。本の内容は、ほぼ宇宙戦艦ヤマトネタ。はい、私はヤマト世代です。

« 同人誌・ちょっと紹介(その2)『鞄図書館』『アオザイ通信完全版』 | トップページ | 同人誌・ちょっと紹介(その4) »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/66792844

この記事へのトラックバック一覧です: 同人誌・ちょっと紹介(その3)『この道を歩む』『ぼくたちのSFマンガ青春記』:

« 同人誌・ちょっと紹介(その2)『鞄図書館』『アオザイ通信完全版』 | トップページ | 同人誌・ちょっと紹介(その4) »