2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 北九州市漫画ミュージアム 原画展と萩尾望都×松本零士対談イベント | トップページ | 【告知】5月5日のCOMITAに参加します »

2018年5月 1日 (火)

小倉行きのおまけ 門司港にいってきた

 3月17日(金)に小倉にある北九州市漫画ミュージアムの原画展と萩尾望都×松本零士対談イベントに行ってきた。小倉には過去2回来たことがある。1回はコクラノミコン(1996)の時で、もう1回はいつだったか忘れたがスペースワールドにいった時。どちらもずいぶん昔で、その場所にしか居なかった。なので、今回は前泊してちょっと一般的な観光地の門司港をおまけでつけてみた。
 あまり予習する時間がなくて、でも駅の観光案内には何かあるだろうと、在来線に乗り換える前に物色した。まあ、半日あれば主要なところを回れるようだ。行ってみたら、駅からしてすごくレトロ!
明治から昭和初期にかけて繁栄した港町には、朽ちかけた木材、錆びついた鉄骨、毀れかけた煉瓦の建物が点々とある。観光地化されたエリアには、主要な建物はリノベーションされて、展示室や店になっているけれど、ちょっと道をはずれたら、そのまま放置状態のような時がとまった空間がある。
 遅めのランチをしようとすると……、なんでか焼きカレーばっかりなんだけど? そんなに有名だったのか? せっかくなので、重要文化財の旧門司三井倶楽部のレストランで焼カレーをいただいて、その後建物も見学した。ここには林芙美子記念室もある。旧JR九州本社ビルや旧大阪商船ビルも良い感じ。三宜楼(さんぎろう)は古き良き木造建築で、だれも他に見学者がいなかったので、説明付で大広間や階段などの意匠をみせていただき、贅沢な気分だった。他にも、鉄道博物館も見学した。
 あれ? 道を歩いているとヘンなモニュメントがある。なにこれ?と思ったら、ここはバナナのたたき売りの発祥の地だったらしい。
 ただ、この日は3月にかかわらず、思いのほか寒くて夕方は早々に退散してしまった。


Img_0039


Img_0040


Img_0041


Img_0048_2


Img_0044


Img_0046


« 北九州市漫画ミュージアム 原画展と萩尾望都×松本零士対談イベント | トップページ | 【告知】5月5日のCOMITAに参加します »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/66669953

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉行きのおまけ 門司港にいってきた:

« 北九州市漫画ミュージアム 原画展と萩尾望都×松本零士対談イベント | トップページ | 【告知】5月5日のCOMITAに参加します »