2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月20日 (日)

映画「バーフバリ」

「バーフバリ 伝説誕生」2015 テルグ語 138分
「バーフバリ 王の凱旋」2017 テルグ語 141分
 Twitterでじわじわと流れてきていて、気になっていたインド映画。それもテルグ語! テルグ語といえば、かなり昔の「愛と憎しみのデカン高原」と最近の「マッキー」ぐらいしか観た覚えがない。「バーフバリ」も気にはなりながらも、第1作は見逃してしまった。続編の「王の凱旋」がロードショー館のMOVIX京都で公開されていて驚いたが、短期間で終わってしまい、観に行けなかった。その次に、出町座で2本立でかかったのだが、30分前に着いても長蛇の列ができていて、並んでる途中で席が売り切れてしまった。ああ、なかなか縁がない。その後、大阪のシネヌーヴォで2本立てで公開され、やっと観ることが出来た。その日は花見日和の良い天気。何が哀しくて5時間以上も映画館に籠ろうとする>自分 開始は15時40分だったが、寄り道する前の12時ごろ指定券を取りに行ったら既に21番目だった。う〜ん、すごいぞ、「バーフバリ」。そして実際、予備椅子が出るほどの人気だった。そして、ほとんどの人が2連チャンだったのか、「王の凱旋」終了後は座り疲れたような人が多数いた。
 ストーリーは、国を追われた王子が苦難の末に王座につくという、大筋が知れるものだが、マヒシュマティ王国3世代にわたる展開がなかなか大胆でツッコミどころ満載の面白さだった。あり得ないようなCGいっぱいだし、みんなオーバーアクションなので観ていて楽しい。そして、女性キャラがみんな強い! 第1世代の国母シヴァガミ、第2世代のアマレンドラ・バーフバリの妻デーヴァセーナ、第3世代のマヘンドラ・バーフバリの恋人のアヴァンティカ。特にシヴァガミさま! カッコいい! 大迫力!! あと忠誠を尽くす奴隷兵士カッタッパは、TNGのピカード艦長のような風貌で、時にちょっとお茶目で、ストーリーのキーパーソンでもある味のあるいいキャラだった。(ついでに言うなら、敵の蛮族としてでてくるカーラケーヤって、クリンゴンかと思ってしまった)
 ヒンディー語映画は、人気俳優・女優に焦点が当たりがちだが、この映画では一般的に日本でよく知れた役者がいないのに、ここまで話題になっているのは、インド映画ファンとしては、驚き半分、うれしさ半分だ。

Img_0109


2018年5月19日 (土)

【告知】5月20日の関西コミティア52に参加します

 お知らせが前日になってしまいました。明日5月20日(日)に大阪南港のインテックス大阪2号館で開催される「関西コミティア52」に参加します。スペースは、「H-56」です。新刊はありませんが、2年ぶりに切り絵しおりのアノマロカリスを増殖させました。体色の紙を、光沢のある真珠色に変えてみました。ピカイアとヴァウヒアも復活しました。ハルキゲニアのマウスパッドは残1枚、マグカップは残3個です。5月5日のCOMITIAで忘れていたインフォメーションペーパーも出来上がり! 小倉行きのお土産の「ネジチョコ」を持っていきますので、どうぞ、お立ち寄りください。


Img_0265_3


2018年5月 2日 (水)

【告知】5月5日のCOMITAに参加します

 後追い記事の真っ最中だけど、告知を先にしておきます。
 
 毎年恒例の5月5日のCOMITIA124に参加します。スペースは、「き36b」です。新刊はありませんが、2年ぶりに切り絵しおりのアノマロカリスを増殖させました。体色の紙を、光沢のある真珠色に変えてみました。ピカイアとヴァウヒアも復活しました。今回も、巡回受付のお手伝いをさせていただきます。小倉行きのお土産の「ネジチョコ」を持っていきますので、どうぞ、お立ち寄りください。
 ところで、東京ビッグサイトで3ホール、過去最大の5674サークルの申込みがあったそうです。あまりに大規模になると、我がサークルのような弱小サークルは素通りされることも多いですが、参加者の分母の人数が多いので、それなりに忙しいときもあります。会場内企画として、「百合展2018」と「作画グループ展」が開催されます。サークルも回りたいので、長男を店子に連れて行くことにしました。

 緊急事態がはいらなければ、前後が休日で、3連休をいただいています。今回の遠征のおまけは、5月4日に中野サンプラザで開催される「資料性博覧会11」、5月6日に「第26回文学フリマ東京」にして、即売会3連チャンにしようかと考えています。両方とも小規模だけど、コアでディープな同人誌即売会です。ああ、散財しそう…… 問題は、昨年文学フリマやSF大会で購入した本をまだ読み切れていないことです。ムムム……

2018年5月 1日 (火)

小倉行きのおまけ 門司港にいってきた

 3月17日(金)に小倉にある北九州市漫画ミュージアムの原画展と萩尾望都×松本零士対談イベントに行ってきた。小倉には過去2回来たことがある。1回はコクラノミコン(1996)の時で、もう1回はいつだったか忘れたがスペースワールドにいった時。どちらもずいぶん昔で、その場所にしか居なかった。なので、今回は前泊してちょっと一般的な観光地の門司港をおまけでつけてみた。
 あまり予習する時間がなくて、でも駅の観光案内には何かあるだろうと、在来線に乗り換える前に物色した。まあ、半日あれば主要なところを回れるようだ。行ってみたら、駅からしてすごくレトロ!
明治から昭和初期にかけて繁栄した港町には、朽ちかけた木材、錆びついた鉄骨、毀れかけた煉瓦の建物が点々とある。観光地化されたエリアには、主要な建物はリノベーションされて、展示室や店になっているけれど、ちょっと道をはずれたら、そのまま放置状態のような時がとまった空間がある。
 遅めのランチをしようとすると……、なんでか焼きカレーばっかりなんだけど? そんなに有名だったのか? せっかくなので、重要文化財の旧門司三井倶楽部のレストランで焼カレーをいただいて、その後建物も見学した。ここには林芙美子記念室もある。旧JR九州本社ビルや旧大阪商船ビルも良い感じ。三宜楼(さんぎろう)は古き良き木造建築で、だれも他に見学者がいなかったので、説明付で大広間や階段などの意匠をみせていただき、贅沢な気分だった。他にも、鉄道博物館も見学した。
 あれ? 道を歩いているとヘンなモニュメントがある。なにこれ?と思ったら、ここはバナナのたたき売りの発祥の地だったらしい。
 ただ、この日は3月にかかわらず、思いのほか寒くて夕方は早々に退散してしまった。


Img_0039


Img_0040


Img_0041


Img_0048_2


Img_0044


Img_0046


« 2018年4月 | トップページ