2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

北九州市漫画ミュージアム 原画展と萩尾望都×松本零士対談イベント

 「萩尾望都SF原画展」は、東京開催と神戸開催で行ったが、望都さまが出演される関連イベントはどっちも抽選もれだった。いずれもなかなか倍率が高かったらしい。今回3月17日から5月20日まで北九州市漫画ミュージアムで原画展があり、関連イベントで松本零士さんとの対談が初日の3月17日に予定されていた。「当たるかどうかもわからないけど、とりあえず出しておこう」と往復はがきを送っていたのだが、あまり期待していなかったので、当選はがきが来たときはビックリした。思えば今回は原画展会場の集会室とかではなく、近くにある「北九州国際会議場 メインホール」で定員500名だったので、当たりやすかったのかも。でも、入場列に並んでいるとき、番号の近い人と話していると、九州でも熊本とか、大阪とか東京とか、応募者は全国レベルのようだった。
 小倉は遠いが、せっかく当たったんだし、久しぶりに1泊で遠征することにした。小倉駅についたとたん、大きなタペストリが2枚あった。北九州市漫画ミュージアムは駅のすぐ近くにあるので、駅にはハーロックやメーテルや鉄郎のオブジェもある。なぜ、松本零士が北九州市漫画ミュージアムの名誉館長なのだ。出身は久留米市だが小学校の頃から高校卒業まで小倉に住んでいたらしい。

Img_0036


Img_0055


Img_0056

 イベントの入場には、ミュージアムのチケットが必要なので、開館と同時に入って、時間まで先に原画を鑑賞する。同じような動きをする人が多くて、原画展内は大混雑だった。時間切れで国際会議場に向かう。割と早く入れる整理番号だったので、やや端っこだけど最前列の席が取れた。
 イベントの構成は2部に分かれていて、第1部は望都さまお一人のトークで、ミュージアムの学芸員が質問していく進行、第2部がお二人の対談だった。第1部は、今回の展示や図録でもある『萩尾望都SFアートワークス』をもとに話をされた。ほとんどが最後までストーリーを作って描かれているようだが。『スターレッド』は編集にせかされて、自分でもどう展開しようか考えながら始められたようだ。第1部は、割とフツーだったが、第2部は松本御大が進行の学芸員を無視して暴走。昔、いっしょにアマゾンに行ったことを皮切りに、松本御大80歳の恐ろしいほどの記憶力は、九州に住んでいた10代の頃のことも事細かに覚えている。望都さまは上手く相づちを打って、笑いを誘う。いや〜、本当に対談が終わるのか、ハラハラしながら聞いていた。

Img_0067


Img_0068

 その後、原画展会場に戻り、展示のつづきと、ミュージアム常設エリアを回った。コンセプトは京都国際マンガミュージアムと通じるところがある。名称のごとく、行政主導なのかもしれないが、老舗の漫研「あず」の本拠地であるし、土壌があったといえる。そして、この施設のおかげで東京で行われている主要なマンガ原画展を、関西だと展示場所がいろいろ散らばる展示もほとんどここで鑑賞できる。今も木原敏江展も開催されているし、新海誠、ハガレン、萩岩睦美と続く。交通の便もいいし、九州全体のマンガの振興になってほしい。

Img_0051

Img_0062

Img_0070_2

Img_0069


2018年4月28日 (土)

「未来への華押」京都精華大学アセンブリーアワー講演会

 毎年の年度末年度初のオモテ稼業の繁忙で2ヶ月ほど更新が止まってしまった。追いつけ追い越せで書き溜めよう。

 さて、遡ること2月17日、京都精華大に喜多郎さんがやってくる!というTwitterを発見して行ってきた。それも毎年恒例で行われている事前申込み不要のアセンブリーアワーの一環で開催されるようだ。折しも美術系大学の卒展のメッカ・京都市美術館はリニューアル工事の真っ最中で使えないので、2月14日から18日の期間は、大学構内で卒展も行われている。なので、行ってみると地べたにタイ焼きが寝転んでいたり、モアイが鎮座していたり、校舎内にも作品があちこちにあり、市美とはまたちょっと違った雰囲気だ。オマケにこの日は寒くて、時々ワイルドに雪が舞っていた。

Img_4316


Img_4318


Img_4328

 喜多郎さんといえば、やっぱりNHK「シルクロード」のテーマミュージックが私の原点。あれは1980年放映だったのね〜 そのような人が多いのか、学生以外の一般入場者はけっこう平均年齢高め。講義室が広いせいか、意外と混んでいない。
 講演会は3部構成になっている。
第1部 喜多郎と岡野弘幸による演奏(舞踏:入月絢)
第2部 喜多郎 音楽と宇宙映像の融合の試み「古事記と宇宙」ライブ演奏
第3部 トーク
 講演会のタイトル「未来への華押」は、竹宮惠子学長の命名とか。今回はお話よりも演奏の方がメインだったが、喜多郎さん1953年生まれというと御年64歳、岡野弘幸さんは1964年生まれというと53歳。二人とも素敵なおじさまで、第1部はなかなか味のあるセッションだった。喜多郎さんは、アメリカから帰ってきたばかりで、1部2部あわせて2時間近く演奏をするスタミナがあって、お話もサバサバと面白くて、いや〜元気だなあ。ここまで音楽を生きていく姿を若い人たちも受け取って未来に引き継いでほしい。演奏が終わると、第2部で映された映像の一部が校舎の壁面に映されていた。


Img_4329


Img_4331


« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »