2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「紙博 in Kyoto」 | トップページ | 「すみだ水族館」とユニコーンガンダム »

2018年2月20日 (火)

『超人ロック』50周年!

 萩尾望都サマ、竹宮惠子さん、吉田秋生さん、成田美名子さん、大和和紀さん、美内すずえさん、開田裕治さんと、思いついた人だけでも、私の知っているマンガ家等が続々と画業30年、40年、50年を迎えられて、原画展を開催したりや記念ブックが発行されたり、雑誌で特集が組まれたりしている。
 そして、聖悠紀さんが同人誌から商業誌まで描き続けている『超人ロック』も50周年! 昨年めでたく『超人ロックの世紀 50thBertday Book』Ⅰ巻、Ⅱ巻が刊行され、年末の冬コミで手に入れた。昨年は6月9日〜9月24日まで明治大学の米沢嘉博記念図書館で「超人ロック生誕50周年展」が開催されていたが、オモテ稼業も繁忙で、夏コミも落選で、残念ながら行けなかった。『超人ロックの世紀 50thBertday Book』は、たくさんのマンガ家やイラストレーター等の人々がお祝いのイラストとメッセージを寄せているのだが、すみません、知らない人も多い。おそらく知らないのは若いクリエイターのみなさん。近年のロックにはとんとご無沙汰で申し訳ないのだが、年齢層幅広くファンがいるのだなあと思った。
 私がいちばんのめり込んでいたのは、恐ろしいことに1970年代後半〜80年代前半。聖悠紀さんのオフィシャルサイト「電脳かば」に作品年表があるので、繰ってみると、1977年に週刊少女コミックで作画グループ合作『ダリウスの風』というのが連載されていたのをリアルタイムで読んでいた。その時「スゴくカワイイ女の子を描くなあ」と思ったのが聖悠紀さんの名前を知った最初だった。(私も最初は女性だと思っていた) その後、ロックのだいたい有名どころのタイトルはみんな読んでいるのだが、少年KINGは読んでなかったし、おそらくSGシリーズで読んだのだと思う。『ニンバスと負の世界』『コズミックゲーム』『新世界大戦』『ジュナンの子』『この宇宙に愛を』『ロードレオン』と、けっこう続々読んでいた。あれ?SGになっていない、『アウター・プラネット』とか『スター・ゲイザー』も読んだ覚えがある。そのくせ、私の本棚にはないのだ。だれかに借りたのかなあ。覚えてないぞ。それから、1984年の劇場映画も観た。残念ながらマンガの方が面白い。映画の中で、メカシーンがCGで創られていて、おそらくCGを観たのはこれが初めて。その時代としてずいぶん先進的だったとは思うが、画像の粒子が粗く、あまり「すごい」という感じを持たなかった。今の技術でシリーズアニメ化してくれないかなあ。
 『超人ロック』の話をダンナにすると、「いちばん始めに知ったのは『超人ヒッチ』だった」と言っていた。知らなかったが、昔、作画クループに入っていたらしい。たしかにダンナの本棚には、分厚い『グループ』とSG企画の『超人ロック』が数冊ある。ムム……先を越されていた。

Img_4311


« 「紙博 in Kyoto」 | トップページ | 「すみだ水族館」とユニコーンガンダム »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/66414783

この記事へのトラックバック一覧です: 『超人ロック』50周年!:

« 「紙博 in Kyoto」 | トップページ | 「すみだ水族館」とユニコーンガンダム »