2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「としょけっと」in 図書館総合展 | トップページ | 【告知】12月30日(土)コミックマーケット93に参加します »

2017年12月13日 (水)

「いきもにあ equimonia」(みやこメッセ 11月11日・12日)

 2015年12月12日・13日で開催された「いきもにあ」が2年ぶりに11月11日・12日、同じみやこメッセで開催された。
実は、開催の情報をキャッチしたとき、カンブリア生物と深海生物ネタの本とグッズがあるので、サークル参加申込みをしてみたが、残念ながら落選だった。
 そこで、昨年同様、休日が取れた1日に一般参加で行ってみた。前回、お昼頃に行ったら大変混んでいたので、今回は10時の開場前についたが、すでにすごい列だった。即売会の規模としてはそれほど大きくはないが、ありとあらゆる生き物のプロ・アマのおたくが集うので中身が濃い。そして、研究者のお話が日に各3回あるのだけど、これがまた楽しい! 2日間の出演者がちがうのだけど、2日連チャンの参加はムリなので、本日のプログラム3講演をコンプリートした。
 11月12日(日)の講演第1部は片山なつさんによる「川苔草にまつわるエトセトラ」、第2部は増井真那(まな)さんによる「フシギでカワイイ変形菌」、第3部は林亮太さんによる「ウミガメ・クジラに付くフジツボたちのはなし」だった。このディープなラインナップ! 片山さん、いままでの講演では植物の話としても、女性の研究者としても初登場というけれど、でもコケではない川苔草の研究というのも珍しい。生息地は日本では、九州の一部に限られているし、なかなか簡単にいけないところに生えているらしい。増井くんは、16歳の高校生。菌類ではない変形菌に魅せられて、5歳から10年ものあいだ研究している増井くんのお話は、内容も態度も機転も大人顔負けのわかりやすく素晴らしい発表だった。この度、『世界は変形菌でいっぱいだ』という著書をだしたとのこと。パチパチ……。林さんはフジツボのなかでもいつもウミガメやクジラにしか付かないフジツボを研究している。船に乗ってあっちこっち、なかなかワイルドな研究だなあ。
 物販スペースにもオタクな博士がたくさんいて、「マンボウなんでも博物館」で、ついマンボウについている寄生生物の本を手に取ってしまい、澤井悦郎さんに著書の『マンボウのひみつ』(岩波ジュニア新書)にサインをいただき、マンボウの干物を写真にとらせていただいた。その近くでは沖縄の「海藻のはなし」のオールカラー本を無料配布していて、ありがたくいただいた。ん?いろいろすごいグッズが並んでいるのに、紙ものばっかり。ランチは岡崎公園の屋台のバラ焼き定食を食べて、スタバでちょっと休憩した以外は、どっぷりいきもにあに浸っていた。
 
 後日、ネットから、来年は神戸で開催という情報が流れてきた。ポートアイランドの国際展示場あたりかな。ちょっと遠くなるなあ。

Img_4004


Img_4011


Img_4015


Img_4016


Img_4010


Img_4014


« 「としょけっと」in 図書館総合展 | トップページ | 【告知】12月30日(土)コミックマーケット93に参加します »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/66152507

この記事へのトラックバック一覧です: 「いきもにあ equimonia」(みやこメッセ 11月11日・12日):

« 「としょけっと」in 図書館総合展 | トップページ | 【告知】12月30日(土)コミックマーケット93に参加します »