2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 7回目の「GEAR-ギア-」はバースディ月に | トップページ | 「萩尾望都SF原画展」in神戸ゆかりの美術館 »

2017年10月19日 (木)

宝塚歌劇版「オーム・シャンティ・オーム」

 超エンターテイメントなマサラムービー「オーム・シャンティ・オーム」が宝塚歌劇になった。7月22日〜8月7日に梅田芸術劇場メインホールで、星組の上演があった。もともと歌も踊りも満載なインド映画なので、親和性はあると思うのだが、映画では主人公が前世で殺されるし、30年の時の流れをどう説明するのか、有名どころの役者がカメオ出演したり、インド映画をいろいろ知っていたらクスリとうれしいシーンをちらつかせたりというところはどうするんだろう?やっぱり一度は観ておかないと。というわけで、8月3日(木)に行ってきた。宝塚歌劇は30年ほど前に一度行ったことはあるけど、チョー久しぶり。舞台も客層もすっかり宝塚だった。スターさんが出てきたら、息をあわせて拍手や手拍子をするなどのファンの統一感がすごい。いや〜、すごいなあ。なんとなく主人公の男役紅ゆずるさんより、悪役の男役七海ひろきさんのほうが人気? 音楽ナンバーは原作にあるものもあるが、宝塚独自ものも加えていた。歌詞はヒンディー語から日本語に変えていた。登場人物の人数も整理され、インド映画要素の仕込みは無視されわかりやすいストーリーになっていた。この日は、上演後に七海ひろきさんとそのボディガード役2人のトークイベントもあった。

Img_3436


« 7回目の「GEAR-ギア-」はバースディ月に | トップページ | 「萩尾望都SF原画展」in神戸ゆかりの美術館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/65934250

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇版「オーム・シャンティ・オーム」:

« 7回目の「GEAR-ギア-」はバースディ月に | トップページ | 「萩尾望都SF原画展」in神戸ゆかりの美術館 »