2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 【告知】10月1日(日)の「関西コミティア51」に参加します | トップページ | 「山岸凉子展 光(てらす) −メタモルフォーゼの世界−」と荒俣館長講演会 »

2017年10月16日 (月)

春の「南インド映画祭」

 かなりカメな記事なのだが、去る4月29日から5月12日に大阪のシネ・ヌーヴォで「南インド映画祭」が開催された。現在、「インディアン・フィルム・フェスティバル・大阪」(IFFJ)が開催されていて第6回を数えるが、その南インド版なのだ。今回が第1回! これからも毎年続けてくれたらいいなあ。
 南インド映画というのは、タミル語(タミルナードゥ州)、テルグ語(アーンドラ・プラディシュ州とテランガーナ州)、マーラーヤラム語(ケララ州)、カンナダ語(カルナータカ州)の映画。本当に日本での上映が少なくて、私もラジニカーントの映画以外は数えるほどしか観ていない。これは楽しみ!……と思っていたのだが、もろにGWを含んでいるため、なかなか行ける日が捻出できない。なんせ、毎年、出勤か東京行きかで終わってしまっているのだ。それにタイムテーブルが、前半は夕方〜夜に2本、後半は昼間2本の上映のため、後半は全くダメだ。そんなこんなだが、なんとか3本観ることができた。

『誰だ!』Yavadu (テルグ語)2014年 166分
 実は、細かなところはすっかり忘れてしまったのだが、こういうときTwitterは強い味方。ツイートを読み返すとなんとなく思い出した。いわゆるバイオレンスアクションもので、主人公(ラームチャラン)がやたらカッコよく、ダンスがうまい。前半はツッコミどころ満載のおバカな映画かと思ったら、後半はまったく別の映画だった。それを強引にくっつけて1本にして、歌もダンスも満載というある意味サービス満点の娯楽映画だった。血糊はわざとピンクっぽいのか?

『ルシア』Lucia(カンナダ語)2013年 137分 
 これは意表を突かれた。こんなおしゃれな映画を観せてもらえるとは思わなかったよ! おしゃれと言っても、主人公は泥だらけで画面は暗いのだが。構成が複雑で、エンターテイメントとは言いにくいけど、面白かった。もうひとつの話題は、クラウドファンディングで資金調達をした初めてのカンナダ映画なんだそうだ。

『テリ〜スパーク〜』 Their(タミル語)2016年 150分
 これは何も考えずに楽しく観られる王道なアクション。でも、けっこう人が死ぬ。童顔のタミルの若大将ヴィジャイが大活躍。そのヴィジャイが普段は子煩悩なパン屋のパパだが、過去は強面の警官というお決まりな役柄。あの『ムトゥ 踊るマハラジャ』のヒロインであるミーナの娘、ベイビーナイニカーがその娘役になっている。とてもかわいい。

« 【告知】10月1日(日)の「関西コミティア51」に参加します | トップページ | 「山岸凉子展 光(てらす) −メタモルフォーゼの世界−」と荒俣館長講演会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/65925183

この記事へのトラックバック一覧です: 春の「南インド映画祭」:

« 【告知】10月1日(日)の「関西コミティア51」に参加します | トップページ | 「山岸凉子展 光(てらす) −メタモルフォーゼの世界−」と荒俣館長講演会 »