2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« マンガ『いつか緑の花束に』 | トップページ | 画集『The ART of Điện Biên Phủ(ディエンビエンフー)』 »

2017年3月 9日 (木)

水玉本が続々と

 水玉螢之丞が亡くなったのは2014年12月13日。生前、本になったのが『こんなもんいかがっすかぁ』だけだったが、死後続々と作品が本にまとめられて、出てくる出てくる。こんなにたくさんいろいろ描いていたのか! ゲームとかは疎いから、観たことのないイラストや読んでいないのも多い。でも、みんなディープで可愛い。絵は可愛いし、字も可愛いけど、ぎっしり詰まっていて、内容もディープで、ゲームとかわからない部分を読み飛ばしても、けっこう時間がかかるので、ごめん、まだ読みきれずに読んでいない分もある。

 没後出版された本で、私の持っているものはこんな感じ。
『SFまで10000光年』2015年7月刊(早川書房)
『水玉螢之丞画業集成』雑誌篇ver1.0 田中すけきよ著 (自費出版)
『SFまで10万光年以上』2015年12月刊(早川書房)
『こんなもんいかがっすかぁ まるごと』2016年2月刊(復刊ドットコム)
『ワンフェスのワンダちゃん』2016年8月刊(本の雑誌社)
『水玉螢之丞画業集成』表紙篇 田中すけきよ著 (自費出版)
『すごいぞ!おかあさん』きいろいばらの巻、テレビのカレーの巻 2016年9月刊(河出書房新社)
『元祖水玉本舗』その1、その2 2017年2月刊 (本の雑誌社)

 長年ずっと読んでいた「SFマガジン」掲載の『SFまで〜』とかもあるけど、婦と生活社の雑誌「ね〜ね〜」に連載されていた『すごいぞ!おかあさん』は雑誌も作品も存在を知らなかった。パンピー向けの育児雑誌のようなのに、しっかり中味にオタク要素がインプットされていて、15年という誌上最長連載になっているところがすごい。
 ご本人が、あまり自分の作品をまとめたりする気がなかったようで、亡くなってタガが外れたら、どんどん出版されるようになった。それでも、 連載以外にお雑誌の表紙やカットをいろいろ描いていたようで、初出が拡散している。資料捜索に自費出版もしている田中すけきよさん、編集にさいとうよしこさんが尽力されている。ありがとうございます。

Img_3169


« マンガ『いつか緑の花束に』 | トップページ | 画集『The ART of Điện Biên Phủ(ディエンビエンフー)』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/64989824

この記事へのトラックバック一覧です: 水玉本が続々と:

« マンガ『いつか緑の花束に』 | トップページ | 画集『The ART of Điện Biên Phủ(ディエンビエンフー)』 »