2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

第37回日本SF大賞受賞! 白井弓子さん『WOMBS(ウームズ)』

 ちょっと時系列は前後するが、2月25日に発表された白井弓子さんの『WOMBS(ウームズ)』の日本SF大賞受賞をお祝いしたい。白井さん、本当におめでとうございます!!
 1巻目が発行された2010年から、ずっとこのブログに感想を書いて応援してきた作品だったが、完結してこんなに華々しい場に出るとは、想像していなかった。(すみません)でも、うれしい!
(ちなみに、1巻 2巻 3巻 4巻 5巻(完結)の感想はこちら)
 候補作に並んでいたのは知っていたけど、マンガでの受賞は大友克洋の『童夢』と萩尾望都の『バルバラ異界』だけだし、作者のネームバリューも雑誌もちょっとマイナーだし、難しいかなあ〜とか思っていたのだった。でも、SFテイストはバッチリで、SFごゝろをうずうずさせてくれる作品には間違いない。
 そして、SFファンダムの方からプロ作家になって受賞する人はいても、マンガ同人誌界からプロになったマンガ家がSF大賞を受賞するのは初めてだろう。これ、きっとCOMITIAのネタになるね! そして、これを機会にSF大会に参加してディーラーズルームにも出展してくれたらうれしいなあ。
 それに、もうひとつ本当によかった、と思うことがある。『WOMBS(ウームズ)』の掲載雑誌「IKKI(イッキ)」は連載途中で休刊になり、3巻目の途中の話から、単行本描き下ろしになったのだ。雑誌は休刊になると別の雑誌に移籍するのもあるが、そのまま途切れてしまう連載も多くある。その中で、単行本描き下ろしで完結させた。継続は力なり! 作者が同人誌で締め切りのない創作をこなしていた経験が活かされたのか。また、発行し続けてくれた編集・出版もすごい。ありがとう、IKKI!

2017年2月27日 (月)

「宇宙と芸術展」と8年ぶりの冬コミ

 さて、年末の続き。「沼津港深海水族館」に立ち寄った後、品川で投宿。荷物を置いて、森美術館で開催されている「宇宙と芸術展」に向かう。森美術館は、年末年始も無休で、22時まで開いている冬コミのおまけにできるありがたい施設だ。夕暮れてから行ったのに、やっぱり人が群がっていたが、以前のティム・バートンの時ほどではなかった。宇宙をテーマに古今東西の人類の行為を集めている。「竹取物語」や「種の起源」、天球儀、流星刀(隕石で作られたという)から現代芸術まで。……というちょっとユニークな切り口だけど、ちょっと散漫な気もする。どれかが誰かの琴線に触れればいいのかな。また、この展示はSNSにアップできる作品の案内があって、それがけっこう数が多かった。そうか、twitterなんかによく画像が出ていたのはそのせいか。

Img_3035

Img_3040


 その翌日は冬コミ。冬コミは5回ほど落選が続いていて、その間にオモテ稼業の都合で1回、海外旅行で1回申し込みをしなかったので、数えて見れば8年ぶりだった。夏の暑さ対策は慣れたが、冬の寒さ対策は忘れかけている。配置を事前にちゃんと確認していなかったんだが、お誕生日席だった! おトイレも近いし、右側のシャッターが開かなきゃこのまま寒くないのだが……と思いながら準備をしていたが、始まって間もなくシャッターが開いてしまった。冷たい風がスゥ〜っと吹いてきて、コート、マフラー装備、カイロ準備! 午後になってシャッターは再び閉まったが、横の非常口からの風がもろに当たる位置なのでやっぱり寒いし、時折突風のような風が吹き込んできて、机の上のものが2回ほど飛ばされた。でも、思った以上の皆さんにお立ち寄りいただき、切り絵しおりもいくつか完売(といっても数枚ずつしか持ってきていないのだけど)、インフォメ・ペーパーも途中でなくった。切り絵しおりはやっぱりへんな絵柄から出ていく。創り足した3倍以上のものがなくなってしまったので、春・夏のために新作も含め、また準備をしておかなければ。配置は西ブロックだったのだけど、新しくできた東7・8ホールを見がてら、旅行サークルを訪ねたら、近辺の創作系をあまり回れなかった。まあ、創作系はコミティアでも会えるし……と思ってしまったし。とはいえ、8年ぶりの冬コミは夏よりも体力的には穏やかだったように思う。

2017年2月26日 (日)

「沼津港深海水族館」に行ってきた

 また、オモテ稼業の繁忙に押されて沈没してました。年末のネタがまだ残っているので、気分はまだ2016年……

 沼津に深海がテーマの水族館があるらしいというのは風の便りに知っていた。昨年のSF大会いせしまこん以降、次の大会は静岡だと聞いて、近くじゃん!と思って俄然行く気になって下調べをしていた。……う〜ん、静岡と品川の真ん中へんに沼津がある。それに、なんと年中無休で年末年始も開いている! これなら、冬コミに行く時に途中下車して行ってみようと決行した。
 新幹線で三島まで行って、そのあと在来線に乗り換えて沼津着。こだまは駅に着くたびに5分くらい停車するので、東京へ行くのと同じくらい時間がかかった。沼津駅からバスに乗って、沼津港のあたりに行くとそこだけ賑わっていた。どちらかというと地元の家族づれとか帰省客とかが車で来ているという感じ。「沼津港深海水族館」もそんなに大きくない施設なのに、入り口で並んでいた。昼前で少し早かったけど、先に昼食を食べることにする。水族館のある一画は「港八十三番地」という観光エリアになっていて、海鮮が主な店が集まっている。その中の「DONどこ丼」という店で、「深海魚せいろ蒸し」をいただく。こういう時、人数が多ければいろいろ頼んでシェアできるんだけど、一人じゃ残念ながら1品なんだよなあ。赤いのがカサゴ、いちばん小さいのはメヒカリ、それよりちょっと大きいのがメギス、大きい白いのはちょっと自信がないけどデンかな。あっさりと淡白。

Img_3028_2

Img_3026


 そのうち昼時で店の中はどんどん人が増えてきたので、水族館に向かう。入り口の行列はなくなっていたけれど、中は混んでいた。なんで、沼津で深海生物なのかというと沼津港のある駿河湾は日本で一番深い湾であり、水深2500メートルほどあるらしい。いわゆる深海というのは200メートル以上をさすので、沼津港には日常的に深海魚が水揚げされる。(禁漁期もあるのだが) そんな駿河湾の解説コーナーもあるけれど、水族館は「シーラカンス・ミュージアム」とサブタイトルがついているので察せられるように、シーラカンスが売りである。いや、生きているのは映像だけだけど、剥製が3体、冷凍が2体あって、日本の水族館ではここだけにしかないとのことだ。最近ちょっと有名になったダイオウグソクムシや、深海というより古代のキーワードで他の水族館にも展示されているオウムガイもいる。生きた深海生物もいろいろいたが、メンダコやリュウグウノツカイなど名前が売れていても映像や剥製やレプリカのものも多い。やはり水圧や光の関係か、飼育が難しいのも多いのだろう。でも、こんなテーマを絞った他に類を見ない水族館は面白い。
 そして、最後のお約束のスーベニールも楽しいものが多かった。いろいろ目移りしたが、ガイドブックとリュウグウノツカイのどでかクッション(ロングマフラーにも使える)とシーラカンスの茶こしを買ってきた。


Pc300184


Pc300183


« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »