2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 矢萩多聞さんと「となりのインドさん」 | トップページ | 「沼津港深海水族館」に行ってきた »

2017年1月16日 (月)

「見世物大博覧会」と関西文化の日

 国立民族学博物館の「見世物大博覧会」に行かなくちゃ!と思いながらもなかなか行けず、会期の9月8日〜11月29日の終わりも迫ってきた。そのうち、もう11月19日しか行ける日がないとなってしまったが、その日は「関西文化の日」だった。あちこちの美術館・博物館で入場料が無料になるので、人出が多いだろうなあと思って、今までは有料でも行きたい演目には行くのを避けていたのだが仕方ない。戦々恐々として行ってみたのだが、特別展自体はあまり普段と変わらなかった。しかし、「関西文化の日」に関連してイベントが繰り広げられていたので、その関係者やボランティアや知り合いがたくさんきていた様子で、総じて民博自体はやや多め?という感じだった。
 関連イベントというのは、まず、普段あまり使っていない特別展の地下のフロアーで「北大阪ミュージアムメッセ」というのが開催されていた。北大阪のいろいろな施設がブースを設置してPRをしていたので、ついいろいろパンフレットとかもらってしまった。「JT生命誌研究館」の機関誌は立体的に折れたりしてとても凝っていた。「吹田市立博物館」は小松左京展のとき一度行っただけだったなあ。他にも「ニフレル」や「五月山動物園」など。民博のボランティアさん行なっている「きり絵で楽しもう! 中央北アジアの文様」という30分のワークショップがあったので参加させてもらった。用意してくれた文様から2種選んで、色紙を切って、それをカレンダーにしてくれるのだ。それ以外にも、本館のロビーで淀川三十石船の船頭唄やガムランの演奏と舞踊があり、ほとんど無料だったので、けっこうお得感があった。

Img_2939


Img_2948


 さて、「見世物大博覧会」。田舎で育った私は、昔でも人間ポンプやへび女やクマ娘やカニ男が並ぶ見世物小屋を実際には見たことがない。でも、そんな胡散臭い名前やケバい看板をなぜか知っている。きっとそれは漫画や雑誌や映像で知っていたのだろう。そんな見世物小屋などの歴史や民衆文化の一部として、民博が展示に取り上げたの、もしかして今回の展示が初めて? ここで、以前千葉の歴博の「大ニセモノ展」にいた人魚(といわれるもの)に再会! 民博、歴博の資料が多いけど、いろいろな所蔵館から取り寄せているのが、図録を見るとわかる。凝った企画で、構成や見せ方も工夫しているし、ここはキュレーターの腕の見せどころ?(民博は大学なので、教授の研究成果?)

Img_2956


Img_2941


« 矢萩多聞さんと「となりのインドさん」 | トップページ | 「沼津港深海水族館」に行ってきた »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/64769061

この記事へのトラックバック一覧です: 「見世物大博覧会」と関西文化の日:

« 矢萩多聞さんと「となりのインドさん」 | トップページ | 「沼津港深海水族館」に行ってきた »