2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 映画「シン・ゴジラ」 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島([ 直島建築 + The Naoshima Plan ]) »

2016年11月14日 (月)

瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島(宮浦・本村)

 あれよあれよという間に瀬戸内国際芸術祭が終わってしまった。春期の記事を書いてから、夏に2回、秋に2回行ったもののそのblog記事を書く時間がない。ああ、どうしてくれよう、この矛盾。最近、記憶がすぐなくしてしまうので、記録のためにも遅ればせながら書いていこう。

 というわけで、夏期に3日連続で休みの取れるところがあり、公式HPで探したら、その日に直島で[ 直島建築 + The Naoshima Plan ]という面白そうな半日コースの散策プラン2種類があったのでどっちも申し込んだ。実は、直島は3年前に一度行ったことがあるのだが、犬島の維新派演劇に行ったついでだったので、曜日のチョイスは出来ず、その後の月曜日に船で渡ってしまったのだ。おかげさまで、全島休館日の非日常な直島を観てきた。……で、今回の土日の直島は、人、多過ぎ!!! あちこちで人の列がある。お店も美術館も満員。ちょっと出遅れたので、直島内の民宿もけっこういっぱいで、確保に苦労した。春に行った女木島・男木島に比べたら住民も多いし、コンビニも1軒あるし、夜に開いている飲食店もあって、拓けている感じだ。公式ガイドブックによれば、面積7.82km、人口3108人。
 1日目は宮浦の宿に泊まって、「I♥銭湯」に入ってきた。お風呂に入らないと観れない作品だ。その後近辺をぐるっと回って帰ったが、昼に観た作品が、夜はまた違う顔になる。

Img_2560


Img_2566


Img_2562


Img_2567


Img_2568


 2泊めは本村(ほんむら)の民宿に宿泊。荷物を置かせてもらって散策に出かける。作品を観てまわるのもいいのだが、島の様子をいろいろさがすのが同じくらいいい。本村の集落はそんなに広くないので、だいたい方向がわかれば、一生懸命地図を見ずにそぞろ歩いてもなんとなく着く。そして、以前来たときも気になっていた蛭子神社は、手入れもされておらず解説もなくてやっぱり怪しいうえに、ポケストップにもなっていた。


P8060618

(本村の港)


P8060617

(蛭子神社)


P8060630

(護王神社の作品)

« 映画「シン・ゴジラ」 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島([ 直島建築 + The Naoshima Plan ]) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/64491072

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島(宮浦・本村):

« 映画「シン・ゴジラ」 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島([ 直島建築 + The Naoshima Plan ]) »