2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 瀬戸内国際芸術祭 秋の巻 豊島再び | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 全体の感想 »

2016年11月27日 (日)

瀬戸内国際芸術祭 秋の巻 小豆島ちょっとだけ

 3日間のうち、1日目と3日目のできる範囲で小豆島を回ることにした。そもそも、小豆島ってデカすぎ! 作品も広範囲に点在しているし、徒歩や自転車は無理。バスも本数はあるが、行き先によっては2時間に1本のようなところもある。ここは車のアシがあればベスト。小豆島はあまり予習をしていなかったし、関西に住んでいると比較的近いのに実は今まで来たことがなくて土地カンもないので、あまり上手に回れなかったと思う。
 1日目は昼頃フェリーで宇野から土庄港に向かう。フェリーは1時間ほどかかるので、宇野港で「宇野ののり弁」を買って、船の中でいただく。宿はフェリー乗り場から近いところにしたので、先に荷物を預けて、半日なので、ちょっと遠いが、自転車で肥土山(ひとやま)・中山に行ってみることにした。バス停の数と距離を考えて行けるとふんだのだが、思ったより遠かった。街中のバス停と違って、田舎のバス停は間隔が長い。行きはダラダラ坂でしんどかったが、帰りは風をきって楽チンで気持ちが良かった。作品の近くまで行くと、自動車道から川に沿った遊歩道の方に入って、田んぼの中のわらアート、ワン・ウェンチー「オリーブの夢」まで回った。


Img_2865
「宇野ののり弁」


Pa290460
わらアート(中山)


Img_2874
中山の棚田とワン・ウェンチー「オリーブの種」


Pa290471
ワン・ウェンチー「オリーブの種」 


 土庄港で自転車を返したあと、宿のおかみさんから港まで送迎バスがある「オリーブ温泉」を教えてもらう。宿は素泊まりで、お風呂も小さな家族風呂なので、バスで5分ばかりのその施設で夕食とお風呂をすませる。ここは観光施設というより、地元の人の方がよく使うスーパー銭湯のようなものだった。土庄港近辺では夜は店がほとんど閉まってしまい、かろうじてコンビニが1件あるだけなので、朝夕はつましく、昼食はいろいろ冒険してみることにした。
 3日目の月曜日は、宿に荷物を預けて、バス1日券を使って、醤(ひしお)の里・馬木(うまき)あたりを巡り、昼を福田アジア食堂で食べる、そのあとはバスの時間次第というところまで計画した。醤の里はほんとうに街全体がおしょうゆの匂いがした。醬油の蔵元の建物や古い町並みの中に作品が点在する。土日はものすごい人出だったらしく、「今日はゆっくり見れますよ」と土地の人が言ってた。散策したあと、バスで福田に向かうが、ここでアクシデントが! 福田は直島の飛び地になっていて月曜日が全域休館日にだった! 公式ガイドブックには水曜休とあったのになあ。福武ハウスだから気がつくべきだったか。折り返すにも帰りのバスは2時間後。福田のインフォメーションにいた案内の人におすすめされたのが、大部(おおべ)。一日乗車券を買ったので、島を一周するのもいいかと思って、20分後のバスに乗り継いで向かう。リン・シュンロン「国境を超えて・潮」竹腰耕平「小豆島の木」の2作品はどちらも地元の人が協力して制作された大きな作品だった。「小豆島の木」の受付にいた地元のボランティアのおばちゃんが楽しそうに喋ってくれたし、「国境を超えて・潮」は近くの建物で製作の様子を写真やメッセージで紹介していた。その後、バスに乗って土庄まで戻って、町なかの作品をいくつかみる。町なかには道が複雑に入り組んでいる「迷路のまち」のエリアがあり、その中に迷路のような作品があったりして彷徨うのがまたいい。

Pa310623
醤の里


Pa310633
醤の里


Img_2909
竹腰耕平「小豆島の木」


Img_2915
リン・シュンロン「国境を超えて・潮」


Pa310699
リン・シュンロン「国境を超えて・潮」


 今日は予定が変更になったりして、不規則な食べ方をしてしまった。朝に醤の里でちまきをひとつ、大部でうどんを一杯、そのあとちゃんとしたランチっぽいのをたべたのが、土庄に戻ってきて、「セトノウチ 島メシ家」にて、3時ごろだった。
 帰りは高松までフェリーで渡って、JRで帰って来た。
 今回の私の瀬戸内国際芸術祭はこれにて終了。

Img_2930
「セトノウチ 島メシ家」


Img_2875
チェ・ジョンファ「太陽の贈り物」

« 瀬戸内国際芸術祭 秋の巻 豊島再び | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 全体の感想 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/64552473

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭 秋の巻 小豆島ちょっとだけ:

« 瀬戸内国際芸術祭 秋の巻 豊島再び | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 全体の感想 »