2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 高松 | トップページ | 演劇「日輪の翼」 »

2016年11月17日 (木)

瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 大島

 高松での当初の目的である2大イベントが終了したので、最終日は近くの大島に行ってから帰る予定にしていた。しかし、その前夜にすごい雷がして、豪雨になった。朝になってもけっこう降っている。念のため、船は出るのか確認したら、それでも「出る」というので受けて立つことにした。
 大島は島全体が「大島青松園」というハンセン病回復者の療養施設となっている。官船は関係者専用で、瀬戸芸の見学者はチャーター便に申し込む。1日3便ぐらいで、12人乗りの小さな船。平日で天候も悪いのにそこそこの人数がいた。島内は案内人に連れられて巡り、最後の作品のあるエリアだけ自由見学となって、集合場所に戻る。目が見えない人も多いので、優しい音色の盲導鈴が島の道に響く。道には盲導柵も設置されている。しかし、現在64名(だっけ?)いるという入所者には結局誰一人会わなかった。平均年齢80歳を越えているというので、雨の日にわざわざ外に出る人はいないのだろう。納骨堂があり、「風の舞」というモニュメントの丘があり、島の中で八十八カ所を巡れるように道には石仏が並ぶ。田島征三さんらの作品とともに、島の歴史をみた。途中まで弱い雨が降っていたけど、後半はあがって、傘をたたむことができた。

P8290095


P8290113


P8290148

 約3時間弱で高松の港に戻ってきて、埠頭のレストランでランチをたべて、赤灯台まで歩いてみた。けっこう遠かったが、この一帯では「ポケモンGo!」をやってる人がたくさんいた‼︎ 水ポケモンがいっぱいいたよ。

« 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 高松 | トップページ | 演劇「日輪の翼」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/64503312

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 大島:

« 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 高松 | トップページ | 演劇「日輪の翼」 »