2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「すみのえアートビート」・名村造船跡地・MASK(マスク) | トップページ | 「始皇帝と大兵馬俑展」 »

2016年11月21日 (月)

「ダリ版画展」「ダリ展」

「ダリ版画展」 7月9日〜9月4日 京都文化博物館
「ダリ展」7月1日〜9月4日 京都市美術館

 ダリの10年ぶりの大きな展示という触れ込みだったが、10代の頃よりだいぶ情熱がさめてしまって、絶対行こう!という気にならずに、遠距離の予定を優先させてしまい、最終日の前日に二つの展示をはしごした。……そして、とっても後悔した。
 午前中に家事雑用諸手続き諸連絡をこなして、午後からまず文博へ。ダリといえば、シュールだけど緻密でリアルな油絵をまず思い浮かべるのだけど、版画になるとモチーフは同じような感じでもあっさりした画面でちょっと意外。ダンテの『神曲』の挿画は点数も多く、全体にもボリュームがあったが、ゆっくり間近でみることができた。
 そのあと、市美のダリ展に向かう。15時過ぎ、市美に着いたら、美術館前に人だかり!……よく見ると、7重の折り重ね列になっている。快晴な空のもと、この行列はみんな駆け込み組なのか? そんな一般的な人気があったっけか?と、ビックリした。そりゃ、そこそこネームバリューはあるけど、ルノワールやモネとちがって、けっこう好き嫌いがあるだろう?と思っていたけど、大人気だった。16時前ぐらいに入場、入り口で人数制限はしているようだが、中へ入ってもものすごい人だかりで、一番前の列はとても行けないし、びくとも動かない。二重目、三重目ぐらいでみてまわる。それでも出口にたどり着くと5時前になっていた。こんなに人が残っていてもスーベニールは5時に閉めようと頑張っているので、見回るのはあきらめて、レジの列に並んで図録だけ買って帰った。いや〜、エラい目にあった。
 ところで、2005年8月から始めたこのblogもいつのまにか10年を過ぎていて、10年前の展示というのは、行っていたよ。(ああ、ホントに備忘録)「ダリ展 -創造する多面体-」 サントリーミュージアム[天保山] 2007年3月8日~5月6日なのである。

 
Img_2638


« 「すみのえアートビート」・名村造船跡地・MASK(マスク) | トップページ | 「始皇帝と大兵馬俑展」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/64522004

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダリ版画展」「ダリ展」:

« 「すみのえアートビート」・名村造船跡地・MASK(マスク) | トップページ | 「始皇帝と大兵馬俑展」 »