2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「ありがとう さようなら 吉野朔実劇場 原画展」in ジュンク堂書店池袋本店 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島(宮浦・本村) »

2016年10月24日 (月)

映画「シン・ゴジラ」

 公開当初から、私の周りがやたら好評な感想ばかりで、中には「エキストラに参加した」という人までいたり、ふだんSFや特撮を観ないであろう人まで「面白かった」というので、気になっていた。ゴジラやガメラや特撮がとても好き!……というわけではないので、SF大会と瀬戸芸で忙しい夏期の終わりまで「どうしようかな〜」と思っているうちに、1日3回上映になってしまったので、とりあえず行くことにした。ちょうど合う時間帯が4D上映しかなくて、4Dは夫婦50割でもひとり2300円! うむむ……
 んで、観たよ! 未確認生物出現に対する人間側のマシンガントークとピント外れの集団漫才のような会話が好き。次々に来たる危機に、対応する手段を繰り出す政府や自衛隊の攻防は、イメージ的に「日本沈没」のようねと思ったけど、それより数段面白いよ、樋口監督!! それに、陸海空自衛隊全面協力! 装備もいっぱい出てくるし、エンドロールの長いテロップを観て〜! ミリタリーファンにはたまらないだろうなあ。加えて、背景に東日本大震災を彷彿させる要素をちりばめている。ゴジラは、巨大地震であり、動く福島原発なのだ。天災でもあり、生まれからみると人災でもある。ゴジラに血液凝固剤経口投与を行う「ヤシオリ作戦」は誰もが福島原発の冷却に放水を続ける消防隊や自衛隊の様子と重ね合わせただろう。
 いままで、パニック映画になにかイロをつけようとしたら、ヒロインとのラブロマンスや家族愛のようなものでストーリーを盛り上げようとする映画が多かった。でも、この「ゴジラ」はそれをしなかった。そこに成功のカギがある。え? アメリカ側にヒロインっぽいキャラがいたね、確かに。それより、尾頭ヒロミ環境省事前環境局野生生物課長補佐や花森防衛大臣のほうが目立っていたよ。
 しかし、やっぱり4Dって、あってなくてもいい。椅子が揺れたり、空気や霧が噴き出したりしなくてもいいから、2Dで2回観たいよって気分だ。

« 「ありがとう さようなら 吉野朔実劇場 原画展」in ジュンク堂書店池袋本店 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島(宮浦・本村) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/64392743

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シン・ゴジラ」:

« 「ありがとう さようなら 吉野朔実劇場 原画展」in ジュンク堂書店池袋本店 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 夏の巻 直島(宮浦・本村) »