2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」と『萩尾望都 SFアートワークス』 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(女木島) »

2016年5月30日 (月)

瀬戸内国際芸術祭 春の巻(承前)

 今年はトリエンナーレ(3年に1回)の瀬戸内国際芸術祭の年だ。3年前は、犬島の維新派の公演にひっかけてちょっと覗いただけだったので、鑑賞パスポートを大変もったいない使い方をしてしまった。今回はそれを反省して、先に公式ガイドブックを購入し、予習をして、春・夏・秋にせめて1回づつ行きたいと思っていた。計画どおりにガイドブックを買って予習をしたが、春の会期は3月20日から4月17日……もろに年度末年度初の繁忙期! ……休みの予定がみえない。人事異動があると、急にシフト変更が発生する可能性があるのだ。むむむ…… 
 1週間を切って、3月末に次の週末土日月で休みが取れそうとメドがついた。今年は、女木島の洞窟と高見島の廃村(目的は芸術祭じゃないのか?)は行きたいと決めていたが、高見島は秋期開催のみ。まず、女木島を入れたルートで考える。アシはなんとかなるが、問題は土曜日の宿だ。だが、3日前で男木島の民宿が奇跡のようにとれたので、「これは『行っていい』という神の思し召しにちがいない」と思って決行した。島の交通は天気が大いに影響するのだが、これから1週間の予報をみると、この3日間は晴れ。うん、仏様の思し召しもあるかも。
 今回の3日間は、高速バスで高松→女木島(めぎじま)→男木島(おぎじま)(泊)→高松→小豆島(泊まっただけ、鑑賞せず)→豊島(てしま)→宇野からJRで帰着というルートをとった。
 瀬戸内国際芸術祭のホームページはこちら

« 「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」と『萩尾望都 SFアートワークス』 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(女木島) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/63707647

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(承前):

« 「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」と『萩尾望都 SFアートワークス』 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(女木島) »