2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(承前) | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(男木島) »

2016年5月31日 (火)

瀬戸内国際芸術祭 春の巻(女木島)

 高速バスで高松についてから、前売り券で鑑賞パスポートの交換を行う。今回、フェリー3日間乗り放題券というのも買ってみた。島の交通手段である船は、高速船とフェリーとがあって、ルートによってちがう。昨年はどちらも乗れたチケットを販売していたらしいが、今年は値段を落としてフェリーのみの乗り放題となっていた。フェリーだけを抜き出すとルートが限られるし、便数も減るので、とてもお得とは勧められないが、いちいちチケットを買う手間も省けるし、設定したコースによっては便利である。

 女木島は、高松からフェリーで30分。ガイドブックによると面積2.67㎢、人口173人。港近くの村の中の作品は歩いて回ることができる。着いたのがちょうど昼時だったので、芸術祭の作品と同居している「レストラン イアラ女木島」で見目麗しく、美味しいランチをいただく。いい風が吹く島の風景を楽しみながらあちこちに点在しているアートを探す。地図もあるし、案内の看板もあちこちにあるので、そんなに迷わない。鬼ヶ島洞窟に年配の運転手さんが器用に運転する、とてもクラシックなバスが往復している。けっこう山の中腹にあって、道が狭くて離合できるポイントが少ないらしく、運転手さんは携帯でふもととバスの昇降のタイミングを確認している。しかし……鬼ヶ島洞窟はちょっと脚色しすぎ! 赤青緑紫という原色ばりばりのマンガちっくな鬼の人形(それもそこそこでかい)はいらない。洞窟は意外と広くて、冒険できそうな空間には鬼瓦アートもあるが、あの人形はちょっといただけない。

Img_2239


P3260339


P3260283


P3260302


P3260296


P3260273


« 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(承前) | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(男木島) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/63708160

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(女木島):

« 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(承前) | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭 春の巻(男木島) »