2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« カンボジア旅行 その2 アンコールワットの朝日と夕日 | トップページ | カンボジア旅行 その4 アンコールトムは広くて狭い »

2016年2月29日 (月)

カンボジア旅行 その3 アンコールワットの回廊を巡る

 アンコールワットの中心部には外側から、第1回廊、第2回廊、第3回廊とある。第1回廊の壁面のレリーフが特に有名で、いろいろな本にも収められている。2003年に京都文化博物館で開催された「神々と王の饗宴 アンコール・ワット拓本展」の図録が私の一番のお気に入り。『アンコール・ワットへの道 クメール人が築いた世界遺産』(JTBパブリッシング)も詳しいのだが、残念なことに写真が小さすぎてよく見えない。本に収録された写真は、実寸ではないので、大きさや彫りの深さや質感が実感できない。なので、やっぱり実物を体験したくなる。
 まずは、入場に人数制限がある第3回廊を目指す。午前中早めに行ったのに、既にたくさんの人出で約1時間待ち。途中の要所要所に「ここで入場まであと○分待ち」といった立て札まで立っている。第3回廊は崩壊が進んでいるので、出入り口を1カ所にして、一度に昇れる人数を制限している。ひと昔は、そこらの石段から入れたらしいが、なかなか滑り落ちたら死にそうな階段だ。今は、木製の階段をつけて、上り下りが一方通行になっている。

Pc310128

_dsc2374

_dsc2353


 第3回廊に上がると、第2回廊で並んでいる行例も見える。回廊は狭くて薄暗いところもあり、壊れたままの箇所も多いが、そこはそれで、整備された遺跡よりもいい感じ。(保存のためにはそうも言ってられないのだろうが)

Pc310139


_dsc2364_2


 第1回廊もまた、すごい人並みだった。レリーフは、マハーバーラタとラーマーヤナ、天国と地獄、乳海攪拌などが有名だ。あちこちでガイドがレリーフの説明をしているのだが、中国語や英語やフランス語?やハングルがとび交っている。そして、柵もなにもないので、手が届くところは、たくさんの人に触られてテカテカしている。いいのか?これで。壁面以外にも天井や柱もレリーフで埋め尽くされている。地獄の描写は、観光客にウケがいいようで、いやに丁寧に話をしてくれていた。いつの時代か、鬼の顔はことごとく削られてしまっている。


_dsc2387


Pc310158


Pc310159


« カンボジア旅行 その2 アンコールワットの朝日と夕日 | トップページ | カンボジア旅行 その4 アンコールトムは広くて狭い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/63279192

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジア旅行 その3 アンコールワットの回廊を巡る:

« カンボジア旅行 その2 アンコールワットの朝日と夕日 | トップページ | カンボジア旅行 その4 アンコールトムは広くて狭い »