2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 【告知】10月25日(日)京都国際マンガミュージアム「Artmade(アートメイド)」に参加します | トップページ | 「トワイライト」:今年の維新派は曽爾高原へ »

2015年10月23日 (金)

小説『エクソダス症候群』

『エクソダス症候群』宮内悠介著 (東京創元社)
 惑星間精神医学という医学分野があり、火星にある精神病院のゾネンシュタイン病院を舞台に話は展開する。地球から帰還した医師カズキ・クロネンバーグは、このカバラの“生命の樹”を模したゾネンシュタイン病院に赴任する。25年前、父(正確には養父)のイツキ・クラウジウスがこの病院にいたとき、何が起こったのか? 第5棟特殊病棟で何が行われていたのか? 最古の患者、チャーリー・D・ポップは何を知っているのか? ストーリーはミステリアスに展開する。
 宮内さんの小説は、『盤上の夜』『ヨハネスブルクの天使たち』も読んだけれど、とても静謐な空間が漂う。戦争や暴動が起ころうが、ロボットが塔から何体も何度も落ちようが、エキサイティングな騒がしさが感じられない。冷えた音の無い空間で、淡々と事象が語られる……という不思議な感じ。それがかえってぞくぞくする。そのぞくぞく感は、麻薬っぽい。

« 【告知】10月25日(日)京都国際マンガミュージアム「Artmade(アートメイド)」に参加します | トップページ | 「トワイライト」:今年の維新派は曽爾高原へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/62531048

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『エクソダス症候群』:

« 【告知】10月25日(日)京都国際マンガミュージアム「Artmade(アートメイド)」に参加します | トップページ | 「トワイライト」:今年の維新派は曽爾高原へ »