2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 京都国際マンガミュージアム「萩尾望都原画展」 | トップページ | 演劇「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」 »

2015年7月31日 (金)

小説『アンダーグラウンド・マーケット』

『アンダーグラウンド・マーケット』 藤井太洋著 (朝日新聞出版)
 『Gene Mapper –full build-』、『オービタル・クラウド』に続く紙の本の3冊目。これも先だって電子図書で配信されている。第1部「ヒストリアン・ケース」、第2部「アービトレーター」の2編が入っていて、これはまだまだシリーズで続きそう。今回の舞台は2018年の日本、現代より3歩ほど進んだ未来社会は、デジタル仮想通貨や高齢化社会と高額税制、移民の増加、ワーキングプアならぬ「フリービー」と呼ばれる定住地を持たない労働者層など、リアルと虚構が混ざり合う世界。「フリービー」のWebエンジニアの木谷巧、森谷恵、デザイナーの鎌田大樹の3人が受けたWeb改造の仕事が、デジタル経済圏の陰謀につながっていく。舞台設定は魅力的で、読み始めたらイッキ読み。キャラはなんとなく、今までの作品にかぶってしまう気がするのは、相変わらず性格がいいキャラが多いせいかもしれない。藤井太洋の作品に、性格の歪んだ思いっきり破滅的な悪役はいない。安心して読めるからいいけど。

« 京都国際マンガミュージアム「萩尾望都原画展」 | トップページ | 演劇「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/61989901

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『アンダーグラウンド・マーケット』:

« 京都国際マンガミュージアム「萩尾望都原画展」 | トップページ | 演劇「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」 »