2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« マンガ『銀の匙』13巻 | トップページ | 小説『アンダーグラウンド・マーケット』 »

2015年7月11日 (土)

京都国際マンガミュージアム「萩尾望都原画展」

 春に東京・銀座のギャラリーで開催されていた「萩尾望都原画展」が、京都で開催されることになった。6月18日(木)〜7月14日(火)まで。マンガミュージアム、ありがとう!
 思えば、2009年〜2011年に東京・名古屋・福岡で行われた「萩尾望都原画展」は、ついに関西にはやってこなかったので、福岡まで行ってきた。今度こそやっと望都さまが京都にご降臨! ……と喜んだのだが、規模ははるかに小さいもので、原画点数の少なさにちょっとガッカリ。もともとマンガミュージアムはそれほど広い展示場はないので、ある程度は覚悟していたが、原画展は部屋ではなく、入り口近くのロビーで開かれていた。たしかにあまり観られない貴重な原画も多かったけれど、点数の総計20点足らず……う〜ん。
 今回の原画展は、サブタイトルに〜『銀の舟と青い海』出版記念〜とついていて、「この本、だいぶ前に出たんじゃ?」と思っていたら、河出書房新社から今年の3月に文庫版がでたらしい。ただの文庫化かと思ったら、7作品を追加掲載してると巻末に書いていた。むむ…、ちょっとセコいぞ、と思いながら、買ってしまうファンは多いのだろうなあ。(私も) なので、展示されている原画もこの本に収録されている作品ばかりだ。……いや、『トーマの心臓』の原画もあったなあ。写植の黄ばみが古さを伝えているが、カラーも白黒も原画はとてもきれいに保存されている。

« マンガ『銀の匙』13巻 | トップページ | 小説『アンダーグラウンド・マーケット』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/61873462

この記事へのトラックバック一覧です: 京都国際マンガミュージアム「萩尾望都原画展」:

« マンガ『銀の匙』13巻 | トップページ | 小説『アンダーグラウンド・マーケット』 »