2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« マンガ『流水りんこの南印度は美味しいぞ〜!』 | トップページ | マンガ『重版出来!』1〜5巻 »

2015年7月 4日 (土)

panpanyaの不思議なマンガ

『蟹に誘われて』 (白泉社)2014年4月刊
『枕魚』     (白泉社)2015年5月刊
『足摺り水族館』 (1月と7月社)2013年8月刊

 この3冊は、panpanya(パンパンヤ)というペンネームの著者のマンガだ。この3冊で商業出版されているのは全部だと思うが、この列びの順番は私が読んだ順。
 いずれも短編集なのだが、世界は一貫している。名もない寂れた片田舎の街や半分廃墟になったような地下街に、土管頭の人が歩いていても、計算機のイルカがいても、アマゾンにオオサンショウウオがいても、誰も驚かない。不可解なことが淡々と受け入れられて、話が進んでいく。
 実はpanpanyaさんは、COMITIAの同人誌出身の人なのだが、『COMITIA 30Th CHRONICLE』の2巻目に掲載されている「地下行脚」を読むまで知らなかった。こんな波長の合うマンガを描く人なのに、COMITIAの5000サークルの中から見つけられなかったなんて、不覚だった。これからも応援していきたい。

« マンガ『流水りんこの南印度は美味しいぞ〜!』 | トップページ | マンガ『重版出来!』1〜5巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/61836382

この記事へのトラックバック一覧です: panpanyaの不思議なマンガ:

« マンガ『流水りんこの南印度は美味しいぞ〜!』 | トップページ | マンガ『重版出来!』1〜5巻 »