2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 『総特集 三原順』『三原順作品集 LAST PIECE』 | トップページ | 小説『フェッセンデンの宇宙』 »

2015年6月20日 (土)

小説『翼を持つ少女 BISビブリオバトル部』

『翼を持つ少女 BISビブリオバトル部』山本 弘著(東京創元社)
 割と世間にも知られるようになってきたビブリオバトル(本のオススメ合戦のようなもの)をネタにしたヤングアダルト向け小説が出た! ……と思ったら著者が山本弘さんだから、SFテイスト満載。ハミルトンをはじめ、ハワード、ハインライン、C.L.ムーア、アンダースン……出てくる、出てくる。『ジャングルの国のアリス』まで取り上げられていて、自分の知っているマイナーなオタクネタが出てくると、密かにうれしくなるのは自分だけじゃないだろう。『仮面ライダークウガ』やアニメ版の『キャプテン・フューチャー』の話もでてきて、ふだんSF大会でしゃべっているようなウンチクをふんだんに盛り込んでいるが、オタクでなくても楽しめる本ネタをちりばめて、キャラもたっていて、フツーに読んでも面白い。
 美心(びしん)国際学園(BIS)という私立学校のビブリオバトル部のメンバーを中心に展開される物語は、高等部10年(高1にあたる)のSF大好き少女・伏木空ちゃんとノンフィクションしか読まない同級生・埋火(うずみび)武人の一人称で交互に語られる。他にも部長をはじめ、ビブリオバトル部のキャラはジャンルが異なっても基本的に本好きだから、物語の中でしゃべっている話題が、本好きの読者は読んでいてもとても楽しい。作中に本のタイトルがガンガン出てくるし、ビブリオバトルで紹介された本の中で読んでみたくなった人も多いのではないだろうか。実は私も今、ハミルトンの『フェッセンデンの宇宙』を読んでいる。ハミルトンは「キャプテン・フューチャー」のアニメは観ていたけど、本は読んでなかった。ジョン・ハンターの『小学4年生の世界平和』というのも面白そう。

« 『総特集 三原順』『三原順作品集 LAST PIECE』 | トップページ | 小説『フェッセンデンの宇宙』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ウロウロしている間にもう続編が出るようです。
『幽霊なんて怖くない BISビブリオバトル部』http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488018214

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/61768140

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『翼を持つ少女 BISビブリオバトル部』:

« 『総特集 三原順』『三原順作品集 LAST PIECE』 | トップページ | 小説『フェッセンデンの宇宙』 »