2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« あべのハルカスにのぼってきた | トップページ | 3月の関東遠征その1 大ニセモノ博覧会 »

2015年3月16日 (月)

パラソフィアその1 開幕、月曜日の美術館でやなぎみわ鼎談

 「京都国際現代芸術祭2015 PARASOPHIA」というのが春にあるというのは、年がかわるあたりから知っていたが、どんなもんだか、よくわかっていなかった。出展作家も、やなぎみわ、森村泰昌、ウイリアム・ケントリッジぐらいしか知らない。HPはスタイリッシュでかっこいいのだけど、いまいち具体的でないので、どこが有料でどこが無料でどんなイベントがあるのか、パスポートがどれだけメリットがあるのかの判断材料とかが不明だった。(だんだん詳しくなってきたけれど)HPの運営団体をみると、名誉総裁に三笠宮彬子女王にはじまって、なんか仰々しい名前がぞろぞろならんでいる。どうしようかなあ……とtwitterでつぶやいていたら、ハッシュタグもつけていないのに、運営事務局スタッフからまめに返信をいただいた。いよいよ3月7日(土)の開幕も近づいてくると、新聞や雑誌、フリーペーパーなどあちこちのメディアにも取り上げられて、ネット上もにぎやかになってきた。実はそれまでもプレイベントをいろいろやっていたようだが、オモテ稼業上、ほとんど京都にいないので、充分キャッチできていなかった。

 3月9日(月)にやなぎみわさんのステージトレーラープロジェクト(STP)についての鼎談が京都市美術館のPARASOPHIAルームで開催されるというのも、その日の朝知った。外出の予定はなかったが、せっかくなので、行ってみることにした。月曜日の岡崎公園界隈はいろいろな施設や店が休業日なうえ、雨がしとしと降っていたので、すごく静かだったが、なんと、市美は展示室も開いていた! 知らなかったよ!(後でパンフをみるとちゃんとかいてあったのだが)今日なら空いていて、ゆっくり見れたのに、残念。市美の真ん中にある天井の高い展示室はフリースペースになっていて、そこからPARASOPHIAルームに直接行くことができる。1階2階の両翼の展示室が有料スペースになっていた。このフリースペースにも作品が展示していて、スーベニール仕様の大垣書店が出店していた。そこをはさんで、正面玄関と反対側の裏口(?)が抜けられるようになっていて、カフェも併設され、2月に工事中で使えなかったトイレは、改修されてきれいになっていた。
 鼎談の登壇者は王虹凱さん、沈昭良さん、やなぎみわさんの予定だったが、王さんが体調不良で欠席となり、対談になった。沈さんは台湾の写真家で、台湾で発展した舞台車の写真集なども出版している。やなぎみわさんのステージトレーラーも台湾で製造・購入・輸入したものだ。舞台車は歌謡ショーや選挙演説などに使われていて、台湾ではよく見られるものらしい。日本のご近所なのに、知らなかった。やなぎさんは既に10年以上前から目をつけていたらしい。台湾の道路交通法の緩さとか、舞台車制作の苦労とかこれからの計画とか興味深い話がたくさんあったが、深刻な事態も発生していた。今、そのステージトレーラーが故障中なのだ。そういや、今日来る前に前庭にあったトレーラーは青いビニールシートで被われていた。はやく治りますように……

 私は前売りチケットを大垣書店で買ったのだが(ぴあ券だった)、9日に受付で見せると、それは引換券だからと、本券に取り替えてくれた。その本券をみたら、その1枚で市美も京都文化博物館も入ることができる。私はそれぞれ別にチケットがいると思っていたよ。他の会場は無料だし、いろいろなプログラムも半券を見せると入れる。企業イベントだと、あの手この手でお金を落とさせようとするいろいろな企画があるけれど、このイベントはその傾向がうすい。といっても、これだけ大規模な内容、お金がかかっていないはずはない。産官学が一体となって、スポンサーも多くて、助成金などもたくさんもらっているのだろうが、観る側の負担が最小限な、これはかなりお得なイベントではないだろうか。現代芸術ってワケワカメなものも多いけれど、フツーにない発想に意表をつかれ、驚きや面白さ満載のものもきっとぜったい多い。市内のギャラリーなどで連携する関連イベントもやっているし、マップとスケジュールを調べて、この2ヶ月を有意義に歩いてみるのもいいかもしれない。

Img_1093


Img_1099


Img_1095_2


« あべのハルカスにのぼってきた | トップページ | 3月の関東遠征その1 大ニセモノ博覧会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/61289901

この記事へのトラックバック一覧です: パラソフィアその1 開幕、月曜日の美術館でやなぎみわ鼎談:

« あべのハルカスにのぼってきた | トップページ | 3月の関東遠征その1 大ニセモノ博覧会 »