2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« パラパラブックス『ストロボフライ』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』20巻・『昭和のこども』5巻 »

2015年2月15日 (日)

書籍『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN』

『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN』 ダニエル・ファルコナー著(ボーンデジタル)
 この本は、書店ではビニ本になっていて、カンだけで衝動買いしてしまった。映画「ホビット」の3部作のうち、3作目の「決戦のゆくえ」だけの設定画集。しかも4500円の豪華版。湖の町から軍隊の装備まで微に入り細にいる詳細な画集で、特にオークやゴブリンの悪役にページを割いてリキが入っているように見えるのは気のせい? 
 著者表示のダニエル・ファルコナーは、ニュージーランドのコンセプト・デザイン会社のWeta Workshopのデザイナーだが、編集的な立場のようだ。収録されている作品は鉛筆画からCGまで多岐におよび、それぞれにアーティストと所属部門のクレジットが入っている。「3 Foot 7 Ltd アート部門」にコンセプトアートディレクターのアラン・リーやジョン・ハウが属している。他に、「3 Foot 7 Ltd 衣装部門」「Weta Workshop」「Weta Digital」の3部門でクレジットがついているだけでも30人以上いる。しかし、やっぱりアラン・リーやジョン・ハウの鉛筆画はステキ。
 この本は昨年12月に刊行されたばかりなのだが、いきなり「決戦のゆくえ」だけ出たのか? 今まで出ていたのに気がつかなかった?と思って、ネットの方で調べてみたら、このCHRONICLES(クロニクルズ)というシリーズがいままで4冊洋書で出ているが、いずれも未訳で日本語版はなし。なんで5冊目だけ日本語訳が出たのかよくわからん状態。密林では洋書もほぼ同じ価格で購入できる。1〜4冊目もこれから発行されるかなあ。機を逸してしまった感があり、ムリかもしれないけど、ぜひそろえて出版してもらいたい。だが、コアなコレクターなら既に洋書を手に入れているのか?

« パラパラブックス『ストロボフライ』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』20巻・『昭和のこども』5巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今日ジュンク堂に行ったら、一冊だけ見本状態で中身が見られるようになってました!
確かにスケッチは小さくてあまり紹介されてないですね。残念。
パラパラ見てたらトーリンたちの葬式と墓の場面が出て来たんですが……こんな場面ありましたっけ(?_?) 全然覚えていない(~_~;) 老化現象かしらん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/61144640

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN』:

« パラパラブックス『ストロボフライ』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』20巻・『昭和のこども』5巻 »