2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 1月11日COMIC CITY大阪100に参加します | トップページ | 追悼:水玉螢之丞さん『こんなもんいかがっすかぁ』 »

2015年1月10日 (土)

映画「ホビット —決戦のゆくえ−」

 映画の「ホビット」3部作もこれで最後。前作で、火吹き竜のスマウグが湖の町を襲いに行って、バルドに射落とされ、そのあと竜の宝を巡って、戦いが繰り広げられる。その、原作の岩波書店の『ホビットの冒険』をあとで確認してみたら、ハードカバーにして約100ページぐらいの部分が、壮絶なそして少々長舌な戦闘シーン満載の作品になっている。原作、あっさりしすぎ。映画、派手過ぎ。映画はビジュアル要素を多分に加味している。ガラドリエル様、美しいけどコワすぎ。レゴラス身軽すぎ。トロルは進撃の巨人のようにみえたが、ちょっとヌケてるような行動がお茶目。ほか、ワラワラワラワラとすごいなあ。あれ?感想になってない? なんか、そんな散漫なことしか浮かんでこない。
 パンフをみると、『指輪物語』の追補編も加えているらしい。追補編……ちゃんと読んでいない気もする。昔のことで忘れたか。
 エンドロールの鉛筆画がステキ。描いたのはだれ?
 ともあれ、完結してよかった。

« 1月11日COMIC CITY大阪100に参加します | トップページ | 追悼:水玉螢之丞さん『こんなもんいかがっすかぁ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

1作目の時はまだ色々なエピソードがあったのに、もうここまで来ると戦闘場面しかねえ~!という感じですからねえ。小ネタばかり目立つ羽目に……。

私もエンドクレジットのスケッチ画が素晴らしい(*^。^*)と見入ってしまいました。あの画集が出たら買ってしまいそう。
アラン・リーとジョン・ハウがデザイナーに加わっているんで(過去に特別出演もしてるもよう)そのどちらかかもしれませんね。

さわやか革命さん>
指輪のときは、原作をいろいろ端折っていたのに、ホビットのときはいろいろ壮大に水増ししたね、という感じがしてなりません。
あのスケッチ画、いいですよね。私もアラン・リーかと思ったのですが、俳優さんのリアルな似顔絵?はあまり描かないかなあとも思ったり。

ネット上でさらってみたら、どうもあのスケッチはジョン・ハウっぽいです。彼は筋肉系を得意としているようなイメージを勝手に抱いていたので、あんなシンプルかつ繊細な絵を描く人とは思いもよらず。
アラン・リーは華麗&重厚って感じですか(^^)

お返事おそくなってすみません。
教えていただいてありがとうございます〜
そうか、そうだったんだ、わかってスッキリ。

私もネットでみたら、『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN 』というのが12月にでてますね。本屋で気がつかなかった。これに掲載されているかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/60949698

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ホビット —決戦のゆくえ−」:

« 1月11日COMIC CITY大阪100に参加します | トップページ | 追悼:水玉螢之丞さん『こんなもんいかがっすかぁ』 »