2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月21日 (水)

TV「知られざる“コミケ”の世界」

 NHK総合 1月12日18:10放送、1月18日(日)3:00再放送、1月24日(土)8:45再々放送(予定)
 もう既に、TwitterなどあちこちのSNSでも話題になっているので、今さら何をと思わないでもないが、私もいい番組だと思ったのでひと言記しておこうと思う。
 今まで、コミケの時期になると、TVのニュースでちょっと写るのは、渦のような大勢の参加者と若いコスプレイヤーがほとんどだった。なので、あまり興味のない一般の人は、参加者60万人がみんな10代20代の若者ばかりで、みんなコスプレしていたり、みんなアニパロの同人誌を作っているとか思っているんだろうなあと想像できた。それを思うと、「NHK特番、よくやってくれた!」としみじみ感じた。60万人には60万とおりのコミケがあり、日本のサブカルチャーの一大イベントの幅広さを見せてくれた。コミケをよく知る人にとっては、「きれい事ばっかり」「光のコミケ」とかいう感想もあるし、いろいろツッコミどころもあるのだろうけど、これは一般向きだから。(いや、おたくの人たちはツッコんだり、重箱の隅をツツくような見方をしてもいいけど、それを番組の評価にしなくていいし)
 それに、インタビュー受けているサークルさんやスタッフさんもとてもしっかりと、わかりやすく、堂々と応えている。裏方の準備会の采配もあるのだろうけど、年齢層も幅広くいい人選だ。イベントを支える裏方さんたちにもきっちりスポットをあてている。前日設営の様子、見本誌チェックの話、税金の話、救護室担当のお医者さん、外国人参加者への対応など。何も知らずに、「なんか面白そうなイベントだから行ってみよう」ぐらいの感覚でやってきて撃沈しそうな人に対しても、お客さん感覚を捨てて行動してもらえるのではないかなあとも思う。しかし、空撮でものすごい人数の一般列が蛇にように整然と並んで動いていくのはなかなかすごかった。混んでる遊園地や花火大会のようなイベントやあちこちのお祭りのほうがずっと、自分勝手な無法地帯だわ。
 番組にちゃんと日本語字幕がついていたのは、さすがNHK。聴覚障がいの参加者の日本アニメの日本語字幕についての同人誌が取り上げられていたので、なおさらだ。
 しかし、放送での「コミケ」のイントネーションが、自分のと違うので、ちょっと違和感があった。これは関東風の発音?

2015年1月19日 (月)

マンガ『西原理恵子の人生画力対決』第8巻

『人生画力対決』 西原理恵子著(小学館)
 初めにごめんなさい。西原さんの単行本は何冊か持っているが、全部読んでいる訳ではないし、いつも買っているわけではない。人生画力対決も実は、この巻に萩尾望都サマが登場しているから買ったのよ〜、すみません。でも、他にもいるよね、そんな人。(と開き直る) 
 人生画力対決は、2010年10月3日に京都国際マンガミュージアムで行われた里中満智子さんとの対決をナマで見た。いや〜、面白かった。萩尾望都サマとの対決は2014年1月14日に東京で行われていた。シンケンに行きたかったのだが、オモテ稼業の都合でどうしても休みがとれず、泣く泣く諦めた。その回が収録されているので、即買いした。ライブ感がひしひしと伝わってきて、西原さんの毒舌もあって、爆笑である。しかし、残念ながら、雑誌での連載も終わり、この巻が最終巻のようだ。理由は「対決を受けてくれる人がいなくなったから」。う〜ん、マンガ家のみなさん、そんなこと言わずに受けてほしいなあ。
 ところで、日本SF大会には「おぼろげ絵画教室」という自主企画がある。お題を出して知っている人も知らない人もみんなで楽しくお絵描き。西原さん、対戦相手がいなくなったら、これに参加してみませんか〜?

2015年1月17日 (土)

マンガ『ラフナス』第1巻

『ラフナス』 白井弓子著 (双葉社)
 これも、昨年から紹介したかったのだけれど、ずるずると後回しになってしまっていた作品。同人誌時代から知っている白井弓子さんの新シリーズ。『天顕祭』も『WOMBS』も強くてカッコいい女性が活躍するSFものなのだが、これも半重力物質ラフナが充満する惑星「ラフナス」を舞台にしてビキニ作業服もカッコいい流域観測士リマが登場する。白井さんのマンガはいつもそのSF設定が凝っていて、「いったいこの世界で何が起こるのだろう」とワクワクしてしまう。その世界観の面白さの方が勝って、キャラが若干地味なところがあるが、いつも全力で体当たりな行動でストーリーを推し進めていく。第2巻もそのパワーに期待している。
 白井弓子さんのBlogをみると、今年に第2巻(完結)が刊行予定のようだ。

2015年1月16日 (金)

マンガ『五色の舟』

『五色の舟』 近藤ようこ漫画 津原泰水原作 (株式会社KADAKAWA)
 近藤ようこのマンガは久しぶりに買った。初期の頃の短編集は何冊か持っていたのだけれど、しばらくご無沙汰していた。だけど、この本は、あちこちでいい評判を聞くので、えいや!と買ってしまった。
 久しぶりに見た近藤ようこは、無駄な線のない絵はそのままだが、ずいぶん軽やかになっていた。でも、その絵で淡々と語られる物語は、さりげなくSFな要素をちりばめたパラレルワールドSFじゃないか! どこかしら身体に不具をもつ見世物一座、未来を予言する生き物・件(くだん)、件をめぐって画策する軍部。第二次大戦の原爆投下前の広島、煌めく産業奨励館、軍事施設のある岩国、犬飼先生は大久野島に関与していたのか? どれが正しい歴史で、どこが幸せな世界なのか? 津原泰水の原作を読んでいないので、どこまで近藤ようこがアレンジしたかわからないが、残酷だけどこの哀切の漂う美しい世界に酔ってしまう。
 そして、11月には、第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した。めでたい。

2015年1月14日 (水)

1月18日京都国際マンガミュージアム「Artmade(アートメイド)」に参加します

 1月18日(日)京都国際マンガミュージアムの多目的映像ホールで、「Artmade(アートメイド)」というイベントがあります。11月に青池保子先生の原画展に行ったときに、チラシを発見して、申し込んでみました。大阪のインテックスや東京ビッグサイトで開催されるマンガ即売会とはちょっと毛色が違います。「オリジナルマンガ、アート作品、手作り雑貨、アクセサリー、服飾系イベント」と案内にあるので、内容的には、マンガ即売会にアートフェスタを足したようなものかと思います。マンガミュージアムのHPに案内があります。 60スペース募集で、思ったよりも集まらなかったのか40サークルぐらい。他のサークルも知らない面々ばかり。どんな感じなんでしょう? 初体験でちょっとワクワクです。
 即売会と決定的に違うと思われるのが、一般の客層です。即売会を目的に来る人はほとんどいないでしょう。マンガミュージアムのホームページ以外に、このイベントについてほとんど周知がされていないと思います。たまたまこの日にマンガミュージアムに来た人が「あら? こんなこともやっているのね」と思って、「ラッキー」と思ってもらえるか、「しょーもな」と思ってしまうか。あまり同人誌にどっぷり浸かっていないパンピーに近い人たちが、ちょっと同人誌の世界を垣間みる感じなのかなあ。そういう意味では、同人誌にいい印象をもってもらえたらなあと思います。
 でも、この「Artmade(アートメイド)」の実際の運営を担当しているのはComiConです。関西の同人誌即売会では老舗です。もう30年近く続いているのでは? 規模は小さいけれど、関西のあちこちでコンスタントに即売会を開催しています。なつかしいなあ、今はオールジャンルの即売会はほとんど参加しなくなったけど、以前に建てかわる前のみやこめっせなど参加していました。

 あっ…と、スペースはA-05です。「Artmade(アートメイド)」自体は、入場がわりのパンフレットもなく、無料ですが、マンガミュージアムは入場料が必要です。でも、この時期、青池保子先生の原画展がありますよ! 期間途中で展示替えをしています。オール手描きの美しい原画にはほれぼれします。
 新作切り絵しおりは、春の黒ネコです。お徳用和紙セットにこの紙があったので、黒ネコを据えてみました。以前にも似たようなネコしおりを創りましたが、ちょっと小柄に原画を描き直しています。ぜひ、お立ちよりください。


Img_0980


Img_0981


2015年1月13日 (火)

小説『土漠の花』

『土漠の花』月村了衛著 (幻冬舎)
 『機龍警察』シリーズですっかりファンになった月村さん。単品で自衛隊ものを書いたというので、年末年始の休み中に読み始めたら、4時間ぐらいでイッキ読みしてしまった。
 遥かアフリカのソマリアの地に海外派遣された自衛隊。墜落ヘリの捜索救助活動にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭12人。その野営地に氏族間抗争で命を狙われている女性が逃げ込んできて、壮絶な撤退戦が始まる。この1冊、物語中ではたった2日のことなのだけれど、次から次に危機!危機!!危機!!!と目が離せない。『機龍警察』ほどストーリーは複雑ではないし、ひねりはないけれど、アクションをふんだんに盛り込みつつ、自衛隊員のキャラクターも個性的に書き分けている。
 そして、最後はちょっと泣かせてくれる。すべてが血みどろだけど、その終わり方で救われた気がする。「土漠では夜明けを待つ勇気があるもの者だけが夜明けを迎える」のだ。

 ところで、「土漠(どばく)」という言葉が聞き慣れなかったので、「どうして砂漠ではなくて土漠なの?」とネットでしらべてみた。アフリカでは、サラサラと風紋が描かれる細かい砂よりも、ゴツゴツした大小の岩が続く乾燥した荒野(土漠)が多いらしい。英語のdeseartはけっこう幅がひろい。

2015年1月12日 (月)

マンガ『period』第5巻で完結

 『period』(ピリオド) 吉野朔実著 (小学館)
 「あ、第5巻がでている!」発行を知らずに、本屋で発見した。それも、「えぇ! 完結!?」掲載誌のIKKIが休刊したから? いや、そんなバタバタした終わり方ではなかったと思う。
 読むたびに、傷みを感じる『period』だが、作者は、廻(はるか)と能(よき)の兄弟にどのような結末を与えるのだろうかと、前々からずっと案じて、いや、期待していた。子どもは親を選べない、不平等な現実はずっと続いていく、これでハッピーエンドというような人生はフィクションでもあり得ない……、そんな言葉が頭をよぎる。もっとドラマチックな完結を期待していた人もいるかもしれないが、私的には最終巻は、感覚的にはズレのない終わり方だった。
 前巻の第4巻が2010年発行、最初の第1巻が2004年の発行である。現実でも、作品の中でもおよそ10年経って、『period』はようやくピリオドが打たれる。

2015年1月11日 (日)

追悼:水玉螢之丞さん『こんなもんいかがっすかぁ』

 昨年12月13日に「いさましいちびのイラストレーター」水玉螢之丞さんがお亡くなりになりました。享年55歳。肺ガンをわずらっていたらしいです。SFマガジンに「SFまで100000光年」が毎号載っていて、いつも楽しみに読んでいました。闘病中とは知りませんでした。同世代の現役の人が亡くなるのはつらいものがあります。ご冥福をお祈りいたします。
 「そういや、水玉さんの本、持っていたよなあ」と探してみたら、ありましたよ。
『こんなもんいかがっすかぁ』(上・下)(株)アスペクト刊 
1994年発行です。懐かしいなあ。PC−98とかDOS/Vパソコンの時代です。
読み返せば、この頃から十分SFな人だったんですなあ。
ただ、いろいろなところでカットや挿絵を書いたり、キャラ設定などしているけれど、単独の作品が本になっているのが意外と少ない。早川書房さん、「SFまで100000光年」を単行本で出してほしいです。

 ところで、この訃報に接するまで、水玉さんの家族関係を知りませんでした。兄が軍事評論家の岡部いさく、姉が絵本作家の岡部りか、そして父があの名作絵本『きかんしゃやえもん』の絵を描いた岡部冬彦! 有名人ぞろいですが、お父さんが一番ビックリでした。


Img_0948


2015年1月10日 (土)

映画「ホビット —決戦のゆくえ−」

 映画の「ホビット」3部作もこれで最後。前作で、火吹き竜のスマウグが湖の町を襲いに行って、バルドに射落とされ、そのあと竜の宝を巡って、戦いが繰り広げられる。その、原作の岩波書店の『ホビットの冒険』をあとで確認してみたら、ハードカバーにして約100ページぐらいの部分が、壮絶なそして少々長舌な戦闘シーン満載の作品になっている。原作、あっさりしすぎ。映画、派手過ぎ。映画はビジュアル要素を多分に加味している。ガラドリエル様、美しいけどコワすぎ。レゴラス身軽すぎ。トロルは進撃の巨人のようにみえたが、ちょっとヌケてるような行動がお茶目。ほか、ワラワラワラワラとすごいなあ。あれ?感想になってない? なんか、そんな散漫なことしか浮かんでこない。
 パンフをみると、『指輪物語』の追補編も加えているらしい。追補編……ちゃんと読んでいない気もする。昔のことで忘れたか。
 エンドロールの鉛筆画がステキ。描いたのはだれ?
 ともあれ、完結してよかった。

2015年1月 8日 (木)

1月11日COMIC CITY大阪100に参加します

 1月11日に大阪南港のインテックス大阪で開催される「COMIC CITY大阪100」に参加します。
スペースは、4号館コ24a です。
冬コミ後の大阪シティは、いつも混雑するのですが、ここらへんは落ち着いた創作ジャンルです。寒さ厳しき折ですが、ぜひお立ち寄りください。

 新作切り絵しおりは、年賀状に使ったふわふわ布でヒツジさんをつくってみました。手ざわりを感じてもらうために今回はラミネートをしていません。なので、ふだんより少し厚めのしっかりした紙でつくったので、5枚つくっただけで手が痛くなってしまいました。裏表で色が違います。絵柄は2種あります。(2枚と3枚)もし、間に合えば、もう1種つくります。

Img_0976


Img_0977


2015年1月 5日 (月)

やなぎみわ「演劇とメディア−−『ゼロアワー』再演をめぐって」

 twitterで、12月23日に京都の元立誠小学校で、やなぎみわさんを中心としたシンポジウムと、『ゼロアワー』の公開稽古があると知ったので、申し込んだ。
 イベントタイトルは、「演劇とメディア−−『ゼロアワー』再演をめぐって」と書いたが、正確には、
「京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター共同利用・共同研究拠点事業 
テーマ研究Ⅲ「『マルチメディア・シアターの再定義』をめぐる実践的研究」
「演劇とメディア−−『ゼロアワー』再演をめぐって」

と長いタイトルである。
 『ゼロアワー』やなぎみわ演劇プロジェクトのプロディース公演なのだが、このイベント自体は造形大の事業でもある。『ゼロアワー』は横浜と愛知で上演があったが、残念ながら観に行けなかった。今度1月末〜2月の5週間で、アメリカとカナダの5劇場で海外公演を行うことになった。その稽古をずっとこの元立誠小学校の講堂で行っていたらしい。「暖房が少なくて」と膝掛けと使い捨てカイロを配っていたが、当日は大きなストーブも2台追加されていた。
 はじめに、やなぎさんが海外公演にいたるまでの、いろいろなウラ話を語ってくれた。脚本や演出を書き直し、英語部分の台詞も多くしたとのこと。日本での上演のシーンも映像で少し流され、公開稽古でのシーンの違いもよくわかった。そのあと、「フォルマント兄弟」の左近田さんやあいちトリエンナーレ2013のプロデューサー小崎さん、造形大教授の森山さんとのシンポジウムで、いろいろな表現を求める演劇について、演劇における音についてなどのモロモロなお話を聞かせていただいた。海外公演の苦労ばなしもあり、5つの劇場の特質がちがっていて、「行ってみないとわからない」部分もいくつかあるらしい。なかなかスリリング。
 観客は、う〜ん、50人くらい?半分以上が演劇関係者か大学の学生かで、公開イベントといっても私らのようなホントの一般客はごく一部のようだった。
 やなぎみわ演劇プロジェクトの情報は、こちら

 やなぎさん、海外公演の成功をお祈りしています。

2015年1月 4日 (日)

『南インドカルチャー見聞録』&出版記念イベント関西ツアー

 『南インドカルチャー見聞録』井生明・春奈&マサラワーラー著(阿佐ヶ谷書院)
 こんな本が発行されていると、twitterで知った。紙の本は出来るだけリアル書店で買おうと決めているので、何回か探してみたが見つからない。小さな出版社のようだし、少部数であまり出回っていないのかと思い、「見つからないよ〜」とtwitterでつぶやいたら、なんと、著者のお一人からコメントが入って、もうお一人からRTがついた。狭い世界だ。いや、著者の方々がマメなのか。まあ、その後めでたく京都の書店で見つかった。
 インド本というと、今までやっぱり北インドにシフトされたものが多かったが、この本には丸ごと南インドしかない。州でいえば、ケーララ州、タミル・ナードゥ州、カルナータカ州、アーンドラ・プラデーシュ州。(昨年6月、アーンドラ・プラデーシュ州からテランガーナ州が分離して29番目の州になった) 写真が抱負で、音楽・祭り・映画・料理・芸術……内容も盛りだくさん! いつか、南インドも行ってみたいなあ。

 で、その著者のコメントから12月に、この本の出版イベントをがあることを知った。主に広報は、著者の「マサラワーラーのブログ」が行っているようだ。「マサラワーラー」の南インド料理と、スライドを交えてのおしゃべりで、京都・大阪・神戸の3カ所で開催される。私は、12月21日の大阪・十三のカフェスロー大阪の回を申し込んだ。40人ばかりでいっぱいになりそうな多目的スペースで、料理はターリーに食べさせ放題。炊き込みご飯のビリヤーニにドーナツ状のメドゥワダ、蒸しパン状のイドゥリ。朝の定番サーンバルなど、豪華ではないが、おいしそうなものばかり。井生春奈さんは産休だったが、ステージでは明さんとマサラワーラーの鹿島さんと武田さんの男衆3人組がしゃべるしゃべる。もう、とまらない。井生明さんはカルナータカ音楽のためにチェンナイにすみついたり、マサラワーラーの2人はつい日本で唯一?オートリクシャーを買ってしまったり、南インドに惚れたら歯止めがかからない。聴衆も濃そうな人が多くて、寒い中、ここだけが南インドの熱気を醸していた。

写真は、イベント会場のカフェスロー大阪と、お料理のターリー

Img_0937


Img_0942


2015年1月 3日 (土)

雪の泉涌寺界隈

1月3日朝の雪の泉涌寺界隈です。
京都では、61年降りの20㎝超えの大雪だそうです。
昨日の朝も58年降りの雪だったらしいのですが、帰省中で京都に帰り着いたのが午後からでした。

まず、泉涌寺山門です。

2713sennyujisanmon


泉涌寺の大門から本堂をのぞいています。境内はちょっと下り坂になっています。

271sennyuji


その途中の泉涌寺参道 木に積もった雪がハラハラと落ちてきます。

2713sennyuuimichi


途中に道を曲がって悲田院に向かいました。

2713hidenin


悲田院から、京都の白い街並み。向こう側の山に左大文字と舟形の場所が見えます。

2713hidenninnkaraennkei

2015年1月 2日 (金)

明けましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いします。
 最近、なかなかBlogの長文を練る時間がなくて、遅れがちになっていて、ちょっと反省です…>_<…。Twitterの短文で、その間隙をフォローをしているのですが、Twitterは時を逸すると、書きそびれてしまうものもあります。この年末年始にちょっと書き溜めましたので、しばらく1日1題で更新します。イベントネタを追いかけるので精一杯で、本やマンガネタが、ここ半年ほど書ききれませんでしたが、出来るだけ含めて行きたいです。
 マンガの方も、いい加減新刊を出したいと思っています。切り絵もそれはそれで面白いのですけれど、オモテ稼業が慢性的に忙しくて、さらにプライベートでは PTA関連が忙しくて……というのは、言い訳ですね、はい。時間はつくるもの、気力は維持するものですね。がんばろう。毎年同じようなことを言っていますが、今年の抱負でした。

Img010


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »