2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 映画「クリッシュ」「チェンナイ・エクスプレス」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2014年12月31日 (水)

映画「チェイス!」

 「チェイス!」2013年147分
 以前、ラジニカーントの「ロボット」や、ランビール・カプールの「バルフィ! 人生に唄えば」が、一般のロードショー館で公開されて、「インド映画もここまで来たか!」と驚きと感慨を深めたが、これもそうだ。それも、上映館が多い! 先の2作は、京都でも1館のみだったが、「チェイス!」はMOVIXでもT・ジョイでもTOHOシネマズでもイオンシネマでもかかった! おまけに主役のアーミル・カーンが公開にあわせて来日している!! なんかやる気満々じゃないか!!!
 といっても、この映画が、舞台がシカゴで、登場人物はサリーやインドの民族的な普段着をだれも着ていない。車やバイクの派手なアクションもので、登場人物たちがヒンディー語をしゃべっているのが不思議なくらいだ。そのへん、ハリウッドのアクションものと同じ感覚で観ることができるから、一般に受け入れやすいと配給は踏んだんだろうなあ。それでも、インドらしいと思うのが、歌と踊りと、家族愛、それとなぜかよくある一人二役。
 原題が「DHOOM3」とあるように、これも「クリッシュ」と同じくシリーズの3作目、でも、こっちは単品で十分楽しめる。パンフによると、このシリーズは、「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」のように、事件を追う刑事が主役だが、毎回ゲストの大物の犯人役が影の主役になっていて、その追いつ追われつ、どっちがどっちを欺くかというのがスリリングなストーリーになっている。その刑事役にアビショーク・バッチャンウダイ・チョープラーの凸凹コンビ。犯人役の大インディアン・サーカスの座長にアーミル・カーン。その団員となるヒロインにカトリーナ・カイフだが、今回はロマンス度が低め。アーミルがサーカスの秘密となっている双子の兄弟をとてもうまく演じ分けている。目つきや仕草で、ハッと思うほど一瞬に変わるのだ。いや〜、すごいよ、すごい!
それにその子ども時代を演じた子役も可愛くてうまい! パンフにはこの子については何も解説がなかったけど、だれ? 刑事の凹役のウダイ・チョープラーもなかなかおいしい役だ。2枚目然としたアビショークとのコンビで、女にからきし弱いおとぼけ役をやりながら、バイクチェイスではけっこうカッコいいシーンをもらっている。
 ……と、俳優ではいろいろ楽しめても、ストーリー上は、「こんなのありえない〜!?」とか、「なんでここで犯人だとわからない!?」とか、「わざわざこんな所に逃げこまなくても」とかいろいろツッコみたいところは多々ある。……が、総じて面白かった。
 しかし、この映画、147分のインターナショナル版。明らかに、長尺をカットしている。歌と踊りのシーンもカットされているもかもしれないが、ときどきストーリーが足らない。特に、最後のクライマックスシーン、夜のバイクチェイスシーンのあと、なぜいきなり昼間にダムで追いつめられている!? ヒロインが警察側についている経緯がわからん! あれは、もともとストーリーは語り足りないのではなくて、きっとカットしたな〜!とちょっと怒っている。

« 映画「クリッシュ」「チェンナイ・エクスプレス」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/60895674

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「チェイス!」:

« 映画「クリッシュ」「チェンナイ・エクスプレス」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »