2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« イングラム、デッキアップ! | トップページ | 「インディアン・シネマ・フェスティバル・ジャパン2014」 »

2014年11月10日 (月)

映画「ダバング 大胆不敵」

 この10月は、京都みなみ会館で3本、そのあと大阪のシネ・ヌーヴォで1週間「インディアン・シネマ・フェスティバル・ジャパン」があり、インド映画満載なのだが、如何せんオモテ稼業の繁忙のヤマ場でみなみ会館での映画も観れたのはこの1本だけだった。

「ダバング 大胆不敵」DABANGG 2010年 126分 ヒンディー語
昨年「タイガー 伝説のスパイ」で、久しぶりに見たら、えらくごっつくなっていたサルマーン・カーンがハチャメチャだけど正義感のある警官チュルブル役で主人公をはっているアクション映画。定職につかずブラブラしている甘やかされの義理の弟マッキーに、サルマーンの実の弟であるアルバース・カーン、ヒロインのラッジョーはソーナークシー・シンハー、適役に小柄だけどワルそうに見えるソーヌー・スードという配役であるが、サルマーン以外は知らない配役だった。パンフレットを見て、義理の弟役は実の弟だったのかとびっくりした。あまりにていないんだもの。サルマーンが主役らしく、派手なアクションが連続だけど、おとぼけなコミカルなシーンもあり、筋肉隆々の重量級の身体で恋するダンスを踊っている姿はちょっとかわいい。そういえば、制作年度だと、この作品のほうが「タイガー 伝説のスパイ」(2012)より古いのね。だいたい想定内で展開する王道のような話なので、安心して楽しく観たのだった。

« イングラム、デッキアップ! | トップページ | 「インディアン・シネマ・フェスティバル・ジャパン2014」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/60627269

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ダバング 大胆不敵」:

« イングラム、デッキアップ! | トップページ | 「インディアン・シネマ・フェスティバル・ジャパン2014」 »