2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 11月23日COMITIA110+コミティアX4に参加します | トップページ | 鞍馬から貴船まで »

2014年11月18日 (火)

今回の新作切り絵しおりは「はじめに紙ありき」

 納戸をいろいろ整理していたら。昔買ったコルクペーパーと和紙が見つかった。そのうち和紙の1枚はご丁寧に裏打ちをしている。「これ、しおりに使えないかなあ」と思った結果、こんなのを作ってみた。

Hp


Hp_2


Hp_6

 和紙の方は、一般的な柄なので、抜きとシルエットで構成。でも、どの花を切り抜くかで、同じものはない。もっとちがった使い方もできないかと思案中。まだ紙が残っているので、即売会での動きをみて、後の使い方を考えてみよう。
 コルクペーパーの方は…… これはすぐ、「オオサンショウウオのバックにぴったり!」をひらめいた。広島での日本SF大会「こいこん」の企画でハンザキおたくの学者さんの話を聞いて以来、サンショウウオ(ハンザキ)も気になる生き物だった。折しも、画材屋で買った徳用端紙セットの中にぴったりな紙があった。ちょっと厚くて硬いけど、なんとか切れそう。……しかし、これは最後のラミネートの段階でハデに失敗した。半分ぐらいしか生き残らなかった。コルクペーパーがやや厚すぎたらしい。間がクシャクシャになってしまった。また、周りをわざとギザギザにしたら、へんに空気が入ってしまって、何回かやり直した。さらに、サンショウウオの眼を金と銀の2種を作ってみたが、銀目のインクが熱に溶けて広がってしまった。材質が違うのか。う〜ん、難しい。
 どちらも、紙がなくなれば終了の1点もの。11月23日のCOMITIA110には、和紙の花7枚、サンショウウオ4枚準備している。


« 11月23日COMITIA110+コミティアX4に参加します | トップページ | 鞍馬から貴船まで »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/60671086

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の新作切り絵しおりは「はじめに紙ありき」:

« 11月23日COMITIA110+コミティアX4に参加します | トップページ | 鞍馬から貴船まで »